2009年09月04日

山形遠征編・番外編〜高畠駅

山形遠征の最後に立ち寄ったのが、米沢駅に近い高畠駅。



高畠駅は、駅の改札と日帰り温泉が直結している。ここで旅の汗を流してさっぱりすることに。



駅の構内には小さな本棚。誰でもいつでも借りていくことができる、小さな図書館。



それから、野菜も販売している。
それぞれの野菜にはネームプレート。「作った人の顔が見える」というわけではないけれど、ちゃんと人の手によって作られたんだなぁ……という安心感と温かさが感じられる。



ホームにまだ電車は来ない。のどかな夏の午後でした。これにて山形遠征編は終了!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51491770
この記事へのコメント
こんばんわ

「どうぞの図書館」、いいですね!
仕事帰りに駅で汗を流し、チラッと本をめくり、今晩のおかずの材料を買い……なんて生活幸せでしょうね。近くにこんな素敵な駅があればきっと毎日通ってそうです。

今日は素敵なお寺を発見しました!
仕事でよくお寺には行くんですけど、今日行った2件のお寺は2件とも初めて伺って雰囲気の良いお寺でしたよ!
この高畠駅もそうですけど、なんかこういった素敵な場所を見つけると心がホクホクしますね♪
Posted by miki at 2009年09月05日 01:27
>mikiさん
こんばんは。お寺はどんな感じの雰囲気だったのでしょう!?
高畠駅は、駅舎の構内ものんびりした雰囲気で、ご近所の人がお風呂に入りに来たり、
本を返しに来たり、野菜を買っていったり……という、地元の人がふらっと入ってくるような場所でしたねぇ。
Posted by 石庭 at 2009年09月05日 20:22
お寺はですねぇ、
まず永明寺というお寺に行きまして、前庭までしか入ってないので奥は分からないですけど…、門まで細い坂道になってて門の手前数mが大きな杉の木のアーチで自然の門ができてたんです。
一瞬森の中?みたいなところでそこだけで惚れてしまいましたね。

もう1件は善光院というお寺で、前庭には畑があったりと田舎のお寺っていう感じだったんですが、本堂までの廊下の奥に庭があり、その作りがまた少し変わってていい味をだしてたんです。
ご住職も人好きな方で、いろいろお話して頂きました。
この善光院、隣りに小さな山があって鳥居があり階段がついてたんですけど上には木々しか見えず……、すっごい気になったんですけど仕事中だし時間が無いしで上がってみることができなかったんです!
次こそは…、と思っているところです。
Posted by miki at 2009年09月06日 18:17
>mikiさん
お寺までのアプローチっていうのは、お寺拝観興味指数においては、はい、大切です。
参道がきれいだと、この先にどんな景色が待っているのか……と胸が踊ります。
うーん、最近は、お寺の庭を見ながらまったりなんていう時間を過ごしていないな〜…。
Posted by 石庭 at 2009年09月09日 21:46