産業ロック、AOR、ポップス系のレア盤

2018年12月12日

デヴィッド・ハリディ/ロック・アンド・ハート今回も前回に引き続きデヴィッド・ハリディの

 デヴィッド・ハリディ/ロック・アンド・ハート


を紹介しようと思います。このアルバムは2ndアルバムで1991年にポニーキャニオンよりリリースされています。1stアルバムよりも楽曲も練られて、自身のVoも確実に成長の跡が見て取れる作品です。シングルの"Ooh La La"はヒットしたそうですが、残念ながら日本ではすでに一過性の存在となり売れなかったのでしょうか、彼の作品の中ではプレスは一番少ない気がします。(廃盤ソルジャー)

David Hallyday - OOH LA LA


DAVID HALLYDAY - Change Of Heart


David Hallyday- About you


haibansoldier at 00:46コメント(0)

2018年12月04日

デヴィッド・ハリディ/ユア・パワー・オブ・ラヴ今回も前回に引き続きデヴィッド・ハリディの

 デヴィッド・ハリディ/ユア・パワー・オブ・ラヴ


を紹介しようと思います。このアルバムはスペシャルアルバムで1989年にポニーキャニオンよりリリースされています。1stアルバム「トゥルー・クール」に"Your Power of Love"と"Don't Stop the Feeling"の2曲を追加収録して再発売された特別編集盤。前者はアサヒスーパードライのタイアップ曲で、もしかしたら聴き憶えのある方もいるのではないでしょうか。プレスはそこそこされていて、デヴィッド・ハリディのアルバムの中では最も入手し易いアルバムです。(廃盤ソルジャー)

haibansoldier at 23:37コメント(4)

2018年11月29日

デヴィッド・ハリディ/トゥルー・クール今回はフランス人シンガーソングライター

 デヴィッド・ハリディ/トゥルー・クール


を紹介しようと思います。このアルバムは1988年発表の1stアルバムでポニーキャニオンよりリリースされています。現在も活動中(らしい)のシンガーソングライターのデビューアルバム。ライナーを読むと製作陣はあのスタン・ブッシュ&バラージと同じで、gもダン・ハフがサポートしている、というとその手のマニアにとって期待しますが、打ち込み系&レイドバック気味のアメリカンポップロックといった感じです。特に突出した曲も無く、クレジット的にはもう少しエッジの効いたハードポップ調の曲を聴きたかったなあ、と聴いた後にもどかしさの残るアルバムです。(廃盤ソルジャー)

David Hallyday - High


david hallyday - listening


haibansoldier at 00:02コメント(0)

2018年08月08日

ジョン・ファーナム/ウィスパリング・ジャック今回は元L.R.Bジョン・ファーナムの

 ジョン・ファーナム/ウィスパリング・ジャック


を紹介しようと思います。このアルバムは1986年発表のソロアルバムで国内盤CDはRCAより1987年にリリースされています。リトル・リバー・バンド脱退後初のソロアルバム。前所属バンドに比べ、デジタルサウンドを効果的に入れつつアリーナロックとしても受けの良さそうな楽曲や、爽やかで落ち着きのあるAOR風の音色が聴けるミッドテンポ中心でかつ好内容なアルバムです。徐々に盛り上がっていく"Reasonsは"特に好き。ヒット曲の"You're the Voice"はデヴィッド・フォスターはじめ多くの人にカヴァーされています。(廃盤ソルジャー)

John Farnham - Pressure Down


John Farnham - You're the Voice


John Farnham - Reasons (High Quality)


haibansoldier at 12:07コメント(0)

2018年07月25日

リトル・リバー・バンド/非情のゲーム今回はリトル・リバー・バンドの

 リトル・リバー・バンド/非情のゲーム


を紹介しようと思います。このアルバムは1985年発表の7thアルバムで東芝EMIよりデカ帯仕様でリリースされています。70年代から活動しているオーストラリアのロックバンド。6作目にあたる前作からバンドの顔にジョン・ファーナム(Vo)を迎え入れポップ化、本作ではシンセもふんだんに取り入れられコミカルでキャッチーな楽曲の数々、緻密に作りこまれた産業ロックサウンドが楽しめる名盤に仕上がっている。ファーナムの情感込みの澄んだ歌唱が素晴らしい。残念ながら日本での知名度の低さゆえ国内盤は未だ再発されていませんし、プレスも相当少ないうえ帯付き美品を探すとなるとかなり難しいです。リトル・リバー・バンドは初回帯付きで全て揃えるとなると指折りの難関アーティストになるので、都度入手したらまた紹介致します。(廃盤ソルジャー)

Little River Band - Playing To Win


haibansoldier at 02:54コメント(0)
今までの訪問者数です
紹介済アルバム検索
カテゴリー別に見る
最近戴いたコメントです!