2010年02月11日

【展】斎藤真一展

武蔵野市立吉祥美術館の「斎藤真一展 瞽女と哀愁の旅路」のポスターを見たとき、この人の画はどこかで見たことがある画だな…と、ここしばらくずっと気になっていたのだったが、もしかしたら、何かの本の装丁などに使われていたのかもしれない(実際に美術館に足を運んでみたら、斎藤真一の表紙画による、水上勉の新潮文庫版などが展示されていた)。

斎藤真一展

瞽女(ごぜ)というのは、三味線と唄で旅をする盲目の女旅芸人。
斎藤真一という人は、過酷な運命を選ばざるをえなかった彼女たちを追いつづけ、彼女たちの物語る人生を、まるで口述を筆記するかのように、キャンバスの中に油彩で描いていった。その画は一人の人間のストーリーであり、時に温かく、時に物悲しい。
とくに印象深かったのが、お春という美しい瞽女とバイオリン弾きの太郎という男の恋、そして彼らに待っていた悲しい末路の物語だった。

展覧会場では、画にまつわる背景についてのキャプションも多く紹介されており、斎藤真一初心者の僕でも、十分に楽しめることができた。
観覧料はたったの100円。小さな美術館ではあるけれど、キャプションをじっくり読みながら見るには、適度な展示スペースなのかもしれない。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51627123