2010年05月09日

【展】お江戸の絵画は大賑わい

5月9日まで開催されていた板橋区立美術館の「お江戸の絵画は大賑わい」は、観覧料無料の所蔵作品展。なんと、写真撮影も自由。太っ腹な企画展でした。



まずは、展示室ひとつを使って、有名な狩野さんから、なじみのない名前の狩野さんまで、狩野派の作品を紹介。
それから、酒井抱一をはじめとする江戸琳派や、南蘋派から肉筆浮世絵まで、展示品はとても多岐に渡る。



目玉企画が、これ。
畳敷の和室を模した展示室《お座敷コーナー》を作り、ガラスケースに隔てられることなく、屏風絵と目の前でご対面。
なんともまぁ、大胆な見せ方に、ちょっと感動した。
狩野栄信(伊川院)の「山水図屏」。
小さく描き込まれた人物、空に羽ばたく鳥たち。叙情的な雪景色。



河鍋暁斎「龍虎図屏」。奇才か鬼才か、再評価著しい暁斎の虎と龍。



面白いものでは、雪村の「布袋図」。かついでいるはずの袋に乗って、満面の笑みの布袋さん。



珍しいものでは、関ヶ原の戦いで敗軍の将となった宇喜多秀家が描いたと伝わる「鷹図」。あくまでも「伝」なので、本当に宇喜多秀家が描いたかどうかは分からない。



英一蝶「不動図」は、昨年、この美術館で行われた企画展「一蝶リターンズ」にも出品されていた作品。
滝に打たれる不動さんの脇を見てみると……背中に背負っていた炎が水に濡れて消えないよう、傍らの岩の上に置いている。いかにも一蝶らしい、ひとコマ漫画的なひねりの利いたユーモラスな一品。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51694385
この記事へのコメント
こんにちは!

このお座敷コーナーいいですねぇ!!時間も忘れてずっと眺めてそうです。

あとなんとも言えない布袋さまの笑顔!なんて愛らしいんでしょう!心が癒されます。
Posted by miki at 2010年05月10日 16:23
>mikiさん
お久しぶりです!
お座敷コーナーはびっくりですねぇ。
美術館には、どんどんこういう試みをしてもらって、日本の伝統的な美術との垣根を取っ払ってほしいですね。
そんなに構えて鑑賞しなくていいよ…っていうメッセージを発しつつ、日本の「美」を伝えていってほしいです!(・∀・)
Posted by 石庭 at 2010年05月11日 00:10