2009年05月13日

大心院の霧島ツツジ

この燃えるような。



京都の数ある寺院の中でも、一本の霧島ツツジの立ち姿として美しいのは、詩仙堂の霧島ツツジと、この妙心寺大心院。



4月の末の大心院。ツツジの花はまさに満開。



この一木を見るためだけにでも、訪れる価値のある場所だと思います。






一方、方丈の東庭は、それほど広くはない長方形の空間でありながらも、緑が濃く、気持ちの良い庭。



「阿吽庭」とも呼ばれるこの枯山水庭園は、「昭和の小堀遠州」とも謳われた作庭家・中根金作の手によるもの。




※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51418849