2013年05月08日

京都、五月 今宮祭り(1)

5月5日。紫野の今宮神社へ。

今宮祭り01

今宮祭りの起源をさかのぼれば、疫病や災厄を鎮めるために始まった994年の紫野御霊会というから、歴史はものすごく古い。
途中、衰退や中絶などがあったものの、現在は「西陣の祭り」として営まれている。
今宮祭り02

まず、本殿前で八乙女による舞の奉納。

今宮祭り03

八乙女の可憐な姿は、ひときわ目を惹きます。

今宮祭り04

5月5日は神幸祭。本社からお旅所へと神輿が巡行する。
神幸列は、車太鼓を先頭に、鉾、八乙女などが続き、さらに牛車や神輿三基の渡御が続く。北大路通にて。

今宮祭り05

大徳寺前で折れて、町の中へ。

今宮祭り06

途中、こうして八乙女が舞を披露。歩き続けているので、休憩がてら、舞を鑑賞。

今宮祭り07

神幸列はまだまだ続く。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/52126869