2010年12月26日

泉涌寺界隈ツアー(4)善能寺

雨上がりの曲がり角。



善能寺は無住のお寺であり、比較的新しい小さなお堂がひとつ立つのみ。


そしてここには、東福寺方丈や光明院の庭園を手掛けた昭和の作庭家・重森三玲による「遊仙苑」という庭がある。



峻険な石組みは、まさに重森三玲ならでは。



手入れが行き届いているとは言いがたいのが寂しいところだが、こうして拝観料もなく、間近に重森三玲の庭造りを見ることができるのは、知る人ぞ知るところ。



境内にどんと置かれた巨石群も、重森三玲の手によるものなのかな?



そして門を出ると、



向かい側は来迎院。



折り重なる木々の葉が、山深い様子を思わせてくれるお寺です。



※訪問日:2010年12月3日

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51886028