2009年10月31日

金沢・主計町茶屋街(前編)

その夜、僕は、宿泊しているホテルの近くの定食屋にて晩ご飯をとったのだったが、そこでたまたま相席になった30代後半くらいの男に喋り掛けられ、それじゃあ、まぁ、飲みにでも行きましょうかなんていう話になった。
僕は早いところ部屋に帰って眠りたいし、それに、知らない男と飲みに行くなど気が進まないにもかかわらず、あまりきっぱりと断ると相手も気を悪くするかもしれないなどと考え、返事をもごもごしていると、半ば強引な感じで定食屋の外に連れ出され、夜の町へと連れて来られた。



店に入ると、男は次から次へとビールやら焼酎やら日本酒やらを頼み、何も食べないでひたすら飲んでいるので、あまりお酒が飲めない僕としては、ただひたすら辟易するばかりだった。飲みにでも行きましょうかと誘って、本当にお酒しか頼まずに飲んでばかりいるとは、どういう料簡なのだろうか。
男は谷本と名乗り、飲みながらあれこれと話をするのだったが、その話題もいまいち要領を得ない。動物園から逃げ出したペンギンが浅野川を泳いでいたとか、映画を見たら昔の同級生が時代劇なのに眼鏡をかけたまま出演していたとか、自転車を買ったらタイヤの前と後ろが逆だったとか、酩酊しているせいなのか、話が脇道に逸れてそのまま別の話題へと転がり、何の脈絡もない話が延々と続けられたのだった。



なので、一時間ばかり経って、それでは店を出ようということになると、僕はただただ安堵するばかりだった。
けれども、谷本と名乗った男は、いざ勘定を済ませようという段になって、おや、おかしい、財布の中に持ち合わせがない、お金をおろしておくのを忘れていた、すまないがここの勘定だけ貸してくれないか、俺の家はすぐ近くだからあとで返す、と魂胆が見え見えな怪しげな理由を付けて、僕にお金を出させようとするのだった。
しかし、ここで勘定をしないわけにはいかないし、とりあえずその場は僕がお金を出すと、それじゃあ先に勘定を済ませてきますと、男はへらへら笑いながら席を立った。



けれども、いつまでたっても男が席に戻ってくる気配がない。だんだんとお店の人の目も、僕を見る様子がいぶかしげになるようで、気が気ではなくなってきた。
お店の人に、このテーブルの勘定は済んでいますか、さっき連れの男がお金を持っていったはずなんだけど、と訊ねてみると、勘定はまだ済んでいない、そんな男はレジスターには来ていない、という返事だった。
そして、お店の人の僕を見る目に、さらに不審な色が深まっていくのだった。



騙されたと思ったときには、もう遅かった。
時すでに遅し。いや、これは時すでにお寿司だな、なんていうどうしようもないダジャレまで思いつく始末で、僕はよっぽどその状況に混乱していたらしい。
それから僕は、何を思ったのか、渾身の演技で気分の悪いふりをして、すみません、ちょっと気持ちが悪いのですがトイレはどこですかなどとお店の人に尋ね、トイレに案内してもらった。もう一か八かだ、トイレの窓が外の通りに面しているのを確認すると、その窓を開けてそのまま店の外に飛び出した。
ええい、このやろう、ばかやろう、なんだよこんちくしょう、そんなことをブツブツ言いながら路地を駆け抜けると、視界がひらけて川沿いの道に出た。



息を切らせながら橋の上までやって来て、ここまで来ればもう大丈夫だろうと安堵をしたのはほんの一瞬のこと、そのすぐあとで、自分のしでかした事の重大さが恐ろしくなる気持ちが大波のように押し寄せてきたのだった。こいつはとんでもないことをしてしまった、これは立派な食い逃げじゃないか、谷本という男に嵌められたとはいえ、いったいなんだって自分はあんな愚かな行動を選んでしまったのか。
今からでも店の方に謝りにいくのが賢明なのではないかと思案し、次に取るべき行動を迷っていると、川の向こうの店の灯りが並ぶ路地から数人の人影が現れて、慌てた素振りで四方八方を見回し、何やら怒号までもが聞こえてくる。
すると、その中の一人が、おい、あそこにいるぞ、橋の上にいるぞ、追いかけろ、と僕の方を指差しながら叫んだ。
しまった、見つかった。
これはもはや、謝るとか弁解するとか生やさしいことを言っていられるような状況ではない、捕まりでもしたらそのまま警察に差し出されてしまうのではないか、ええい、ままよ、どうにでもなりやがれ、ライフイズロッケンロールだ、そんな意味の分からないことを叫んで、橋の欄干を乗り越えると、そのままザブンと川に飛び込んだ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51526149
この記事へのコメント
 凄い!!テレビのサスペンスかドタバタコメディーを観ているみたい(笑)その後どうなったのか、結末が知りたい!!
Posted by 金沢 大好きッ子 at 2009年11月01日 16:19
>金沢大好きッ子さん
コメントありがとうございます!
その後、どうなったんでしょうね!?

んんん…どうしようかな……
Posted by 石庭 at 2009年11月01日 21:41
 突然お邪魔したうえ、ご挨拶もせず失礼致しましたm(__)m
読み進んでいくうち次のページがめくりたくなり、ついつい書き込んでしまいました(笑)後編が有りますよね!!首を長ーーーくして待っております。
Posted by 金沢大好きッ子 at 2009年11月01日 22:11
>金沢大好きッ子さん
いえいえ、とんでもありません。
というわけで、やっつけ仕事ですが、後編もアップしてみました…(´・ω・`)
Posted by 石庭 at 2009年11月01日 23:58