2010年08月23日

夏の庭 龍安寺

十五の石組。



ある月曜日。朝八時。久しぶりの龍安寺。
観光スポットとして人気のある場所なので、人ごみを避けたい僕としては、京都に行ってもなかなか訪れる機会に恵まれない場所。
月曜日の朝であれば空いているだろうということで、久々の拝観。
山門で拝観受付をすませて、鏡容池を左に眺めながらの庫裏までのアプローチは美しく、それは、日常から非日常へ転換するアプローチでもある。



庫裏から方丈へと歩いていくと、十五の石で造られた枯山水の庭園が目の前に姿を現す。胸が高鳴る時。



人々は、15の石にいろいろな姿を想像し、意味を求めてきた。



その姿は、まさに小宇宙。



多くの人々の思念を呑み込んでもなお、解くことのできそうにない十五の石の意味。



けれども僕は何も考えずに、ただぼんやりと15の石を眺めて、石が語りかけてくるのを待つだけ。



それから一時間ほど過ごして、石庭をあとにする。



帰り道も景観の変化が目に楽しい境内。



苔生した木立の中を歩く夏の朝は気持ちが良く、



視界がひらけると、鏡容池。



月曜日の朝八時、久しぶりの龍安寺。山門を出れば、また日常。



にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51757447
この記事へのコメント
いい時間帯ですね!
誰もいない龍安寺・・・あこがれです。
独り占めの小宇宙はどうでしたか?
私も朝一番の電車に乗ったら行けますね^^;
Posted by 一休 at 2010年08月24日 00:04
>一休さん
そうそう、ぜひ、朝いちばんで訪れてみてください!
この十五の石の庭を眺めながら、このブログを作りはじめた頃の原点を思い出しましたねぇ…。
ブログに「石庭」と入れたのも、この龍安寺の庭園への思い入れでした。今考えると大げさだったかな…と(笑)
Posted by 石庭 at 2010年08月24日 00:34