赤岳西壁主稜☆彡


【快晴無風の赤岳主稜☆彡】





久しぶりのブログ更新(^-^;
といってもこの間山に登ってなかったわけではないんですけどね〜。
FBには記事上げてました(^-^)



以下、1月〜のFB記事。

燕岳


御在所ラッセル&藤内小屋雪かき


濁河温泉はもずしアイス


御在所αルンゼ(撤退)

なんかFBに上げてしまうとついついブログ更新が億劫になっちゃって…

でもさすがに主稜は今冬の目標の一つだったんで、備忘録の意味もあるしこいつはちゃんとブログに上げとかんとね!




【一日目】

この日は行者小屋にテントを張るだけの一日。
美濃戸の林道が凍結のため通行止になってるので1時間余分に歩かなきゃいけないのは面倒だけど、慌てなくていいってのは気楽でいいね(^-^)



今回はメインザックを70にして子亀をバリアントにしてみた。
見た目は後ろに引っ張られそうだけど、バリアントには軽いものばっかりなので見た目ほどバランスは悪くない☆彡
上に伸びないぶんボク的にはこのパターンの方がいいかな。



林道は事前の情報どおりほぼ全面凍結。
ただツルツルって状態ではなく概ね氷の上にかき氷みたいな細かい雪が乗ってるから、チェーン巻いてれば4本巻いてなくても大丈夫かなって印象。
結果、翌下山時には規制解除されてました(^-^)




八ヶ岳山荘から美濃戸山荘までは45分で。
30kgオーバー担いでるわりにはまあまあのペース。
ここでアイゼン装着。



今回は行者泊なので久しぶりの南沢を歩く。
林道歩きが減るぶんボクはこっちの方がいいかな〜(^-^)
正面に赤岳が見えてきた!
快晴だ☆彡



快晴の雪山はやっぱり美しいな〜☆彡




行者小屋到着。
風もないしポカポカ暖かい(*≧∪≦)



サクサク整地してテント設営。
快晴とはいえそこそこ気温は低いから、じっとしてるとやっぱり寒くなる。
玄関はちょっと深くし過ぎたのでこの後ちょっと埋め戻した(^^;;




テントの中は陽射しを浴びてポカポカ暖かい☆彡
横になってたらいつの間にか寝てしまってた。

この日の行者の幕営者は他に2張。
満天の星空にまったく風もなく、明日のクライミングに期待が持てそうだ☆彡






【二日目】

昨夜は無風だったものの今朝は微妙に風が吹いている。
さすがに風の強い八ヶ岳、無風では登らせてはくれないか?

のんびり準備して6時半頃、行者小屋を出る。



阿弥陀との分岐標識も随分低くなったな〜。
今年はよく積もったね( ⁼̴̶̤̀ω⁼̴̶̤́ )




しかし一晩ぐっすり眠ったんだけど、どうも今日はあまり体調がよくないらしい。
文三郎がいつも以上にキツく感じる(꒪ȏ꒪;)
嫁も同じく身体が重いらしく、主稜取付きまでにかなり時間を費やしてしまった…
これから本番だっていうのになんか先が思いやられるわ。



8時過ぎ、主稜取付。
ここまでで一時間半もかかったのは初めてかな…Σ(꒪ȏ꒪)
ここでロープを出す。
トラバースは踏み跡もあり、気温も低いため安定していてまぁ大丈夫。
念のためショートロープで確保しながらトラバースする。



主稜は陽が当たらないので快晴だけどかなり寒い!
幸い朝は吹いてた風はいまは止んでるのでありがたいが☆彡




1ピッチ目取付。
聞いてはいたけどこのチョックストーンがかなりいやらしい。
真下に立つとチョックストーンが微妙に被ってくる。
主稜はこの取付が核心だ、って言う人がいるけど確かにそのとおりだった。

ここはチョックストーン上にバイル鬼刺しして腕力で身体を引き上げ、ステミングで乗っ越した。
まだまだ腕力に頼ったクライミングから抜け出せないなぁ…
いきなり腕がパンパンだΣ(꒪ȏ꒪)



ホントは1ピッチ目はもっと上でピッチを切るハズなんだけど、ボクらは今回初めてだし主稜はここが一番厄介だと思われるので取付の直上でピッチを切る。
幸い後続もいないしね。





ピッチを伸ばすとここから右上するため登ってくる嫁の姿が見えなくなるので、できれば見える位置でビレイしたかったわけでちょうど御誂え向きのピナクルがあったんでそこで支点を取る。
ところが予想外に嫁はあっさり一発で、涼しい顔して登ってきた!
こんなんやったらもっとピッチ伸ばしとけばよかったわ。

なんでもボクが苦労して登ってるのを見てたら登り方がわかったらしい。
最近嫁の方がスマートに登ってくるんだよね〜。
力がないぶん身体の使い方を工夫するからか、腕の力を使わないで登れるようになってきてる。
ボクもこういう無駄の少ない登り方を練習しないといけないな〜Σ(꒪ȏ꒪)




1ピッチ目〜3ピッチ目あたりまでは石尊の上部岩稜みたいな、そこそこ飛び出し感のある気持ちのいいクライミング☆彡
主稜はダブルアックスでいったけど、ガバホールドだらけなので時折アックスは肩に引っ掛けたりして登った。
こういったアックスの取り回しとかロープの扱いとかは、以前よりだいぶ小慣れてきた気がする(^-^)


文三郎ではまったく上がらなかった体調も主稜に入ったら徐々に持ち直してきた(^-^)
やっぱり上半身も使うと回復も早いのかも。




いい感じで雪も付いており、岩もしっかり凍ってるので安定してる。
今回全行程通じて一度も石は落とさなかった。
やっぱり主稜はこの時期がいちばんいいかな〜(^-^)




ここはコンテで一気に上がる。
雪が締まって安定してるので登ってて気持ちいい☆彡



阿弥陀に陽が当たりはじめた。
でも主稜のある赤岳西壁は当分当たらないんだよな〜Σ(꒪ȏ꒪)
風はないからそこまで寒くはないんだけどね!




今回リンクスの前爪をデュアルに変えて主稜で使ってみたんだけど、これがまぁむっちゃよかった!
グリベルの平爪に比べて前爪に乗ったときの安定感が全然違う。



トラバース時の安定感も抜群やしホントいいアイゼンだ!
リンクスはアイス専用くらいのつもりでいたけど、今後はバリルートでもリンクスで行くことにしよう(^-^)
ってか、こんだけリンクス気に入っちゃうと今後グリベル使うのかな?



段々山頂が近づいてきた!
もう何ピッチ目だかもよくわからん。



今冬からメインで使い始めたマムートノードワンドGTX。
むっちゃ暖かいし脱ぎ履きも楽だしホントいいブーツだ☆彡
踵のホールドも素晴らしいし心配だった靴擦れも今のところまったくない。
ゲイターがゴアテックス仕様の2015年モデルが手に入ってホントよかった(^-^)




実は下山後嫁用にも同じ2015年モデルのノードワンド注文してしまった( ⁼̴̶̤̀ω⁼̴̶̤́ )
スイス本国からの取り寄せになるので、次の山行に間に合うかは微妙やけど…


ここが最終ピッチ。
しかし短いチムニーを抜けると50mロープがいっぱいに!
しかし支点になりそうなピナクルとか何もない。
なんとか支点になりそうなものはないものか?

あちこち見渡すと残り2mくらい先にハーケンを発見☆彡
無理やり身体ごとロープを引っ張ってビナをクリップ。
ムンターでビレイした。




嫁的にはこの最後のチムニーはちょっと怖かったらしい。
ボクは気持ちよく登れたからどこが怖いのかよくわからん。
どうやらボクと嫁は苦手なところが違うようだ。




さぁ、あとちょっとだ!
ここからはショートロープにしてコンテで登る。




ルンゼを詰め上がると一気に傾斜が緩くなり視界が開けてきた☆彡
ここを詰めれば山頂だ!




赤岳北峰山頂到着。
山頂もまったくの無風☆彡
疲れたけど気持ちいい、最高のクライミングになった(*≧∪≦)
主稜は距離があるしピッチ数も多いから達成感ハンパないね!
また繰り返し登りたいルートだ☆彡


珍しく山頂が無風なので、そのまましばらく山頂でパンの昼食。
八ヶ岳の稜線で無風なんて初めてなんじゃないかなぁ(^-^)



山頂で30分ほど過ごして下山にとりかかる。
今日はまだテント撤収して下山しなきゃいけないのだ。



下山は地蔵尾根から。
今日のお地蔵さんはエビの尻尾もなく綺麗なお顔(^-^)





久しぶりの地蔵のナイフリッジ。
あれ?こんな緩いリッジやったっけ?




行者まで戻ってきた。
久しぶりのガッツリクライミングに脚がヘロヘロですΣ(꒪ȏ꒪)
これは間違いなく久しぶりに筋肉痛になるな〜。

テントを撤収して南沢を下り、更に林道を歩いて17時ちょい過ぎ、なんとか暗くなる前に八ヶ岳山荘の駐車場に到着!
今日は長い一日だったな〜(^-^;


これまで行きたかったけどなかなか行けなかった赤岳主稜、天候にも恵まれて素晴らしいクライミングになりました☆彡
今回は初めての主稜だったということもあり、とにかく闇雲に必死のパッチで登ったという感じ。
一度登ったいま改めて思い返してみると、あそこはもっとピッチ伸ばせるな〜とか、あそこはコンテで行けるよね、とかもっとこうすればってとこがいっぱい思い浮かぶ。
ルートを通じてヤバいポイントはほとんどないし、次は今回のを踏まえてもっとスムーズに登ってみたい。
主稜は来年また挑戦だな(^-^)

まさかのみぞれ&雨からのスタート、年末恒例の八ヶ岳☆彡


【快晴の裏同心でアイスクライミングを楽しむ☆彡】





ここ数年毎年恒例で通ってる、赤岳鉱泉をベースにした年末八ヶ岳山行。

今年は28日あたりから入って31日まで!くらいのつもりで考えてたんだけど、あろうことか直前(1ヶ月前)になって30日に仕事が入ってしまった(((;꒪ꈊ꒪;)))

これは外せない仕事だし…さぁどうするか?
30日を境にして前にするか後にするか?

調整したところ26日の仕事は休めることになったので、今年は26〜29の4日間で行くことに。
静かな年末八ヶ岳もたまにはいいかもね(^-^)




【1日目】

ここ数年温暖化のせいなのか、年末だというのに八ヶ岳も雪が少ないんだけど…
今年も赤岳山荘までの林道にもまったく雪がない!
当然赤岳山荘の駐車場にも雪は皆無Σ(꒪ȏ꒪)
しかもかなり暖かい!
ホントにどうしちゃったんだろうね、最近の地球は。。。





今回のザック重量は約45kgほど。
このザックまだもうちょっと上まで伸ばせるんだけど、上に伸ばすとどうしても重心が高くなっちゃって不安定になる。
そんなわけで今回は久しぶりに親亀子亀のWザックにしてみた。
サブザックにかさばるものや潰したくない食材とか、比較的軽いものを詰めて本体の重心を下げるように工夫。
それでもロープが上に載るからどうしても重心上がっちゃうんだけど、全て本体に詰めるよりはいい感じになった気がする。





この親亀子亀作戦、わりといいかもね〜(^^;;
11:30、駐車場を出発する。




北沢の林道にはまったく雪はない。
去年は部分的に凍結してたりしたけど、今年は凍結すらもない。




堰堤広場を過ぎて木道が現れたあたりからやっと雪が付いてきた。
まさか去年より雪がないなんてことはないよな?ってちょっと不安になる。




13:50、鉱泉に着いた。
毎年ザックが重いんだけど今回は40kg超えてるのでまさに苦行(((;꒪ꈊ꒪;)))
時間的には赤岳山荘から2時間20分で着いてるんだけど、これまでとは比べ物にならないくらい疲れたよ。

幸い去年よりはテン場周辺には雪があるみたい。
とりあえずよかった(^^;;




良さげな場所を探してさっそく整地する。
斜めったままカチカチに固まってるのでショベルでガリガリ削りまくる。
疲れててもショベルを手にすると納得するまでやめられない。
スコップ職人の血が騒ぐね〜(^^;;




テントはボクら以外に2張だけ。
同じ年末とはいっても26日だと30日あたりとはまったく違う。
年末前半はなんか空いてていいなぁ☆彡

今日は夜半から雪が降るらしいのでタイベックの前室も設置しておいた(^^;;



テント張ったらどっか遊びに行こうかな〜って思ってたんだけど、鉱泉で昼ごはん食べてるうちにだんだんと天候が怪しくなってきて…
一気に冷え込んできたのでそのまま鉱泉で雑誌読みながらまったり。
夕方には雪がパラつきはじめてきた。




晩ごはんは胡麻豆乳鍋。
持ってきた野菜はしめじ以外全てうちの畑で採れたもの。
やっぱり新鮮な野菜たっぷりの鍋はいいね〜(^^;;




ここ最近不遇をかこってきたボクのMSR国際。
今回は初日から活躍してくれた(^^;;






【2日目】

昨夜は夕方から降り出した雪が夜半にはみぞれに。
気温が高いからまさか雨になったりしないよな?って心配しながら眠ったんだけど…

不安的中!

夜中の3時頃、テントを叩くパラパラって音で目が覚める。
慌ててテントの外を見ると完全に雨に変わってる(((;꒪ꈊ꒪;)))

幸い本体に防水スプレーしてきたのでまだ本体には染み込んできてはいない。
たいして効かんかな〜とは思ったけど、やっといてよかった!

急いで外に出てタイベック前室の上からフライシートを被せて石で固定。
雨でテント四隅のペグやタイベックのペグが弛んでたのでこれにも石を上から積んで補強する。
なんとか雨に本体やられる前に対処することができた!

実は今回フライシートを持って行くかはギリギリまで悩んだんだよね。
本来この時期に雨なんてあり得ないからフライシートなんて考慮する必要すらないハズなんだけど、最近の異常気象のせいで年末八ヶ岳でも雨降ったりする。
今回もつい3日前になる23日に土砂降りの雨が降ってるし、どうするかギリギリまで考えてた。
当日諏訪湖S.Aでー1℃だったからボクは持ってかないことに一旦決めたんだけど、嫁が持って行く!って言うんで嫁のザックに詰め込んできたのが正解だった!
この後一日中土砂降りだったからフライシートなかったらと思うとゾッとするよ。





朝からは本格的に雨になっちゃったΣ(꒪ȏ꒪)
ホントに年末の八ヶ岳か?ここは!
気温も小屋前で3℃くらいある。
まったく年末って風情がない(x_x;)




こんな土砂降りじゃなんにもできない(`ヘ´)
朝っぱらからアルコールのお世話になるなんていつ以来やろ?




昼まではテントで持参した本を読み、昼ごはんのタイミングで小屋へ移動。
ボクは今日は生パスタ。




嫁はいつものタヒチカレー(^з^)-☆
この日もそのまま夕方まで鉱泉で雑誌を読み耽る。
いったい何しに来たんやろね?って言いたくなる。



今日の晩ごはんはチャーハン。
冷凍チャーハンにスライスしてきたベーコンとネギを入れて炒める。
具沢山になってこれだけでお腹いっぱいだ(*≧∪≦)





【3日目】

昨日の雨は19時頃には雪に変わり、夜半には一気に冷え込んできて湿り気の少ないいい感じの雪に変わってきた。
深夜1時の時点でー13℃。
やっぱ年末はこうでなくちゃね(^з^)-☆




朝起きるともう雪は止んでた。
積雪は小屋前で5cmってとこかな。
もうちょっと積もってほしかったけど、降ってくれただけまだいいか(^-^)


朝の気温はー10℃。
昨日昼間が5℃くらいだったからー10℃がむっちゃ寒く感じるよ!
さっそく国際を点火してテントを暖める。
あっという間にテント内がポカポカに!
やっぱり国際の火力というか熱量は凄いね(^з^)-☆

鉱泉のフロントに無料でみかんが置かれてたので遠慮なくいただいてきた。
山に来ると果物が里以上に美味しく感じるよ(*≧∪≦)



朝ごはんを食べてボチボチ準備。
待望のむっちゃいい天気だからこれは登らなあかんやろ!ってことで、今日は裏同心をやることにした。

準備してテントと炊事場の間を行ったり来たりしてると、アイスキャンディの方から「ロカちゃーん!!!」って呼ぶ声が。


振り返ってみたらkakaさんだった(^з^)-☆
ヒロさんはこれまたすごいサイズのザックを担いで登ってきてる!
ボクも重かったけどヒロさんのもまた重そうだ(((;꒪ꈊ꒪;)))
マカルー噂のモンスターゾーンも見せてもらった。
これなら確かに120Lくらい入りそうやわ!



ヒロさん達のテント設営をちょっと手伝い、ボクらは予定どおり裏同心へと向かう。
昨日の雨で氷にどれくらい影響が出たのか気になるところだけど、夜半からかなり冷え込んだからこれでガッチリ硬化してくれてればいいんだけど…


裏同心へはノートレース。
少なくとも今日はボクら以外に入山者はいないみたい。
沢筋は吹き溜まったのかそこそこ積雪もあり、ルート外すとかなり埋まってラッセルがちょっと大変だった。




F1に着きロープを出してると、遅れて鉱泉を出たヒロさんkakaさんも追いついてきたo(^-^)o




F1に取り付く。
昨日が雨だったことを考えれば氷の状態は予想できてはいたんだけど、予想よりはマシだったものの12月とは思えないほど氷が弛い!
去年の氷は硬くて気持ちよかったのにな〜。





嫁には今季から縦爪アイゼンのLYNXをモノポイントにして使用させてるんだけど、これがむっちゃ気に入ったらしいo(^-^)o




縦爪がむっちゃ刺さるから蹴り込みが一発で決まるし、軽いから単純にアイゼン歩行で脚が楽。
あと爪の形状のせい(特にフロントブロック)なのか、全ての爪がグリベルG12に比べてキンキンに尖ってるからなのか、今まで使ってたG12に比べてむっちゃグリップがいいらしい。




嫁はすっかりLYNXが気に入ってしまったみたいで、もうグリベルはいらん!とか言い出した(꒪ȏ꒪;)




まぁとりあえず新規導入したギアがうまく機能してくれてよかったよかった(*≧∪≦)




F2は本来3段の滝なんだけど1段目と2段目は完全に雪に埋まってる。




確か去年来たときにもここは埋まってたような…
斜度的にはコンテで普通に登れるけど、今季初のアイスなのでここはまぁ慎重に。




3段目だけ3mくらい雪から露出してる。
しかしこの氷がまた悪い(꒪ȏ꒪;)
見た目硬そうに見えるけどバイルを打ち込むとゴッソリ面ごと剥がれ落ちる。
正面がいちばん綺麗に張ってて登りやすそうなんだけどそこがいちばん氷の状態が悪いので、氷は多少薄いけど状態のいい左端から上がる。
途中氷がなくなってドライになっちゃうんだけど気持ちの悪い氷に体重預けるよりはなんぼかマシやしね。





昨夜の雪&冷え込みのおかげで樹々は綺麗に雪化粧してるo(^-^)o
さすがに一晩の冷え込みだけでは氷の状態までは変えられなかったみたいだけど…




F3。
綺麗に氷結すれば楽しそうな滝なんだけど、右半分は薄くてまったくダメ。
特に中央上部は氷の隙間から水が降ってくる(꒪ȏ꒪;)
ここも唯一ガッチリ凍結してる左端から上がる。




両岸の狭まったあたりにF4があるハズなんだけど、そこも完全に雪に埋まってるみたい。
シーズン初めだから出てるかと思ったんだけどな〜。
案外裏同心は吹き溜まりやすいのかな?




F5へ向けて登っていく。
アタックザックみたいな軽量ザックだと、最近嫁の方が圧倒的に登るのが速い!
ここも雪が吹き溜まっててかなり脚をとられるんだけど、あっという間に置いてかれた(꒪ȏ꒪;)

F5も去年に比べれば氷結が不完全な感じ。
左側はバーティカルでおもしろそうな感じだったんだけど、この日はカタチが崩れてて残念な感じに。




ここは2月あたりに期待して今日は素直に右側から上がる。




F5を上がると時折上から風が吹き下ろしてくる。
風と一緒に細かい雪が吹き付けてくるので日陰だとかなり寒いΣ(꒪ȏ꒪)





ここはそのままロープいっぱいまで嫁に上がってもらう。




F6手前の陽の当たるところでバケツを掘って、ザックに座ってヒロさん達が上がってくるのを待つ。
日向はむっちゃ暖かいo(^-^)o




15分ほどで二人とも上がってきた(^з^)-♪
もうロープは必要ないのでここでロープはしまう。




ここからは大同心基部まで詰め上がり、大同心稜へとトラバースする。



なんか今日は嫁がむっちゃ元気やなぁ(^-^)



大同心稜へとトラバース。



雪がかなりカチカチで慎重にトラバースする。
今日の状態だともっと下から大同心稜に詰めた方が楽だったかもね。




足元硬いから神経遣うわ〜(^_^)a




大同心稜に上がったらあとは一気に下るだけ。
快晴ノートレースの大同心稜を下るのはまた気持ちいいね〜(*≧∪≦)






登山道に合流。
楽しかったね(*≧∪≦)




裏同心でアイスを楽しんだ後は、ヒロさんのテントにお邪魔して夜の宴スタート(^-^)



まずはツマミから…



今夜うちの夕食はバターチキンカレー。
まずはバターにおろしニンニク、おろしショウガ、カレーパウダーを絡めて…
ガラムマサラ、カルダモン、クミン、シナモンで香りをつける。



玉ねぎペーストを入れて…



これにトマトピューレを投入。
水を足して調整。




ミックスビーンズも。



そこへ家で仕込んできた、ヨーグルトとカレー粉に漬け込んでおいたチキンを投入。





仕上げに生クリーム。
塩と砂糖で味を整えて完成☆彡

酸味の効いたカレーは苦手だ!って言ってたヒロさんも気に入ってくれたみたいでよかった(*≧∪≦)





持参したロールパンを国際で炙ってカレーと一緒に食べる(^-^)




ヒロさんkakaさんはつみれ水餃子鍋☆彡
野菜いっぱいでいつもながら美味しい鍋でした(^-^)

いっぱい食べていっぱい飲んでいっぱい話して、楽しい宴はいつまでも…(๑′ᴗ‵๑)
気がついたらもう22時に!!!
明日はヒロさんkakaさんと赤岳主稜に行くことになったので早く寝なければ。






【4日目】

4時半に起床。
まだ真っ暗なうちから準備を開始。
空には満天の星空!
風もなさそうだしこれは期待できそうやね〜(*≧∪≦)


6時過ぎに鉱泉を出発。
この頃はまだいい天気(^-^)




行者小屋でちょっと休んで文三郎道へ。
阿弥陀との分岐標識がまだこんなに出てる!
やっぱり今年も雪少ないのかなぁ…
この頃からなんか上の方にガスがかかってきてる(꒪ȏ꒪;)




急登の樹林帯を抜け、階段が現れてきた。
このあたりから風が吹きつけだす。




主稜取付までもうちょっと。
上に行くに従って更に風が強くなっていく!
視界も悪くなっちゃったしどうするか?




相談した結果今回の主稜は諦めることに。
ボクらは今日下山やし、主稜はそこそこ長めのルートやし初めてのルートやからできれば天気のいいときにやりたいしね(^-^)




そうと決まればさっさと下山。



しんどかった文三郎道の急登も下りとなれば逆に速い!




中山峠で休憩中、ヒロさんがカモシカを発見!




足跡から推察するとどうやら鉱泉の方から登山道を登ってきたみたいだけど、中山峠でボクらがいたもんだから手前で中山展望台の方にルートを変えたみたい。




鉱泉まで戻ってきた。
まだ9時やしこのまま下山するにはちょっと早い。
アイスキャンディはほぼうまってて順番待ちの状態やし、それならばと行き慣れたジョウゴ沢へ遊びに行くことにした。




ジョウゴ沢F1。
ジョウゴ沢は陽当たりがいいせいか、裏同心よりも氷の状態は悪いかな。



F1は左岸を巻く。




F2。
しっかり氷結してくれればトップロープ張っても楽しめるいい滝なんだけど。
この日はとにかく氷の状態が悪く、ヒロさんが試しに左側の氷柱に取り付いてみたもののバイルを打ち込むと塊で剥がれ落ちる!




ここまで氷が柔らかいと危ないので、F2は右岸から巻くことに。
上に上がれば多少は氷も硬くなるかなぁ…って。




ジョウゴ沢カールに出る。
ここも雪がないなぁ…




ゴルジュの奥に乙女の滝が見えてきた!
今年もちょっとカタチが違うみたいだ。




ゴルジュ入口。
連続する小滝はショートロープのままコンテで登っていく。






二つ目の小滝越しに見える乙女の滝☆彡
乙女の滝はこのアングルがいちばん好きかな(๑′ᴗ‵๑)




ゴルジュの中は氷も硬くて登りやすい。
これは期待できるかな?




乙女の滝を正面から。
さっきも書いたけど乙女の滝は来るたびにカタチが違う。




これは2年前3月の乙女の滝。
ボク的にはこのときのカタチがいちばん好きかな(๑′ᴗ‵๑)




30m大滝方面。
ここを抜けると硫黄岳の稜線へトップアウトできる。



今日はトップアウトする時間はないので、左股のナイアガラの滝を目指す。
ナイアガラまではノートレース。
今日の先行者はみな大滝の方へ行ったみたいだね。





ナイアガラの滝。
小さな滝だけどハイシーズンには横幅いっぱいに氷結することからこの名がついたんだけど…
この日はいつもの半分くらいのサイズかなぁ。





トップロープ張って遊ぼうか、ってとりあえずボクが取り付いてみたものの…




まともに陽が当たるせいか、F2並みに氷が水分を含んでてまったくバイルが効かない!
効いたと思ってバイルに体重を乗せるとバイルが3cmくらい下にズレてグラグラに。




スタンスも一回の蹴り込みでは決まってくれないし、ここも今日は危なそうなんで諦めることにした。



せっかく来たことだし、ヒロさんがアバラコフでの懸垂からロープ&スリングを回収するシステムの練習。





ロープを3分の1にセットするので、今回の50mロープだと17mくらいの距離の懸垂になる。




懸垂後のロープの回収は慣れるまではどのロープを引くか間違えそうだけど、これも使えるようになれれば便利かもね〜(^-^)




下山もショートロープで。
ジョウゴ沢は氷の状態が悪くてアイスはできなかったけど、ショートロープのいい練習になったね〜☆彡







F2は上部の岩に懸垂支点があるので懸垂で下降。
まずはボクから。



     






全員無事に下降(^-^)



鉱泉まで戻ってきた!
まずは小屋でお昼ごはんだ(^-^)




ボクはしょう油ラーメン。



嫁は味噌ラーメン。
鉱泉のラーメンも自家製麺で美味いんだよね〜☆彡



なんかいつもの年末らしくなってきたな(^-^)



テント撤収完了!



荷物は減ったハズなんだけど…
多少軽くはなってるものの嵩はほとんど変わってない。
相変わらず40kg超えてるのは間違いないしねΣ(꒪ȏ꒪)




ヒロさんが遠くにちんたろうさん、Pちゃんのテントを発見!
ボクらも下山前に挨拶に寄る。
ちんたろうさんとは一年ぶり、Pちゃんとは去年顔は合わせてるんだけどお話する機会はなかったので初めましてかな(^-^)




16:30、鉱泉から下山。
当然ながら堰堤広場手前で真っ暗に。
ヘッデン点けて北沢の林道を歩き赤岳山荘には18時ちょい前に着いた。
久しぶりに暗闇の中ヘッデンで歩いたなぁ。

初日2日目はまさかのみぞれ&雨で停滞だったけど、後半はヒロさんkakaさんのおかげで今年も楽しく充実した年末八ヶ岳になった☆彡
なんか今年は雪が少ないかもしれないけど、まだまだ雪山シーズンは始まったばかり。
大好きな雪山シーズン、今年はどれだけ雪山登れるかな〜(๑′ᴗ‵๑)




雷鳥沢で今年最初の雪山テン泊&雪訓☆彡



【やっぱり雪山はいいね〜(^^;;】




今年最初の雪山を楽しみに、立山の雷鳥沢で雪山テン泊を楽しんできました☆彡

11月の終盤に立山に行く!ってのは随分前から決めてたんだけど、ちょうどそんな折にkakaさんからLINEが。
ボクらとちょうど同じ日程で山行予定なんだけどまだどこに行くか決めてない、しかも今回はkakaさんが行きたい山を決める番、どこかお勧めのとこないですか?ってことだったんで、じゃあ一緒に立山に行きますか?ってことになり(^^;;
鋸岳以来久しぶりにヒロさん&kakaさんとの山行になりました☆彡

この時期雪が降るとアルペンルートのバスが運休になる可能性がある!とのことなので、念のためクルマを富山側と扇沢に分けて停めることに。
で、うちは扇沢から入山(^^;;



【1日目】


2日目からガッツリ雪が積もる予報だったから今回はスノーシューも持参。
これだけで+4kg!
今回はハナから山には登るつもりのないまったりテント泊だから、食材もたっぷり担いでるし久しぶりにザックが重たいわ〜Σ(꒪ȏ꒪)




黒部ダム周辺にはまだ雪はなく…




平日だから当然観光放水もなし。



トロリーバスとケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで室堂に到着。
やっぱり扇沢からだと遠いな〜Σ(꒪ȏ꒪)
ヒロさん達は30分後くらいに着く予定なんで、ボクらはとりあえず雷鳥沢へ先に向かうことに。



みくりが池に雪をかぶった立山が!
もうすぐ凍結しちゃうから、この光景が見れるのはこの時期だけ☆彡




みくりが池温泉に着くと後方からボクらを呼ぶ声が!
ヒロさんkakaさんがちょうどみくりが池のあたりに追いついてきてた(^^;;



みくりが池で無事合流☆彡
ヒロさんもkakaさんもザックがデカい!




雷鳥沢の管理所は10月30日で冬季閉鎖されてるので、この時期水場とトイレが使えない。
なのでテン場へ向かう前に雷鳥荘で水を入れさせていただく。



ボクが7L、ヒロさんは5L。
水を足したせいで二人ともめでたく40kg超えだΣ(꒪ȏ꒪)
テン場まですぐでよかったよ。




テントはそれぞれテーブルの近くのフラットなところに設営。
テン場の積雪はまだ5cmくらい。
冬ペグが刺さるか微妙だったんで念のため夏ペグも持ってきたんだけど、思いの外冬ペグでちゃんと刺さった。



荷物をまとめたらヒロさんテントのテーブルで昼の宴開始〜☆彡



天気もいいし最高やね(*≧∪≦)



担ぎ上げてきたお酒たち。



伊勢神宮丸天の天ぷらに…☆彡



手のひらピザ☆彡



三種のチーズにサラミを乗せて、このサイズだと一度に3枚焼けていいね〜(^^;;



オレンジもカットして持ってきた☆彡



これはkakaさんが業務スーパーで見つけた、茹でなくていい生パスタ。
パスタなのに水がいらないなんて!
これは山では使えるわ〜☆彡



お昼食べてるうちになんだかみるみるガスってきて…
風もちょっと出てきて一気に寒くなってきたので、宴の続きはヒロさんのテントに移って(^^;;



ドラゴンフライのおかげでテント内はポカポカ(*≧∪≦)
やっぱり4〜5人用は広くていいな〜☆彡


昼間っから飲んだり食べたり、山の話は尽きることなく時間が過ぎるのも忘れてしまうね!
薄暗くなってきたので一旦宴を中断して雷鳥荘へ。


雷鳥荘のお風呂でのんびり温まった後は談話室で再び乾杯☆彡


汗が引くまで談話室で寛いだ後は、ヘッデン点けてテン場へと下る。
風呂入ってる間に小雪が舞いはじめてた!
やっぱり明日は積もるのかな〜(^^;;




テン場へ戻ったら再びヒロさんのテントに集合☆彡
夜の宴開始です(*≧∪≦)
うちはチキンのスープカレー。



カットしてきたバゲットといただきます☆彡



ヒロさん達はヒロさん特製のおでん!
これがまた美味かった〜☆彡
寒いときのおでんは最高だね(*≧∪≦)

山の話は尽きることなく、気がついたら外はいつの間にか結構な降り方に!
かなり湿った雪だけどこれは明日は積もりそうやね〜(^^;;





【2日目】

昨夜から降り続いてた雪は朝にはすっかりあがり…(^^;;
予想したほどは積もらなかったけど、ビーコン練習するにはなんとかなる程度には積もったかな〜☆彡



朝食を手早く済ませて、今日最初のミッションはビーコンを使った雪崩埋没者捜索訓練。
昨年までは雪崩の危険性があるエリアに行くときはビーコンをレンタルして持ってってたんだけど、やはりビーコンは自分のを購入して操作に習熟した方がいいだろうってことで、今年はマムートエレメントを購入。
ひととおりの使用法はレンタルしてたORTOVOXので練習はしてたものの、今回ヒロさんから教わったクロスサーチなんかは知らなかったし、やっぱりビーコンは自前ので練習しておかないとなかなか役に立たないと実感!

またビーコンもメーカーやモデルによって操作性に違いがある。
レンタルで借りてたORTOVOXのもトリプルアンテナで性能にはなんら問題ないし、操作性もシンプルで使いやすかったんだけど、2m以内くらいのエリアに入ると矢印で指示しなくなる。

対してマムートエレメントはギリギリまで矢印で指示してくれる。
2mくらいまで近づいてしまえば実際は矢印で指示なくても大差ないのかもしれないけど、それでも矢印があるだけで心理的な安心感が違うよね!


今回の訓練内容は、40m四方くらいのエリアにビーコンを二つ埋設。
これを10分以内に地点確定し、掘り出すところまでの訓練。
一つはビーコンの上にショベルをかぶせ、もう一つはザックの中に入れて埋め、プロービングしたときの感触に違いがでるように設定。
これを交代しながら繰り返し練習しました。



まずは実際の山行時に埋まる可能性の高いボクとヒロさんが埋まったと想定して、嫁とkakaさんが同時に捜索開始。



地点を確定してクロスサーチ中。




地点確定してプロービング。




ショベルで掘り出す。




kakaさんもクロスサーチ。
クロスサーチはできるだけ雪面スレスレにビーコンを位置させて行う。



kakaさんも無事掘り出した☆彡
二人とも掘り出しまでだいたい4分ちょいだから、これならボクらは無事助かったかな〜(^^;;




朝からガスってたけどビーコン練習してるうちにガスが晴れてきた☆彡




次はボクの番。
ボクとヒロさんは一人で二つの埋められたビーコンを捜索する。







一つ目を確定。
気道を確保したと仮定してすぐ次のビーコン捜索にかかる。
実際の捜索時、複数埋没している場合には気道確保したら次の埋没者の捜索を優先する。






二つ目も無事掘り出した。
二つ捜索して5分ちょい。



続いてヒロさんが練習。
ビーコンが方向を指示したと同時に猛スピードでダッシュ!
一気に地点直前までたどり着く。




全ての操作が淀みなく、さすがの捜索で5分ちょい。
実際にクロスサーチを駆使して練習してみて、ただビーコンを持ってるだけなのと練習して操作に習熟してるのとでは明らかに違うと身をもって実感することができた!
特にクロスサーチができるかどうかでプロービングの精度に明らかな差が出ると思う。



再びガスってきてかなり寒くなってきたのでビーコン訓練はこれくらいにして、最後に雪崩に巻き込まれたり滑落したりしたときにどんな感覚になるかを実感する意味で斜面の上からでんぐり返りを。


まずはヒロさん、ボクの順ででんぐり返り。
続いてkakaさん。



頭が埋まったか?ってくらいに首がえらい角度に曲がってる!
こんなところにもkakaさんの柔軟性の高さが見てとれるよね(^^;;



ボクもそうだったけど、勢いよくでんぐり返りして立ち上がると三半規管が揺らされてすぐに真っ直ぐ立てない!
kakaさんもふらふらしてた。




続いて嫁も。



実際に雪崩に巻き込まれてしまうと上下の感覚すらわからなくなってしまう!っていうけど、確かにこんな感じに三半規管揺らされた状態で埋まってしまったらどっちが上だかわかんないだろうね!



一気に冷え込んできたので、一旦お互いのテントに戻ってそれぞれでお昼ごはんタイム。
次のミッションは夕方ってことにして、それまではお互いのテントでそれぞれのんびり過ごす(^^;;


そろそろ夕方。
テントの入り口を開けたら外に置いてたゲイターに見事な雪の結晶が!
ここまで綺麗な結晶は久しぶりに見たな〜☆彡



夕方、雷鳥荘へお風呂に行く道すがら本日二つ目のミッション。
ショートロープでアンザイレン中に滑落したと想定して、滑落停止させる訓練。


まずはショートロープ時ロープの束ね方と握り込みの仕方。
ボクがこれまでやってたやり方は見事に間違ってたΣ(꒪ȏ꒪)
ヒロさんから正しい握り込み方を教わる。




まずは平らなところで練習。
アンザイレンされているヒロさんがこの位置から走り、テンションかかった瞬間にボクは引っ張られながら身体を倒して滑落停止!という手順。



ところがいざヒロさんが走り出すとテンションかかる前にヒロさんの足にロープが絡まってしまいヒロさんが勢いよく前のめりに転倒!
ボクは微妙なテンションかかった状態でピッケル使った滑落停止にまで至らず。。。

この日は雪が薄いから転ぶと痛い!
ヒロさんはこのときしたたかに顔面を雪に打ち付けてかなり痛かったらしい(((;꒪ꈊ꒪;)))
ヒロさん、どうもすみません(/o\)

なので平らなところでの練習はこれでおしまいにして、アンザイレンした状態で雷鳥荘へと登っていく。




雷鳥荘までの途中で本日三つ目のミッション。
危険箇所でのトラバースを想定して、ロープをフィックスし顧客を安全に通過させる訓練。




まずはヒロさんが手順を説明しながらロープをフィックス。



すごいのはロープをフィックスしてる間中常に身体は待たせている顧客の方を向けたまま、あまり手元を見ることなく顧客から目を離さずに作業を行えること。
これは言われてみればなんかできそうにも思えるけど、これが簡単そうに見えてなかなかそうはいかない。

実際ボクはヒロさんのやるのを見せてもらった後にやってるのに、いざやり始めるとどうしても手元ばかりに気が行ってしまってまったく顧客への配慮など満足にできてなかったΣ(꒪ȏ꒪)


JMGAでは末端部分の固定はダブルフィギュアエイトノットが推奨されてるらしい。
これはまあ、普段からハーネスに固定するのにやり慣れてるからね〜o(^-^)o

で、ここからが問題。
まったく顧客側を見ていない。



これではいかんね〜(/o\)
こういった作業中にももっと周りを見れる余裕を持てないと。




これはメインロープしかない状況で、二箇所の支点から懸垂で顧客を安全に降ろす手順。




ボクもやってみるけど、これをきっちりモノにするのはなかなか大変だ!
すみませんヒロさん、この支点の取り方(結び方)帰宅したらすっかり忘れちゃいましたΣ(꒪ȏ꒪)



フィックスロープ訓練を終え、再びショートロープで雷鳥荘へ。
一般登山道に乗るとちょうどおあつらえ向きな斜度の場所に出たので、ここでさっきの滑落停止訓練をすることに!

ショートロープで歩いているところで突如としてヒロさんが滑落!
ボクが一緒に流されながら滑落を止める、って手順。

ここで二回やってみたけど、一回目は止めるまでかなり流された!
二回目はまぁしっかり止められたけど、これも練習しておかないとそうそう思い通りには止められないね〜(~_~;)




これにて本日のミッションは終了!
寒くなってきたし今日も雷鳥荘のお風呂で温まらねば(*≧∪≦)




雷鳥荘にはバンダナ巻いたかわいい雪だるまが((´∀`))


冷えた身体には温泉はホントにありがたいね〜☆彡
山に行って毎晩温泉に入れるなんて!
しかも頭もシャンプーで洗えるし、立山最高だな(*≧∪≦)



お風呂上がり、今日も談話室でまずは乾杯☆彡




寒い中テントに戻って再び乾杯☆彡
明日はもう目覚ましなしでのんびり寝てていいから、今晩はガッツリ飲みまくる((´∀`))



今回初めての国際の出番☆彡
火力調整ができないので嫁からの評判が悪く、最近あまり出番がない(/o\)




今日の晩ごはんはキムチ鍋。
このシェルの形をした水餃子がなかなか美味かった!



豚バラを投入。




野菜たっぷりのキムチ鍋☆彡
やっぱり雪山に鍋は定番やな〜o(^-^)o



今晩はいっぱい飲んだけどそれ以上にいっぱい食べたよ〜☆彡




石井スポーツで見つけて今回持ってきた米々軒のアルファ米。




なんと茶碗3杯分もあるんだけど、これがアルファ米にしてはかなり美味しかった(*≧∪≦)
このアルファ米は今後も使えるね〜☆彡




ヒロさんkakaさんはどて焼の野菜たっぷり炒め。




これもまた美味しかった!
白いごはんがすすむことすすむことo(^-^)o


山くらげ。
こんなに美味しいとは思わなかった!
これはすっかり食わず嫌いだったな〜o(^-^)o



このあたり宴後半。
みんなすっかり出来上がり、いい感じに酔っ払ったkakaさんからやたらズブロッカを勧められてるところかなo(^-^)o



ズブロッカのソーダ割り、この後ストレートでもいただきました(^-^)
ズブロッカって久しぶりに飲んだけど、こんなに美味かったんやね☆彡



ヒロさんもいい感じに酔っ払っておもしろい顔を連発(*≧∪≦)




ヒロさんが落ちたあたりでこの日はお開き。
いっぱい食べていっぱい飲んでいっぱい話して、むっちゃ楽しい二日目の宴でした☆彡




【3日目】

朝から濃いガスに包まれたままだけど、昨夜から降り続いてた雪はもう止んでた。
今回予報ではガッツリ積もる予報だったけど、思ってたほどは積もらなかったな〜(~_~;)


起きてすぐ雷鳥荘まで登ってトイレタイム。
朝一のこの登り返しだけがこの時期の立山テン泊のネックやね〜(~_~;)




朝食を済ませ、早速テントを撤収。
撤収してるうちに陽が射してきた☆彡
やっぱり青空が広がると気持ちがいい(*≧∪≦)



パッキング完了!
食材やアルコールのぶんだけ軽くなってるハズなのに相変わらずザックは重いΣ(꒪ȏ꒪)
これ担いで雷鳥荘まで登るのかと思うと気が重いよ。。。

それにしても嫁の顔の浮腫みが酷い…((´∀`))




雷鳥荘までの登り返しにはスノーシューを履いた。
せっかく持ってきたんだからやっぱ使わんとね((´∀`*))




雷鳥荘まで。
距離はたいしたことないんだけど結構キツいんだよね〜(~_~;)




しかしスノーシューにはヒールリフターが付いてるからめっちゃ登りやすい☆彡
これまでスノーシューではガッツリ積もった後のお手軽パフパフくらいでしか使ったことなかったんだけど、アイゼンみたいにいきなり膝まで埋まるってこともないし、高重量担いでるときにも使えるね〜((´∀`))




予想してたよりむっちゃいいペースで登ってこれた!
しかもスノーシューのおかげであまり疲れとらんし( ⁼̴̶̤̀ω⁼̴̶̤́ )




空に向かって登っていく感じ☆彡
気持ちいいわ〜(*≧∪≦)





さぁ雷鳥荘に着いた!
階段もいい感じに雪に埋まっててスノーシューでも歩きやすい☆彡




雷鳥荘でトイレを借り、ヒロさんのガイド友達の方々に挨拶を済ませてみくりが池温泉へ。
カラフルなウェアのスキーツアーの団体とすれ違ったo(^-^)o
この人数いると壮観やね〜☆彡




みくりが池温泉では以前食べて美味しかった記憶のある、「閻魔様のホットピザ」をみんなでいただくo(^-^)o



ソースはこの三種類。



まずは緑のハラペーニョソースから。
かなり酸っぱいからボクは微妙に苦手。。。




黄色のカレーソース。
ボク的にはコレが一番好きかな〜(*≧∪≦)




ラストは赤のホットチリソース。
これはかなり辛い!
辛くていいんだけど、これも微妙に酸っぱくて、ボクはどっちかといえばカレーソースがいいかな〜(~_~;)




チリソースを食べたヒロさんo(^-^)o
ホント表情豊かだよね〜☆彡




これも同じく前回食べて美味しかったレアチーズケーキ☆彡
なんか嫁が言うには前回より酸味が強いらしい!
手作りだからそのときどきによって微妙に味も違うんだろうね〜。
ってかそんな味の違いよく覚えてるな!
ボクにはさっぱりわからんかったわ。



外に出てびっくり!
みくりが池が凍結してる☆彡
来たときは水面に逆さ立山が綺麗に映ってたのに。




昨日今日の冷え込みだけで、つまりたった二日間でこのデカい池が凍っちゃうんだね〜☆彡




室堂到着。
室堂周辺は観光客だらけ!
あちこちで中国語や韓国語とおぼしき言葉が響きわたってる。
あっちの人ってファッションが独特だから、結構見た目は似てるのにすぐわかるのねo(^-^)o




雪は降ってるもののバスは定時に出発。



立山・劔方面へ来たときにはおなじみの立山サンダーバードへ立ち寄り…((´∀`))





今回は「富山ブラックサイダー」と「金沢カレーコーラ」という、これまたパンチの効いたドリンクをチョイス☆彡
いつもながら、ホント楽しませてくれるコンビニですo(^-^)o


ヒロさん、kakaさん、今回は3日間ありがとうございましたo(^-^)o
次はもう年末ですね〜☆彡
ギャラリー
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡
  • 赤岳西壁主稜☆彡