2010年05月04日

【旅】閑谷学校

13caa4f9.jpg江戸時代の前期、藩主池田光政が藩の庶民のために設立させたのが、この閑谷学校。ここは一度は訪れておきたかった場所。美しく力強い佇まいの講堂は国宝指定。
身分に関わりなく学問を広め、儒教の教えによって藩を治める、光政の仁政の発想は、当時においては革新的だったのだろう。
岡山の国宝建築に始まり、岡山の国宝建築に終わる旅だった。これにて広島岡山の遠征は終了〜♪


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51691123
この記事へのコメント
この閑谷学校、先日飛行機に乗ったときの
翼の王国(機内誌)に特集が組まれていました。
石垣のデザインや石組みの巧みさ、それと
建物のデザインの秀逸さが高い評価でした。
一度見てみたい所なのですよ^^;
Posted by 一休 at 2010年05月06日 23:37
>一休さん
そうそう、石垣がすごく美しかったです。
石垣をぺたぺたとさわってみたりして、がっしりとした重厚感に、
当時の石工さんの技術って、すごいんだなぁ…と感嘆。
ぜひ一度は行ってみて下さい!車でないと、ちょっと不便な場所ですが。
Posted by 石庭 at 2010年05月08日 01:32