2010年10月31日

ア、秋 … 神田古本まつり

さて、今年も古本まつりの季節がやって来た。僕が「もうすっかり秋になったんだなぁ…」と感じる、この季節の風物詩。



学生時代から神保町には年に数回は足を運んでいるけれども、古本まつりともなると、何か掘り出し物はないかと目の色が変わる。
とはいえ、今となっては、学生時代ほどには古書への執着心もなくなった。あの頃は、お金はないくせに、絶版になっているあの本もこの本も買いたいという願望があったりしたものだけれど、最近は、ちょっと手に入りにくい面白そうな文庫本を買う程度にとどめている。

青空市ともなると、こうしていろいろなジャンルの本が雑多に積まれる。この中から自分好みの本を時間を掛けて探すのが、古本まつりの楽しみ。


みなさん、こうして熱心に本を探します…。



人の手に取った本が、ちょっと気になってみたり。



小宮山書店のガレージセール。神保町に来ると、ここは必ず覗く場所。掘り出し物もあれば、駄本もあるカオス状態。



こちらは矢口書店。映画や演劇やシナリオの古書専門店だが、店の壁面に横付けされた棚も面白い。
ここでも面白い本を発見することがあるので、やはり必ず立ち寄る。



@ワンダーにて。ここも店の壁面の棚にずらりと本が並ぶ。
ミステリーやSFや映画に強い古書店だが、2階に上がると、なかなか質の高い一般の文庫も並んでいる。値段も、まぁ、それなりに。



古本まつりのせいか、いつもより頑張って、室外機のあるところにまで棚が延びていた。



神保町といえば、老舗の喫茶店も多い。ラドリオ、ミロンガ、さぼうる、ロザリオ、神田伯剌西爾……。
本を買う→喫茶店で読む……と、喫茶店が愛されつづけたのも、やはり本の街ならではなのだろう。



こちらは、2010年10月公開の映画「森崎書店の日々」のロケで使われた場所。すずらん通りから、ひとつ奥に入った場所にある。



にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51781301