2009年10月24日

金沢・大乗寺

和合と和睦の精神。



野田山の麓にある曹洞宗のお寺、大乗寺。ここは修行僧たちが修行生活を送る専門僧堂。



総門をくぐれば、そこは修行の場。



修行僧の人たちによって掃き清められた境内は、とてもきれいに保たれており、訪れる人たちの気分を清々しいものにしてくれると同時に、いわゆる観光寺院とは異なる雰囲気で、背筋がぴっと伸びる気分にさせられる。


山門、仏殿、僧堂、法堂、庫裏といった伽藍群の配置は禅宗の様式をよく伝えており、



それぞれの伽藍はこうした回廊で結ばれている。



まずは法堂にてお参りを済ませて、



息をひそめて回廊を歩いていると、屋根瓦に反射した太陽の光が眩く目に飛び込んできた。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51522157