2010年08月02日

【展】ギャラリーめぐり二つ

●会田誠+天明屋尚+山口晃(高橋コレクション日比谷)

日比谷の高橋コレクション日比谷にて「会田誠+天明屋尚+山口晃 誠がいく、尚がいく、晃がいく ―ミヅマ三人衆ジャパンを斬る」。



サブタイトルには「ジャパンを斬る」とある。
ジャパンを斬っているのかどうかは分からないが、三者三様に、対象から距離を置いて冷徹に観察しているような視線。対象とは、ここで言うところのジャパン、あるいは日本人、もしかしたら作家自身であるのかもしれない。こうした客観的な批評眼は、時にイラっときたりするけど、ヒヤりとさせられるものもある。8月22日まで。

有楽町界隈にて。



●須田悦弘(ギャラリー小柳)

日比谷から歩いて銀座へ。ギャラリー小柳で7月31日まで行われていた須田悦弘展。
須田悦弘といえば、本物かと見まがうような精緻な木彫りの植物で知られる作家。ここ数年、ちょっと気になる作家です。
ギャラリーに置かれたのは、朝顔を中心とした木彫りの作品が(たぶん)11種類。たぶん…というのは、須田悦弘の作品は見落としてしまうくらいにさりげなく展示されていたりするので、見落としていなければ、11種類のはずだ。
発見難易度がもっとも高かったのは、展示用のガラスケースの足元に生えていた木彫りの雑草。あるわけがないところに雑草が生えているというのは、とても不思議な感覚で、この過剰なまでの写実は、かえって超現実性を帯びてくる。
これは、ギャラリー小柳の近くにあったヘンな駐車禁止。



それから、銀座の整えられた道と道のあいだに残る、雑然とした小さな路地。



路地を抜けたところには、青汁専門のスタンド店。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51749494
この記事へのコメント
ほんと、ヘンな看板ですね(笑)
見てるぞってことなんでしょうか…?

そしてこの
「おっ!」っと思い入ってみた路地の先には青汁スタンド!!しかも青汁友の会!!!
きっと私だったら見つけたことに一人大興奮してそうです…。
Posted by miki at 2010年08月03日 16:47
>mikiさん
青汁スタンドは、僕も知らなかったんですよ〜。
こんなのが銀座にあったのか〜…と。
1杯200円くらいだったかな。。なんかヘンな店だなぁ…と思ったら、
ちゃんとした青汁屋さんらしいので、今度、近くに行く機会があったら、
勇気をふりしぼって入ってみます!(青汁、飲みきれるかなぁ)
Posted by 石庭 at 2010年08月03日 23:36
 石庭さんは本当に遊び心満載!!悪戯好きな少年ですね・・・・
こんな看板どーしたら見つけられるのですか(笑)

最近青汁がミョーに気になっていて、色々試し飲みしてます。
健康に気を遣いだしてる自分がいます!!年ですかね??
Posted by 金沢大好きっ子 at 2010年08月09日 21:51
>金沢大好きっ子さん
実は!青汁って飲んだことがないんですよね。。。
この青汁スタンドで青汁デビューした方がいいのかな。
このヘンな看板は、ごくごくフツーのビルの前に置いてあって、
なんというか、この顔が呼んでいるような気がして、撮ってしまいました。
Posted by 石庭 at 2010年08月09日 22:23