四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡


【次郎笈から快晴の剣山☆彡】






5月最後のこのお休みは、当初八ヶ岳へツクモグサを見に行く予定だったんだけど…


月曜日は本州を低気圧が通過して全国的にどこも天気が芳しくなく…(~_~;)

八ヶ岳にしてもアルプスにしてもうちから見て東側のエリアは、天候の回復が遅く火曜日も微妙な天気ばかり。


せっかくのお休み、どこかよさげなところはないか?っていろいろ考えてみたところ、ふと思いついたのが四国の山☆彡

四国の山ってうちからだと片道400kmくらいあって、これまでも行きたかったけどなかなか足が向かなかったエリア。

帰りに渋滞してる可能性の高い大阪の市街を抜けなきゃいけない!ってのもなかなか足が向かなかった理由かな。

そんな四国の山、こないだ竜ヶ岳行って笹原のイメージがボクの頭の中に残ってたからなのか、ひとたび思いついてしまったらもう行きたくてしょうがなくなってしまった!


てなわけで、行ってきました〜剣山☆彡




深夜1時に自宅を出発。
ナビの表示ではうちからこの登山口の見ノ越までは425kmもある(~_~;)
途中休憩や軽い仮眠はとったものの、うちから7時間以上かかったよΣ(꒪ȏ꒪)
やっぱ四国は遠いわぁ………

9:15、駐車場を出発。




剣山神社の鳥居をくぐり石段を登って登山口へ。
平日だけどぼちぼち登山者は多い。
平日でこれだとこの山は休日は人でごった返すんだろうな〜(~_~;)




登山口には竹の杖が立てかけてあった。
これは借りてもいいらしい。
上ではこれ突いてる人がいっぱいいたね。



同じ笹原の山ってことでイメージが被るからか、先日の竜ヶ岳みたいにここも蒸し暑いんじゃないか?って警戒してたんだけど…
むっちゃ涼しいやん(*≧∪≦)

よくよく考えてみれば竜ヶ岳の標高は1000mちょい、剣山は2000m弱と標高も違うし、そもそも登り出しの標高がまったく違う!
涼しくて当然だよね〜(^^;;




登山リフトの下をくぐる。




新緑の木漏れ日が気持ちいい☆彡
涼しいしこの時期の四国の山はいいかもね〜(^^;;




ナンテンショウがいっぱい生えてた。
細かい種類まではちょっとわからん。
この登山道だけでも何種類か違うのが生えてた。




樹林帯を抜け、リフトの山頂駅が見えてきた。
さすがに陽射しが直に当たるとかなり暑い!




9:45、山頂駅。
ここからはいくつかルートが分かれる。
ここから次郎笈へダイレクトに向かうルートは現在通行止。
この鳥居のところから上がるのがいちばんオーソドックスなルートらしい。




まぁボクらは(ボクが)天邪鬼なので、他の登山者がみな鳥居から上がるのを尻目に山頂へダイレクトに上がれる尾根ルートを選んだ。
これが山頂までいちばん早く上がれるしね(^^;;




なんかどっかの庭園みたいやな☆彡




そこかしこにある立ち枯れの木がまたいい味を出してる。




登山道に巨大なミミズが這い出してた!
30cm以上あったかなぁ…
こんなデカいの久しぶりに見たよ(^^;;
昨日雨だったから出てきたんだろうか?




こっちのルートは多少急だって情報だったけど、さして急登も現れることもなく…



あっという間に頂上ヒュッテに着いてしまった!
ここまではホントにハイキングやね…(^^;;




頂上ヒュッテで冷たい飲み物を購入。
ヒュッテの本棚を覗いて読書しながらのんびりくつろぐ。
山小屋では必ず本棚を覗くことにしてるんだけど、こういう山での読書の時間もなんかちょっと贅沢でやめられんな〜(*≧∪≦)




頂上ヒュッテの本棚を見てたら、なんと最近ボクのお気に入りの本田亮さんの本が2冊も置いてあった!
山小屋で本田さんの本見つけたのなんて初めてじゃねえかなぁ…
しかもサイン本やし(^^;;

いまスカパーで本田さんが出てるアウトドアバトル番組「アウトドアロックンロール」って番組をやってるんだけど、これがまぁいい感じに肩の力が抜けた番組でおもしろいんだよね〜(*≧∪≦)
ある意味「水曜どうでしょう」に通じるものがある、いい大人が大真面目にバカなことやってるとこが見てて実に気持ちいい☆彡
ボクもこんな50代になりたいよ(^^;;
さすがにこの本をのんびり読んでるわけにもいかないのでここでは触りしか読んでないけど、帰宅後ソッコーamazonでポチッたことは言うまでもない!




頂上ヒュッテを出て山頂へと向かう。
ヒュッテから先の山頂部の道は木道になってるんやね。




ホントいい天気やわ〜☆彡
おかげでガッツリ日焼けしちゃったよ(^^;;




山頂はたくさんの人で賑わってた。
まぁ長居することもなく、ボクらはそのまま次郎笈に向かうことにする。




剣山からの次郎笈、山体全体がほぼ笹原で剣山以上に四国の山を感じさせる山だな〜☆彡




鞍部まで降りてきた。
結構長い下りやったな…
今日はピストンやからこれ登り返さなきゃいけない、って思うとちょっとげんなりするね。
別に登るのが嫌、ってわけじゃないんだよ!一回通ったところを登り返すってのが好きじゃないってだけ…




次郎笈を登っていく。
笹原の山だけど、ここは雨が降ってもドロドロになるような登山道じゃなさそうやね。
竜ヶ岳は雨降ったらドロドロっぽかったよな〜(~_~;)




もうすぐ次郎笈峠。



次郎笈峠に着いた。
このあたりから虫がすごくなってきた!
剣山にはほとんどいなかったのになんでこっちにはこんなにおるんやろ?




まとわりつく虫を払いのけながら次郎笈へ登っていく。




11:15、次郎笈。
もう虫だらけでのんびりしていられないΣ(꒪ȏ꒪)
写真だけ撮ってさっさと剣山へ戻ることにした。




三嶺方面の稜線。
今回は行けなかったけど、いつかこちらも歩いてみたいなぁ☆彡




次郎笈からの剣山。
剣山は次郎笈よりも山腹に樹木が多いね。




剣山はここからのアングルがいちばんかっこいいかな〜☆彡



気持ちいい笹原の道を歩いていく☆彡





11:50、剣山まで戻ってきた。
登り返しはまぁそこそこキツかったね(~_~;)




剣山山頂は虫もいないし、天気もいいので木道のベンチでしばらく日向ぼっこ☆彡
あっという間に登り返しで濡れた服も乾いてしまった。




12:20、下山開始。


下山はさっき登りでは使わなかった緩い方のルートで下る。




じきにリフトの山頂駅が見えてきた。



12:50、リフト山頂駅。



山頂駅にあった看板に「キレンゲショウマ」なる植物の写真が。
このエリアの固有の植物なのかな?
次はこれが咲いてるときにまた来たいね〜☆彡




下山途中で見つけた甲虫。
ちっちゃいんだけど頭部にミヤマクワガタみたいな角状の突起がついてるんだよね〜。
クワガタではなさそうなんだけど、なんて虫だろう?
最近山で虫見つけるのがすごく楽しいんだよね〜(*≧∪≦)




13:20、登山口到着。


うちから片道425km、夜通しの運転でかなりの寝不足だったにもかかわらず今日は体調もよく、快晴のもと気持ちよく登ることができた☆彡
今回は時間が取れず日帰りピストンになっちゃったけど、次回は三嶺までのんびり縦走してみたいなぁ(^^;;

しかし四国弾丸日帰りはさすがにもうないかな(~_~;)
帰りはやっぱりかなり眠くて、おまけに名神の集中工事と重なるわで渋滞に巻き込まれるわで、いったい何回仮眠とったことか…Σ(꒪ȏ꒪)
せっかく四国くんだりまで行くなら、アクセスはのんびり行きたいね〜☆彡









シロヤシオの竜ヶ岳へ☆彡



【竜ヶ岳の羊の群れ☆彡】



FBのニュースフィードをチェックしてたら、好日山荘?だかのページに竜ヶ岳の記事が載ってて…

今年はシロヤシオが当たり年だって( ⁼̴̶̤̀ω⁼̴̶̤́ )

先週の火曜日、ちょうど天気よさげやし、鈴鹿の山って御在所以外行ったことないしでこれは行っとくか?ってことになったんだけど…
先週は日曜日に仕事で大事なイベントレッスンがあり、火曜日はそれに向けての準備や練習をしなければならず流れてしまった。
そんなわけで今週の火曜日に行くことになったんだけど、結果的にはシロヤシオのいちばんいい時期を一週外してしまったかな〜。





9:45、宇賀渓キャンプ場の駐車場を出発。



しばらくは林道を歩く。
もう低山は蒸し暑いね〜Σ(꒪ȏ꒪)




林道を歩くこと10分ほど…
今日の登りのルート、遠足尾根コースへの登山口に到着。




遠足尾根コースの登り出し、しばらくはかなり急こう配の登りが続く。
この区間は杉の植林地かな。
きれいに間伐されてよく手入れされている。




最初の急こう配が終わるとちょっと岩場も現れるけど…



またすぐに急こう配の登りが続く。
このあたりから植林地から雑木林に変わった。
この樹林帯はまた風がないので滝のように汗が吹き出してくるΣ(꒪ȏ꒪)
そろそろ低山登るのがキツい季節になってきたかなぁ…
この急こう配を登り切ると…




遠足尾根の尾根筋に出た(^^;;
まだ樹林帯だけど少し風が抜ける。




雑木林のトンネルを歩く。
木漏れ日が心地よい(^^;;




ここからは緩やかなアップダウンが続く穏やかな道。



名前の通り「遠足尾根」って感じやね(^^;;




ヤバそうなところにはロープが張ってあり、鈴鹿の山はよく整備されてるね〜。




笹原に出た!
四国の山みたいでこれは気持ちいい☆彡
ここまで風も眺望もない樹林帯の中を歩いてきたから、この、開放感はたまらんね〜(*≧д≦)




鈴鹿の山って1000mくらいしかない低山だけど、霊仙山にしても山頂付近が開けてる山が多い印象。
うちの地元の山(能郷白山・冠山・平家岳etc)はバリバリ薮山で眺望に乏しいってイメージだから、同じ低山でも地域によってはこうも違うんやね〜(^^;;
鈴鹿の山は今年はまだまだあちこち登ることになりそうかな〜☆彡





笹原の稜線を歩いてると、今回お目あてのシロヤシオがぼちぼち現れてきた。




日向のはほとんどしなびちゃってかなり散っちゃってて残念な感じになってるけど、日陰のはまだなんとかきれいに咲いてるのが残ってた☆彡




先週やったらもっといい感じに咲いてたんだろうな〜。
来年はしっかり時期を狙ってまた来るかな(^^;;




とりあえずきれいなシロヤシオも見ることができたし、山頂へ向かうことにする。
このシロヤシオ群落からの竜ヶ岳はとても1000mそこそこしかない山には見えんね!




笹原の登山道。
これは雨が降るとドロドロになるタイプの土だΣ(꒪ȏ꒪)
ここ最近晴れててよかったよ。




だんだん山頂が近づいてきた(^^;;




羊の群れも見えてきた。
この角度だとまだ微妙に疎らかな。




山頂への最後の登り。
傾斜はたいしたことないけど直登になるからわりとキツいΣ(꒪ȏ꒪)
最後にガッツリ汗をかかされた…




11:30、竜ヶ岳山頂☆彡
山頂は人で賑わってた。
平日でこんなならシロヤシオの時期の土日だとすごいんだろうね。



嫁がジムのお友達からいただいた甘夏ピールを使って作ったマクロビクッキー。




天気もいいので山頂でのんびり。
山頂でこんなに長い時間過ごしたのっていつ以来だろう?
1時間ものんびり日向ぼっこしちゃった(^^;;




山頂はそこそこ風も吹いてたので、汗で濡れたシャツもいい感じに乾いてスッキリ☆彡
ぼちぼち下山にとりかかる。




下山は中道ルートで下ったんだけど、こちらからだと対岸になるので羊の群れもより際立って見える(^^;;
これはやっぱり時期を合わせてまた来たいなぁ☆彡




中道ルートはなかなか急こう配の下りで一気に高度を下げる。
沢筋まで出るとそのまま沢沿いを下っていく。




鈴鹿といえば山ヒルがいる山域だから、沢筋を歩くってなるとやっぱりちょっと気になるね。




三箇所くらい渡渉があり…




かわいいコガネムシを見つけた!
ボクが捕まえると急に硬直し、お尻をぐっと持ち上げたカタチで固まってしまった。
これって死んだふりしてるんだろうか?





沢沿いに花だか実だかが垂れ下がってる木がいっぱいあった。



なんか藤の花みたいな感じだけど、これなんて植物なんだろう?




沢の水量も徐々に増えてきた。
こんな渓相見てしまうと釣りがしたくなってしまうなぁ☆彡




駐車場への分岐に到着。
このあたりがちょっと道が変わったみたいで迷いやすいって話だったけど、なんてことはなく見つけられた。




ここからは沢筋を離れて雑木林の中を歩く。



途中、大きな滝が現れた。



何段にもなっている滝で…



五階滝っていうらしい。




再び沢筋まで戻ってくると前方からデカいテレビカメラを担いだグループがやってきた。
三重テレビのクルーで、先頭の人がガイドさん、最後尾の若い女の子がタレントさんみたいだった。




コアジサイ。
いっぱい咲いてた☆彡




これはなんて花だろう?
これもいっぱい咲いてた。
竜ヶ岳は花の名山として有名みたいだけど、花の時期になるともっとすごいんだろうね〜(^^;;




切り株にバウムクーヘンみたいに苔が(^^;;
真ん中に苔が生えないのはなんか意味があるんだろうね!
なんで真ん中は生えないんだろう?


14:20、駐車場到着。
竜ヶ岳は1000mちょっとの低山だけど、上は笹原の低山とは思えない気持ちのいい山でした☆彡
ここは季節を変えて登る山になりそうかな〜(^^;;


アイスバイルのプチカスタム☆彡



【アイスバイルのグリップレストに滑り止めを付けてみた】




3月に行った裏同心アイス。
そのときCACのニッシーとも一緒に登ったんだけど、登攀後、彼がザックに付けてたクォークになんか細工がしてあるのに気付いた。


そのときの写真がこれ!
グリップレストに黒いボルトが打ち込んである。

ボクもまえからペツルノミックみたいな、グリップレストのとこに金属製の滑り止めが付いてたらな〜って思ってたので、「コレはいいな!」ってことでニッシーからいろいろ聞いてみた(^^;;

ニッシーもボクと同じことを考えてたみたいで、ホームセンターなんかで売ってる長靴の滑り止め用のボルトをバイルに流用したんだって。

おぉ、コレは使えるやん☆彡



ってなわけで、ボクもホムセン行ってよさげなボルトがないか探してみたんだけど、これがボクがまわったホムセンには長靴用のボルトは置いてなくて。

それじゃあ通常のボルトでネジ山部分の短いやつ(5mmくらい)がないか探してみたんだけど、これまた微妙に長いやつ(10mmとか)しか見つからない。

数軒ホムセンまわってみたんだけど、まぁよさげなのは見つけられず(꒪ȏ꒪;)

見つからないものはしょうがない、まぁ気長に、使えそうなやつがないかそれとなしにそれらしい売り場では気にするぐらいにしとこうか、ってなかば諦めてはいたんだけど…


こないだスポーツ用品店で買い物してるときに「コレは使えるんじゃないか?」ってのを見つけた☆彡


それがコレ。
陸上競技用スパイクの短距離用取替スパイクピン。





いろんなサイズがあるんだけど、ボクは7mmのを使用。
ネジ山の長さは探してたのよりはちょっと長いけど、これくらいなら許容範囲。
そんなわけで早速クォークとバイパーに取り付けてみた(^^;;




まずはクォーク。



打ち込む位置に5mmのドリルで穴を開け…




ピンをねじ込んでいく。
まずは一本。




あわせて更に二箇所打ち込む。




いい感じになった(^^;;




続いてバイパー。




こっちは根元部分が細いので二箇所にした。




新型の方のバイパー。




こっちは三箇所でもいけたんだけど、旧型の方を二箇所でやったのでこっちも二箇所にしといた。


なんか、道具が自分仕様になるってのは嬉しいもんです(*≧∪≦)
来季バイルを使うのが楽しみになってきた☆彡






《追記》
bp-hiroさんからのコメントにもあるとおり、このカスタムをするとメーカーが本来計算した打ち込み角度が変化する可能性があります。
ピックの掛かりが浅くなり安全面で問題があるかもしれませんので、真似してやってみようとお考えの方は自己責任でお願いします。
ギャラリー
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡
  • 四国の山に初上陸・笹原の剣山*次郎笈☆彡