2009年09月03日

山形遠征編(11)林泉寺

直江兼続の菩提寺。



ここには、直江兼続夫妻の墓所の他、上杉家の人たちのお墓がある。



上杉景勝の正室・菊姫の墓所。



武田信玄の娘として生まれ、その後、武田家の最大のライバルであった上杉家に嫁ぐという、戦国の世で数奇な運命を辿る。上杉家に嫁いだ後は「甲州夫人」と呼ばれて家中からも敬愛されたという。
転封された米沢の地に入ることなく、京の上杉屋敷にて死去。享年42歳。

それにしても、数年前にこのお寺に来た時は、僕の他に拝観客の姿もなく、ひっそりとした雰囲気で、境内をぶらぶらと自由に歩くことが出来たような記憶があるのだが、このたびやって来てみると、拝観料を徴収され、本堂には案内の人、おまけに小さな休憩所や売店もあったりなどして、ああ、これが大河ドラマ景気というものか…と実感したのでありました。
上杉謙信の姉にして、上杉景勝の生母である仙洞院の墓所。



そして、直江兼続とお船の方の夫妻の墓所。
兼続の実子が早世したことで家督を継ぐ者がいなくなり、直江家は兼続の代で断絶。



直江家は、もともとは徳昌寺というお寺が菩提寺であったが、すったもんだの末、この林泉寺に改葬されて現在に至る。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51491761