2010年04月21日

東京を歩けば:墓地を見下ろす部屋

谷底へ。



承教寺から二本榎通を渡り、一気に谷の底へと下るような細い路地を辿っていく。



高層マンションの部屋から見えるのは新しい墓地。



このあたりの地形は、ちょうど谷と尾根の関係にあるのか、起伏がとても複雑。
東京という街の地形は、なかなか一筋縄ではいかず、それが面白くもある。


路地からさらに脇へと路地と階段が続いて、それは私有地につながっているようだ。



谷底から見上げると、高層マンション。
数年前、このあたりには、住む者がいなくなった家が薄気味悪い風情で建っていたはずだが、すっかり小ぎれいに整えられた新しい墓地となっていた。



ふたたび谷底から坂を上っていく。



古ぼけた石塀が見えてくると、それは丸山神社という民家の中の小さな神社だった。



にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51682861