2009年10月29日

金沢・卯辰山山麓寺院群(2)

全性寺の門前。



大きな草鞋のぶら下がった全性寺の仁王門。このあたりはもっとも景観が良い。



心蓮社の門前にて。ここまでやって来ると、寺町の北端のあたり。あとはここから引き返すだけ。



はじめは地図を見ながら歩いていたものの、気の向くままに路地を出たり入ったりしていたら、路地の細かさに地図などはどうでもよくなって、だいたいの方角だけを頼りに歩きまわったのだった。
とあるお寺で見かけた「あらいぼとけ」。



こちらに背中を向けて立っているのは、なんとも風変わり。自分がほとけ様のあちら側にまわってからお参りをする。



ふつうの民家とお寺が入り混じった町の景観は、とても独特な眺め。



家々のあいだをぬって走る道は、道幅が広いところでも、車二台がすれ違うのにも難儀しそう。
そこへ細い路地が脇に向かって伸びて、路地が僕を誘惑するのだった。



そして、散策のスタート地点だった宇多須神社へと戻ってくる。



これにて卯辰山山麓の寺町散歩はおしまい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51525012
この記事へのコメント
こんばんは、

やっぱり路地はいいですょね〜。
私もよく初めて通る道とか、ここ左←次まっすぐ↑なんて感覚だけで通るのが好きでそんな迷い子遊びをするんですけどね、基本方向オンチではないのですぐ知ってる道にでてしまったりで遊べてるんだかどぉなんだかって感じなんですけど…。
でもやっぱりこんな路地を見つけてしまうと迷いこんでみたくなりますね。
Posted by miki at 2009年10月31日 00:37
>mikiさん
こんばんは!mikiさんも路地派ですか!?
路地はいいですよね。小さな冒険という感じがします。
区画整理などされていない町で、できれば高低差がある土地……坂や階段の入り組んだ路地がいいですね。
そうそう、たとえば尾道なんか最高です。
Posted by 石庭 at 2009年10月31日 21:34
そう!まさに、小さな冒険…
ドキドキ、ワクワクしながら路地を散策。も、…もしかして迷った!!??なんてモジモジするのが楽しいんですよね!
最近は忙しくて専ら何処へ行くのも車なので、車で通れる道を迷うくらいしか楽しめてないんですけど、やっぱり一番は歩いてゆっくり裏路地なんかを散策することですね♪
尾道。
是非一度行ってみたいですね。
Posted by miki at 2009年11月01日 21:21
>mikiさん
そうそう、初めて行った町を楽しむには、やっぱり徒歩最強!です。
たまには「うわ、なんにもない…昼を食べる場所がない…」という状況になったりしますが…
Posted by 石庭 at 2009年11月01日 21:45