2010年05月13日

京都の街の一歩奥〜御蔭神社

一歩奥というか、ずっと奥。



三宅八幡から比叡山の麓の八瀬までは、わざわざ叡山電鉄に乗るほどの距離でもなく、歩いてもそれほどの時間ではない。
ただ国道に沿って歩くのも味気がないので、三宅八幡と八瀬への行き来は、いつもこの散策ルート。


三宅八幡駅から高野川沿いを上流に向かって住宅街を歩いていく。



やがて森の中へと入り、頭上は木々に覆われて、あたりは薄暗くなる。
そして、道は二手に分かれ、案内板に沿って御蔭神社を目指す。ちょっと寄り道。



鳥居出現。この日は曇りがちな天気だったので、鳥居の向こうは暗くてよく見渡すことができない…。



参道を進むと、やがて社殿に辿り着く。
この御蔭神社は下鴨神社(賀茂御祖神社)の境外摂社でもあり、葵祭に先んじて行われる御蔭祭でも重要な役割を果たす。



ここには、賀茂御祖神社の祭神である玉依媛命と賀茂建角身命の“荒御魂”(生まれたばかりの神霊)が祀られている。
向かって左が賀茂建角身命、右が玉依媛命を祀る。



御蔭祭では、神職がこの“荒御魂”を神霊櫃に乗せ、御蔭神社から下鴨神社へと運んでいく。
いってみれば、この御蔭神社から葵祭がスタートするわけだ。



御蔭神社をあとにして、八瀬と向かう。この森を抜ければ、もうすぐだ。



にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51696687