2008年11月10日

色付き始めの高桐院(1)

11月9日。冬の気配がすぐそこに。



この日曜日は、一足早い冬の足音が聞こえるような寒い一日だった。
体の芯に沁みこんでくるような冷たい空気、吐き出す息もかすかに白い。



久しぶりの大徳寺高桐院。
思いのほか、訪れる人は少なく、しばし静かな時間を過ごす。



やがてぽつりぽつりと人がやってきて、みなさん、思い思いに縁側に座って、色付き始めた庭の木々を眺めていた。
晴れた日の青空を背景にした紅葉もいいものだけれども、曇り空の下、湿り気を帯びた空気の中で眺める紅葉も、なんというか、メランコリーな具合で良かった。








※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51294481