2009年06月11日

出雲大社前駅から

旅の終わりに。



出雲大社の最寄駅は、一畑電車大社線の「出雲大社前」。
電車がホームに入るのを待つ人々ら。ステンドグラスが目を惹いた。
ホームに電車がやってきた。ほらほら、もうすぐ出発、急いで急いで。



そして誰もいなくなった。



出雲大社前駅の駅舎は、1930年(昭和5年)の竣工。
個性的な外観、ヴォールト天井(かまぼこ型のアーチ天井)、ステンドグラス……と、建設当時は、おそらく、気合を入れてモダンな駅舎を建てるという意気込みに満ちていたのかもしれない。
現在は、国の登録有形文化財建造物として、文化的価値が認められている。
小さな駅舎は、とても愛らしい。いつまでも大事に使われつづけてほしいものだ。



こんどの発車は2番線から……



次の停車駅は浜山公園北口。



このあと、川跡(かわと)駅で乗り換え、電鉄出雲市駅へと向かう。
島根の旅は、これにておしまい。のどかな旅路でした。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51439055