2009年02月05日

冬枯れの鎌倉〜明月院(2)

開山堂へ。



茅葺屋根の小さなお堂です。



開山堂の前には紅梅が咲きはじめていた。



そして、開山堂の裏手には「明月院やぐら」と呼ばれる墳墓跡。


中世鎌倉では、こうして山の斜面や崖に横穴を掘って、墓や供養所としていた。



それから、境内のお地蔵さんの服装チェック。前掛けの胸元が、なんともかわいらしい。



こちらのお地蔵さんは、マフラーを粋に身に付ける。耳飾もグッド。
お地蔵さんに対する、お寺の方の手厚い心意気を感じられた。

※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51351472