2009年06月28日

東福寺塔頭・光明院

ある初夏の昼下がり。



その寺にやって来ると、一人の女性が庭を眺めておりました。先客がいるとは、珍しい。



ここへ足を運ぶ人は、おそらく、ひとり物思いに耽りたくなってやって来るのではなかろうか。



だからここでは、他の人が視界に入らないような場所を選んで座してしまう。
そして、ほんのわずかな時間、本堂の仏様に手を合わせに行っているあいだに、女性の姿は消えてなくなっていた。



はて…玄関の前ですれ違っただろうか…。
そういえば、玄関の下駄箱に女性の履き物があったかどうか、そもそもそんなものは僕がやって来たときからなかったような。



まぁ、いいや。これは、ある初夏の昼下がりの回想なのだから。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51450625