2010年11月06日

【展】東大寺大仏 天平の至宝

東大寺展2東京国立博物館の「東大寺大仏 天平の至宝」で、11月2日から期間限定で正倉院宝物を少しだけ展示しているのに合わせて観覧。こういう大型の企画展は、会期のはじめに足を運んでおくのが吉。会場はそれなりに混雑していたけれども、人の列の流れが詰まることはなかったので、ストレスなく見ることができた。

思っていたよりも大きな(像高47cm)立ち姿だった《誕生釈迦仏立像》や、鎌倉時代の超絶リアリズム彫刻の傑作でもある《重源上人坐像》、一度見たら忘れられないインパクトを残す《五劫思惟阿弥陀仏坐像》などなど、いつもは奈良でも目にすることができない、貴重な彫像作品群を見ることができて、ちょっと感激。
図録や写真では見たことがあるけれども、実際に見てみると、像の大きさにしろ、かたちや表情にしろ、かなり印象が違って見えるものだ。
《五劫思惟阿弥陀仏坐像》などは、“五劫”という長い長い時間をかけて思案しつづけたために、髪が伸びてアフロヘアーみたいになった頭が強烈だが、実物はその体型もかなり強烈なインパクト。体躯はでっぷりと丸くて重量感があり、横から眺めると、顔は絶壁。写真で見るよりも、ユーモラスな仏さんだった。

正倉院宝物からは、大仏の開眼の時に目を入れるために使用した《天平宝物筆》や、その筆をつないだ全長およそ200メートルの紐である《縹縷(はなだのる)》など。聖武天皇や光明皇后をはじめとして、開眼に集まった人々がこの《縹縷》を握って、大仏との縁を結んだわけだ。
他には、桂心や人参といった薬草類も展示され、こうしたものも正倉院に献納されていたのかと、ちょっとびっくり。

東大寺展会場には、東大寺大仏殿の前に置いてある巨大な《八角燈籠》もやってきていた。こうして会場で見ると、すごく大きい。約4.6メートル。大仏殿の前で実際に見たときは、大仏殿との大きさの比較でこんなに大きいものだという印象がなかったのだが、すごく大きかった。東大寺創建以来、八角燈籠をこうして移動したのは初めてのことらしい。

昨年の「阿修羅展」を見たときにも感じたことだが、都が京に移る以前、奈良での仏への信仰とは、天皇や皇后(大仏は聖武天皇と光明皇后)らが先頭に立った国家プロジェクトだった。その信仰は「国」という大きなものを治めるという意思のもとにあったのだろう。
後の世になると、仏教の宗派もあれこれと興こり、たとえば権力者には権力者のための信仰があり、民衆には民衆のための信仰があり…と、仏教も立場の異なる人々の求めに応じることができるようになったし、人々も自分たちの現世のあり方に応じた宗派を選択できるようになった。
しかし、大仏の姿、あるいは大仏を造った背景には、まだ日本の仏教が細分化多様化する以前の、普遍的な祈りや願いの重みを感じるのだった。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51783268