2009年05月14日

退蔵院の三つの庭

退蔵院にやって来た。



こちらの余香苑(よこうえん)という池泉式の庭園は、大心院の阿吽庭と同じく、昭和の作庭家・中根金作が手掛けた。



藤棚の木陰から眺める景色は、とても気持ちが良い。



手前に広々とした空間、奥に目を移すと三段落ちの滝、この遠近感で、より奥行きの感じられる庭となっている。
最奥部の刈り込みは、山に見立てた風景だろうか。山深い谷間から流れ出た水流を表しているのだろう。




こちらの方丈の西側には…



「元信の庭」。狩野派二代目の狩野元信が作った室町時代の枯山水庭園と伝わる。



枝垂桜の若葉越しに眺める「陽の庭」。向かい側には、対となる「陰の庭」も。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51419424
この記事へのコメント
石庭さん
こんにちは。

退蔵院、いいですよね〜!私も気に入りました。
奥行きが広くて気持ちよかった。

久々にトラックバックさせていただきました。
Posted by hayate at 2009年05月16日 14:14
hayateさんは、昨年の夏に退蔵院に行かれたのでしたっけ?
妙心寺は、ふだんは人も多くなくて、静かで良いですよね。
境内を歩いているだけでも楽しいし。中でも、桂春院がいちばん好きです。
この退蔵院と同じ時に訪れた大法院も素敵な場所だな〜…と思いました。
Posted by 石庭 at 2009年05月17日 19:40
石庭さん

はい、昨年の夏に行きました。やはり人が少なく、
広い境内でのんびりして、お庭を見てまたのんびりして、
すっかりお腹がすいたのを覚えています。
退蔵院は、男性向きだなと、勝手に思っています。
Posted by hayate at 2009年05月17日 22:04
>hayateさん
だ、男性向き!?
そういう見方、面白いかもですね(笑)「男性向き」というか、「男性的」「女性的」みたいな見方。
今、パッとイメージした男性的な庭は、東福寺の重森三玲の方丈庭園かなぁ。岩がいきなりドーン!って感じで。
Posted by 石庭 at 2009年05月18日 23:42