2009年09月26日

月見光路+四高記念文化交流館

石川近代文学館と石川四高記念館というふたつの施設で構成されるのが、旧制第四高等学校の本館だった石川四高記念文化交流館



夜になるとライトアップされ、夜闇に浮かび上がるレンガ色の端正な外観が、昼間とは違った美しさを見せる。



近代文学館は、金沢の生んだ三人の文豪、泉鏡花・徳田秋声・室生犀星の資料を中心に、石川県ゆかりの小説家や思想家らを紹介、現代の作家までを網羅する。
……うーん、金沢三大文豪のうち、読んだことがあるのは泉鏡花のみだ。



この建物の周囲にも、金沢工業大学のによる「月見光路」のオブジェが置いてありました。


明治、大正、昭和の3人の学生像。



旧制第四高等学校は、1887年(明治20年)の設立。
同時期に設立が進められた5つの旧制高等学校(一高=東京、三高=京都、二高=仙台、五高=熊本)のうち、建物が現存しているのは、この金沢の四高と、熊本の五高のみ。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51505568