2010年11月25日

奈良追想 橘寺から高松塚古墳

秋を探す子。

高松塚古墳01

飛鳥歴史公園にて。
石舞台古墳をあとにして、橘寺へ。

橘寺01

橘寺は、聖徳太子の建立による七大寺の一つとされている。

橘寺02

そして「鬼の雪隠(せっちん)」へ。鬼が使った便所(雪隠)…というのは、伝説の話。

鬼の雪隠01

周囲はのどかな畑の風景。飛鳥には、生活の風景の中に、こうした不思議な石造物が点在している。

鬼の雪隠02

こちらが、ちょっと高台にある「鬼の俎(まないた)」。鬼が道行く人を捕らえて食べるため、この俎で調理した…というのは、伝説の話。
もともとは「鬼の雪隠」と「鬼の俎」は古墳の石室として一体であったと考えられており、盛土がなくなり、石室の上部(雪隠)がひっくり返ってずり落ちて、こうしてバラバラになって存在している。

鬼の雪隠03

そして、高松塚古墳のある飛鳥歴史公園へ。

高松塚古墳02

※奈良の写真のストックをアップしています……。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51789797