2009年09月01日

山形遠征編(9)上杉家廟所

戦国時代の雄。



米沢駅で自転車を借りて、ひたすらペダルをこいで到着したのが、市街地の外れの上杉家廟所。



中央の霊廟は上杉謙信。



謙信の墓はもともとは越後国にあったが、上杉家の二度の転封にともない、会津を経て、米沢の地にやって来た。
現在は、謙信の霊廟を真ん中に、その左右に歴代藩主の墓所が立ち並ぶ。



向かって左側、いちばん手前が、2代・上杉景勝の墓所。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51490594