2010年12月30日

冬の一日 深大寺

新年を待つ。福を待つ。人を待つ。



朝の深大寺。



2010年、大きな話題となったNHKの朝ドラマ「ゲゲゲの女房」。その舞台にもなった調布市にある深大寺も、ドラマの撮影に使われるなどして、多くの観光客を集めました。
今に伝わる由緒を辿れば、開創は奈良時代までにさかのぼる古刹。浅草寺とともに、東京の中では古いお寺のひとつ。


開店の準備を進める参道のみやげもの屋。



お参りの人を待つ、おびんずるさま。



それから、新年を迎える準備も進む境内。



おっと、新年を迎えるその前に…



年越そばを食べないと。深大寺といえば、門前町に軒を連ねる“深大寺そば”のお店も有名。



鬼太郎と目玉おやじ発見。



調布市は、水木しげる先生が現在も暮らす町。そんな縁で、深大寺にも鬼太郎茶屋なるものがあり、多くの人でにぎわっています。



にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51935158