2012年03月06日

連続リフォームドラマ 「ぬくもりを求めて」 パート1(断熱編)

連続リフォームドラマ


「ぬくもりを求めて」

パート1(断熱編)

Y邸リフォームプロジェクト


主演 Y夫妻

助演 大工 T川さん
   設備 K泉さん
   電気 K島さん
   タイル、左官 K田さん
   塗装 I草さん
   畳 K宮さん
   建具 Y島さん

AD S-NISIKAWA 
  D-HIRAMOTO

総合プロデューサー
温熱のマジシャンこと、N-HORIMOTO



プロローグ

それは、東日本大震災から半年ぐらい過ぎた頃でした。

OBのY様より電話でリフォームを考えているとの事でお伺いする事になりました。

やはり、震災の影響で耐震対策をメインに築約25年のマイフォームに大規模にメスを入れたいとの事でした。

そこで、以前トイレの改修でいい印象だった「ロッキー」に連絡が来ました。

早速、リフォーム前に現在、どの程度この家が地震に耐えられるかの調査です。

新築時の図面をいただいて、天井裏、床下の調査です。


DSCN8434



これが天井裏、筋交い確認OK
続いて床下

DSCN8457



筋交い確認OK

ん?何かおかしいぞ??


床下断熱材が入っていない(>_<)

ご主人からリビングが底冷えして何とかしたいとのリクエストも聞いていたので原因がこれだとわかりました。

耐震調査終了!(^^)!

結果は・・・・・・。


今回の耐震診断結果

概要 昭和56年以降の公庫基準住宅なのでおおむね良好
図面とほぼ同じ位置に筋交い確認(大工さんがサボってなかった)
ただし、屋根が重い瓦が載っているのと、リビングの開口が大きいので壁の
バランスが崩れているので補正が必要でした。
屋根は外観上あまりいじりたくは無いとの事で今回は内部からの耐震補強で対応しました。
主演兼、スポンサーのYさんにこれらを踏まえて台本(プラン)と制作費の提示です。ドキドキ(^_^.)
今回のプランの要点は

  1. 耐震をメインにリフォーム
  2. 断熱も考える
  3. その上で設備の改修、レイアウトの変更


1の内容は内部より構造用合板で耐震補強
2の内容は床、壁、天井の断熱強化、窓の改修(LDKメイン)
3の内容は通常のロッキーリフォーム

   
キッチン パナSクラス  浴室 INAX ラバス
 

IHヒーター、200V切り替え工事、給湯器交換工事がありましたのでこの際エコキュートも入れてオール電化にすることをお勧めしました。

総制作費 ○○○万円(詳しくはスタッフに)

スポンサーさんとの協議も終えてクランクイン決定したのが年末で
正月をまたいでの製作はあまりよろしく無いので年明け工事になりました。

着工日1/10は仏滅ですので、1/5にお清め、着工式を会社の新年会の前に執り行いました(^^♪

年末にY様が荷物をがんばって処分していただきました(お疲れ様でした)

まずはリビングの解体

床壁天井を解体ところかび臭い事が印象的でした。奥さんも気にされていました。



そして、耐震工事です。
解体写真(壁には一応50ミリ断熱材が入っていました)

clip_image002



ちなみに床にはフクフォーム2型を敷き詰めました。

続いて金物取り付け


DSCN9078



柱と梁、筋交いを金物で補強です。

後から見えなくなる部分は写真で記録です。(^^♪

それから断熱材入れ

clip_image003


ロックウール100ミリ相当これで壁からの冷気を強力にブロック♪
そのあとに構造用合板を張って耐震工事終了。



続いて、窓の改修たくさんあるのでリビングの窓に限定します。


clip_image005



2間のランマ付窓(もちろん単板ガラス)

ご主人の意向で16522のシャッター付窓2枚に変更
(使用したのはアルプラK4もちろんペアガラス♪)

これで冷気と滝のような結露を防いでくれーーーー。

最近気になるのは通常のペアガラスのサッシにしてもアルミ部分が結露する残念な結果になることで最近はアルプラにしています。

clip_image006


clip_image007


ランマも無くなり大きな窓2枚になり室内明るい感じになりました♪

あと3箇所にインプラスの設置

当初は単板で見ていました。

しかし、社長のお客様のI野さまの事例を聞いて急遽ペアに変更しました。

他のところを断熱したのにこの窓から熱が逃げるが嫌でしたので・・・。



施工前の写真

clip_image008




そしてペアのインプラス設置です。

clip_image009


これで結露と冷気からさよならです。




エピローグ


助演のT川、K泉、ADのnisikawa君に感想を聞くと
工事中から断熱効果がわかるとの事でした。

この断熱工事でお客様に感想を聞いたところ
朝一、リビングの温度が変わった

他の場所は外気に近い温度(又野周辺は4度ぐらい)だけど
リビングだけは10度近いとの事です。

日中晴天時は暖房が要らないとの事
悪天候時でもファンヒーターの設定温度を去年より2度近く下げても快適との事。


大成功の予感♪♪♪

しかしあのアルプラK4をもってしても又野の朝は薄っすら結露するとの事でした。
お客様はあまり気にはされていませんでしたけど・・・・。

恐るべし、今年の寒波(>_<)

そして、お客様に今回のリフォームで良かったなと思うことを聞いてみますと。

「設備が充実したことと、リビングがあったかくなった事」と答えられました。
今回の工事全般ですが、工事に対してお客様のご協力があって無事成し遂げることが出来ました。

一番暖かかったのはお客様の心でした(#^.^#)







reform_rockey at 16:35コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月02日

毛利台団地の再生リフォーム

はじまり

はじまり







それは、石橋ホーム資材の相談役からの依頼でした。厚木の毛利台に中古の物件があるのだけど再生してくれないか?相談役の話では私は、これまで約100件ほどの新築を携わっていたので私に白羽の矢を当てたみたいです。



現場調査


そこで実際どんな所なのか見に行くことにしました。
行ってみたら、びっくり!人は住んでなくてかなり荒れた状況でした。
新築経験者としては、これは全部壊してやり直したほうがいいのでは?という言葉が出てきそうにもなりました。
でも、今回の予算等を考えるとそういうことも出来ない。
それは、困った・・・。
今回の再生プロジェクトのテーマは、構造的に優良な物件を低予算でいかに現代生活に合うようにアレンジできるか?という内容でした。
今の日本にはこの様な物件がたくさんあり、そのほとんどが有効に活用されられないままでいる現状にあるとの事です。




既存キッチン
既存リビング








現場の状況


困った。困った。
なんとかしなくちゃ・・・。




プラン作成


今回の現調(現場調査の事)でまず手をつけなくてはいけないと思ったのは床、壁、天井、の仕上げ材のやり替えとキッチン、浴室、洗面の入れ替えを会社に提案しました。



予算の壁

ここで問題になってくるのが予算の壁でした、皆さんご自宅をリフォームされる時にもあると思うのですが、全てを新しくすることはいい事かも知れませんが、予算の都合上必要に迫られてる所に重点を置くことになりました。



低予算で充実したリフォーム・・・・。


1. 重点を絞ったプラン

2.テーマを持ったリフォーム


と、言うことで、今回のテーマは、家族が心地よく暮らせる、リビングダイニングキッチン。

ダイニング







という事で、今回の工事で、思い切ってキッチンのとなりの部屋をつぶしてかなり広いLDK空間を作ることにしました。
これにより、薄暗く孤立していたキッチンが開放的に生まれ変わり、お母さんが家族を見守りながら家事が出来る、空間が出来ました、そして、心地よい風と柔らな光に包まれた空間での家族団らんが生まれるような感じのプランになりました。
そして、そのキッチンの中心に来るのはヤマハさんのアイランドキッチン。ヤマハさんのキッチンを選んだ理由は、ヤマハさんの製品のテーマがリゾートチックな感じでお客様が来てもちゃんと主張でき、家族の中心になるようなキッチンと思ったら、コストパフォーマンスも考えてヤマハさんのベリーというシリーズになりました。特徴は人口大理石カウンターで汚れたら磨けばまた新しい層が出てきていつまでもきれいなカウンターが保てるという凄いキッチンでそれにほれ込みました。
あと、ヤマハさんのショールームも近いとの事で今回は洗面もヤマハさんの商品にしてコラボレーションすることにしました。


よしっ!











間取りの図面ビフォアー(左)とアフター(右)です。

ビフォアー
アフター














工事


さて、工事が始まりました、ここからは、淡々と進めなきゃいけません、解体からはじまり、大工さん、電気屋さん、水道屋さん、クロス屋さん、、、たくさんの職人さんが入りました。
通常のリフォームと違う所は人が住んでいないので、工事がスムーズに進むと言うことです。
詳しくは後日の施工編で。お楽しみに!
無事完成してオープンハウス出来る事になりました。
同じ団地の人たちがたくさん見えられて、こんなに変わるんだ? びっくり! と言われるのが嬉しかったです。
リフォームはただきれいにするのではなく、住まい方も提案で来るよなロッキーでありたいと思いました。



かんぱい!









おしまい。

rockey_story at 17:08コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月22日

暖炉のある家

はじまり
2003年3月5日にお施主様は奥様ひとりでショウルームに来店されました。キッチン、リビング、洗面所を改装されたいとおっしゃったので名刺をわたしたところ、写真の吹き出しの「アイデアの宝庫」と書いてあるのを見て、「いいじゃん!!」とおっしゃいました。

岡 名刺 ← すいませんだいぶ見づらいですが、名刺です。右上角に「アイデアの宝庫」を書いてあります。








出会い
そして見積り依頼を受けました。
3月7日に私が現場を調べに行きました。
高台のお宅の玄関アプローチに美しく飾られた花々、室内に入ればリビングには一枚板のテーブル、台所は独立型のシステムキッチン、整理された小物収納や一見ではそれとは見えないダストBOX。。。。
お花




 「何処が使い勝手が悪いのかしら?」。。。とお聞きしましたところ、
ご主人とご長男の帰宅が遅いので、一人台所で食事を作っていると寂しい、壁が邪魔で圧迫感があるので嫌だわ。今のシステムキッチンを移設して、何とかできないかしら。。。。。?
そこで、私たちは考えました。












コンセプト
 三人家族がそれぞれ自分の好みの時間を愉しんでいても、リビングやキッチンにいても、どこからも家族の顔が見え、会話ができる家。家の中心は対面式キッチン。常に家族を感じる家... 奥様に話しました。


コンセプト














プランニング
パート機文積提出:1回目 3/18、2回目 3/24)
現在の左シンクキッチンを使って、東側に移設すると小窓の前にガス調理機器がきて、油が飛び散ったり、風でガスが消えるマイナス面があり、リビング側に対面式にするとガス調理器の排気がキッチンの真中になるマイナス面もあり、使い勝手がどちらも良くないので、、、、まだまだ使えるキッチンですが調理してストレスになる空間であってはなりません。


しゃもじ









プランニング
パート供文積提出:3回目 5/30)

Clean
コンロ、フード、シンク。お掃除の手間がかからない、汚れにくい形状。

Smooth
引き出しや、棚、隅々まで出し入れしやすくすっきり片付くシステム。

Enjoy
キッチン空間、居心地の良さを実感できる、豊かなデザイン。


上記のような「すすむ!キッチン」を提案しました。
それは、L型のTOTOスーパーレガセスで南側、リビングに対面式にすると、現況のサッシのところに壁を造作して、現況の窓に窓枠を取り付け、明かりを取る。リビング側にカウンターを取り付け、忙しい朝でも食事、会話を楽しめるようにする。
扉の色、カウンターの色、キッチンの高さ、吊戸棚の高さ、シンクの種類、食器洗い乾燥機や電動昇降式食器乾燥機が必要かどうか?
TOTOのショウルーム(相模原)で体験していただくことになりました。


また、キッチンとリビングの壁を取り外した時に現況の柱を抜き天井の上部に梁をいれて補強することができますと提案しました。


数週間後、「ショウルームで確認したわ」と来店されました。扉色は大好きなオパールグリーン、電動昇降式食器乾燥機、ガス調理器の左側は300mmの箱を入れて、回転棚のあるL型キッチン。柱は抜かずに壁として利用することになりました。


これで改めて見積を提出することになりました。



再々々見積提出
プランニングや仕様を確認していただき、そのプランに納得していただいてから契約になります。

After
After















Before
Before













ロッキーにお任せください!!! 契約:6月13日


着工
リビングとキッチンの圧迫感のある壁、キッチン撤去、流し前のタイル、天井などから解体が始まりました。壁がはずされた瞬間からキッチンが明るく広々となりました。


ハプニング
キッチンの配管が始まりました。いよいよ2,3日後に奥様のご希望の充実機能を満載した使い勝手の良いキッチンが取り付けできるわ!と思っていたところ、、、、、、

夜遅くお施主様から「水漏れしている、それから床に穴をあけ、謝りもせず」職人が帰ってしまったとお叱りのお電話をいただきました。

おいかり

しらべたところ、L型の配管の位置を見間違えて反対側の床に給水、給湯、排水の穴を(大切に吟味して選ばれた)床材に大穴をあけてしまったのです。

大工さんが遅くまで工事をしていたので水は止めてくれました。

大工さんありがとう。お施主様申し訳ありません。

さくら材:ロッキーショールーム自然素材コーナーで体験できます。



フロアー








Kitchen

はかり

奥様が待ち望んでいられた、オパールグリーンの美しく、優しく、軽やかに、より強い、いつまでも、いつまでも気持ちよく付き合えるシステムキッチンが入りました。またキッチンの前には楽しく華やかにタイルで色をそろえました。

タイル





また、リビング側へはカウンターを設置し、カウンター右下の部分に奥様お持ちの雑誌から暖炉をチョイス。

暖炉に2丁掛けのタイルを貼りました。

暖炉の上の壁にも同じタイルを奥様と一緒に割付をしながら貼りました。

お施主様の夢がひとつ叶いました。
とっても、とっても素敵な空間の完成です。

本当は、暖炉でないんです。暖炉風で温風ヒータを入れご使用されます。



キッチン


























キッチンコーナー











Living
リビングに照明付の飾り棚、少し可愛く花などを飾る棚、また洗面所との壁の間にFixの小窓がつきました。

リビング









奥様自慢のギャラリーです。






















暖炉カウンター





















暖炉アップ
















Rooming
洗面所に自由なレイアウト発想を、そして思いのままのイメージをかなえるTOTOフェシリアJシリーズ。間口にあわせて1mmピッチで対応のオーダーカウンター、奥様お気に入りのルミねグリーンの化粧台が入りました。


Rooming





「暗くて狭いので、洗面所入り口扉を撤去してください」といわれました。

「お風呂にはいり着替える時困りませんか?」とお尋ねしたところ。

「家族だけですからはずしてください」とご夫婦そろっていわれました。

結局、玄関ホールから洗面所がオープン!きゃーオープンなファミリーですよね!








洗面オープン






































洗面アップ


















ついに完成!

築10年の浅い家のリフォームでしたが、お施主様のお好みや要望がきちんと決まっていましたので、工事がとってもスムーズにすすみました。

また偶然にも電気屋とお施主様の姉上様とが高校の同級生と言うことがお茶の時間に判明し、故郷の青森の話に花が咲きました。

いつも思うことですが、素敵な出会いに感謝し、リフォームの完成に感動し、ここらか喜んでいただけるように、これからもどんどん温かなリフォームを提案いたします。


暖炉のある家 Last






おしまい。 平成16年9月 ロッキースタッフ一同。









rockey_story at 15:21コメント(0)トラックバック(0) 

若返った家

はじまり

2003年6月4日
以前トイレ工事をしていただいたお施主様からお電話が入りました。

給湯器の調子が悪いとのこと
若返った家 はじめ








出会い
翌6月5日、早速現場を見せていただくことに。メーカーのメンテナンスには、
「次、壊れたらなおせませんよ」といわれてしまったもの。

・・・実は、はじめてみました。流しと並んでついている給湯器。24年間がんばったものです。

若返った家 お古














調査

現場を調べる時は、お客様の口に出さないご希望も引き出しながら、一番無駄のないようにご提案をすることが必要です。

●浴室 → 暗い寒い
  タイル、コーキングにひび、うき、水栓のつけねより怪しい色の水跡が出入り口の段差、、、、


若返った家 蛇口




●洗面所 → 将来手摺がつけられたら、、、、

●台所 → 京壁からボロボロ砂が落ちてくる。すいこみの悪くなった換気扇のせいで、油まみれ。

●外部 → 壁にヒビ、基礎上に水しみの跡(晴天なのに!)、がたがたの戸袋、雨戸、、、、


24年も住むと家からの「S.O.S.」があちこちから聞こえてきます。


コンセプト

「終の住まいになれる家」
段差や暗さ、水漏れなどを解消することにより、安心して暮らせる家に。
それにより気持ちや体を明るく、健康のまま保てたら、、、、


プランニング
2回目でもあり、はじめからご不安な点、ご要望、ご予算など本心をお話し頂けたので、スムーズな打合せができました。


見積提出

第1回(6月23日)第2回(7月7日)を通して細かな部分を決めて、ほぼ決定!!と思いきや、、、、

お客様の知り合いからも「見積させてよ!」とのお声が。

途中で釜が壊れないことを祈りつつ。。。。
お返事を待つのみ。

若返った家 釜







契約 着工
7月23日
「ロッキーさん、秋田さんにお任せします。」総合リフォーム会社のよさをかってくださったお言葉。後悔させないお仕事をさせていただきます。

若返った家 力こぶ


若返った家 お見積







8月18日

資金繰りの相談などをまじえつつ、決意新たにスタート。
まずは、浴室解体から。

基礎上の水しみの原因を当てる「かけ」をご主人としていたのですが、結果は両者あたり。タイル面、水栓の両方から。予想以上の腐食具合で、土台はもちろん柱と窓下の壁一面までも交換することになってしまいました。

若返った家 おやおや

若返った家 あいさつ










9月2日


若返った家 お茶


工事中は、常に人がいること、入浴や食事がままならないこと、、etc.
で、ストレスになる方も多いのですが、そんな中、笑顔をたやさない奥様に職人一同大感激!!!

お手入れかんたん TOTOレガセスLX完成!

若返った家 職人








9月3日

屋内は、通常の生活に戻りつつ、外部工事スタート。足場をたて、軒裏と雨戸一筋の取替え工事の後、外壁塗装をかけます。

軒裏換気口もつけて、家深呼吸!!

若返った家 家深呼吸







9月20日
追加で勝手口、濡れ縁も交換して、本当に見違えるくらいになりました。完成のお祝いにお花をお届けしました。すると、

若返った家 ポーチ






手作りのパッチワークポーチをいただいてしまいました。

若返った家 まぁ







長い工事中、ご不便もあったと思います。ご主人、奥さまには、大変浴していただきました。ありがとうございました。

おしまい。

若返った家 工程表








キッチンの工事前(コンロ周りと、給湯器)と工事後

若返った家 工事後6
若返った家 工事後7
若返った家 工事前5









外壁です。
ちょっとわかりづらいのですが、雨戸が変わっています。
左が工事前で、右が工事後です。
若返った家 工事後4
若返った家 工事前3














軒天換気口を取り付けました。
これで、屋根裏の結露も軽減されます。

左が取り付け前で、右が取付け後です。画像をクリックしてください。

若返った家 工事後5若返った家 工事前4














在来の浴室からユニットバスに交換しました。

若返った家 工事後1若返った家 工事前1











浴室の外の染み出していた壁と解体後の画像です。
若返った家 工事後3若返った家 工事後2















施工後


若返った家 工事前2












あとがき(ロッキーアピール)

今回のように「暮らしやすさ」をメインに考えることもあれば、当ショウルーム内の各コーナーのように「おしゃれ心」を重視する工事も行っています。
もちろん、どちらも経験やアイデアの豊富な私たちアドバイザーがお手伝いいたします。

夢を語ってみてください!夢が漠然としている方は、、、、
ショウルームに遊びきてください。

若返った家 あとがき1若返った家 あとがき2
















rockey_story at 15:09コメント(0)トラックバック(0) 

マンションリフォーム キッチン

はじまり

平成14年1月23日、ロッキーのとなりの絵画教室に、お子様を送迎にこられたついでに、「ちょっとキッチンを、IHコンロ付の流し台に交換したいのですが、、、、」リフォーム部のスタッフは、それぞれお客様のところに出かけていて留守でした。総務部の杉田さんが受付をしてくれました。



出会い


1月25日、加藤がお話を伺いに行きました。大きなマンションが2棟並んだ12階建ての11階にそのお宅はありました。早々にキッチンへ、カウンター付の対面キッチンでした。
奥様より、「まずは、このままの形で下台のみ交換した場合の金額が知りたいわ」とのこと、、、、



マンションリフォーム 姿図












<ご要望>


また、こんなこともおっしゃいました。
「キッチンに収納が足りないの」
「料理ができると、ぐるっと廻って食器棚からお皿を出して、ぐるっと廻って料理を盛り付け、テーブルに運んでいるのよ」と。



マンションリフォーム 要望













1回目見積


1月31日
1回目見積提出。単純に下台のみ交換のA案と、フルにキッチンを交換するB案(いわゆるおせっかい見積)を提出。
マンションリフォーム A案


マンションリフォーム B案








2回目見積

<C案>

前回のB案を具体的にしました。食器洗い機も引き出しタイプに変更。吊戸棚も、大きな梁をよけて、長吊戸棚に変更しました。
このときもお話の中で、
「冷蔵庫の位置を替え、食器棚も台所の中に入れてみましょうか?」ということになりました。


マンションリフォーム C案








3回目見積

3月6日

<D案>やっぱりキッチンは、B案にして、床材はフローリングではなく、現在と同様のカーペットに変更。
このときのお話の中で、
「玄関から買い物してきても、ぐろっとまわらないと台所にいけないね、いっそのこと、廊下から直接入れるように考えて見ましょうか?」ということになりました。


マンションリフォーム D案









4回目見積

 3月26日

<E案> ろうかから台所に直接入れるように1本引建具を取り付けました。キッチンは、収納スペースが多く、配膳スペース、家電スペースもとれる粁鷏燭吠儿垢靴泙靴拭


マンションリフォーム E案








5回目の見積

 6月14日

<F案> E案よりゴミ箱の定位置用にダストBOXワゴンを入れ替えしたり、アイレベルバーをプラスしたりと、より奥様理想のキッチンに近づけていきました。床材は最初の見積どおりフローリングになりました。


<F案>にて契約していただきました。

マンションリフォーム ダストボックス











着工


キッチンを撤去してからお客様に4日間がんばっていただきました。
材料搬入の日、強風を伴う大雨となってしまいました。管理人さんに協力していただき、車をマンションのエントランス前までに進入できるようにしていただきました。
マンションの外壁塗装工事と同時の工事となりました。お客様が、工事中の方が何かと近隣の方への音、人の出入り等便利との配慮からでした。(本当に助かりました)
今回の工事では、、お客様、管理人さん、配送の方々にずいぶん協力していただきました。


マンションリフォーム 工程表








ペットのネコちゃんの手は借りなかったけど、居場所をなくして「ソワソワ」。ごめんなさいね。


マンションリフォーム ねこ








加藤の失敗談


594fcae4.jpg

その1:
台所の天井の照明器具に、調理台上の吊戸棚の扉が当たってしまいました。→ 電気屋さんに照明器具の場所をずらしてもらいました。
「電気屋さん、内装屋さんお手数をおかけしてすいませんでした」




失敗談(その2)


483620f5.jpg

インターホンをTELと共に少しずらすことになっていましたが、このインターホンは、マンション全体の火災報知器に連動していて移設は困難とわかりました。→ お客様に説明して納得していただきましたが、「認識不足でどうもすいませんでした」


マンションリフォームマネージャーの加藤より一言

マンションリフォームには、種々の成約があります。区分所有法による制限、管理規約による制限、管理組合および近隣との関係、設備の専有、共有の区分があるのが戸建住宅とは違います。このマンション特有の制約条件等を十分配慮し、リフォーム工事を進める必要があります。

<<終わり>>



c539af7c.JPGbefore



cbc257b6.JPGafter
マンションリフォーム 工事後2




rockey_story at 14:43コメント(0)トラックバック(0) 

ワンちゃんもいる家

はじまり

2003年9月1日 お施主様ご夫婦がご来店されました。お話を伺うと、リフォームされたいところは盛りだくさん。後日、お宅を現場調査させていただくことになりました。




出会い

9月4日 お宅を訪問。
ワンちゃんが2匹盛大な歓迎をしてくれました。
動物のにおいも気にならず、お掃除の行き届いたお家でした。が、細かく現場を見せていただくと、老朽化が進んでいるとのことや収納スペースに困っていることなどがわかってきました。

ワンちゃんもいる家 聞き取り1




ワンちゃんもいる家 聞き取り2







コンセプト




2fd84d0b.jpg




まずは、コンセプトです。
お家をよみがえらせる。
今の生活をよりよいものに。
ワンちゃんと暮らす。





プランニング


当初の建築士の知識と大工の腕を借りて、お施主様のご希望を最大限にかなえられるように何度かプランを考えました。
さらに、天井、壁、床と設備(システムキッチン、ユニットバス、トイレ便器などなど)の細かい仕様を決めていくうちに、奥様の一声
「こんなに大変なのね」それにも挫けることなく、プラン完成!!
そして見積もり完成。


ワンちゃんもいる家 見積


ワンちゃんもいる家 聞き取りコンセプト


cb5d5229.jpg







ここにこだわり

・増築:申請不要な4.5畳に
・浴室:ユニットバスでお掃除、簡単。シンプルな形でワンちゃんが入りやすく。
・洗面所:スペースを広げて、抜けない柱を生かして、収納を造作。
・トイレ−機能満載。収納造作。
・キッチン:L字型のシステムキッチン。
・和室:洋室に変更し、収納(3枚連動の扉をつけました)を増設。
・その他:玄関収納を大容量に。廊下はペット用の床財。




工事決定 


2321137b.jpg



10月19日
本当は、他社さんにも見積を取られる予定だったそうですが、当社の大工に会い、細かい見積に信頼いただき、相見積を取る前に契約をしていただきました。


着工


下記の予定で工事が始まりました
11月4日〜17日:増築工事
11月14日〜20日:浴室、洗面所工事
11月21日〜22日:トイレ工事
11月21日〜12月4日:キッチン工事
12月1日〜12月12日:和室工事
12月10日〜25日:そのほか工事




ハプニング


37d45d45.jpg


浴室、洗面所とトイレの床下は木材が腐食してました。基礎に床下通路がないため、風が通らず腐食してしまったようです。その他の部屋は腐食はなかったものの床下通路がなかったので、床下に風の通り道を作るため、強度に配慮しつつ基礎に穴あけをしました。





職人の機転


5c950794.jpg



キッチンの工事では、大工さんが天井の高さを上げてくれることになりました。少し工事が大変でしたが、圧迫感を緩和することができました。


ハプニングについて

工事中は、現場対応の細かい工事やその他のハプニング、部屋から部屋への荷物の移動、工事中の部屋は使えない状況、工事の音はうるさい、、、。と、ストレスが多い環境の中、奥様をはじめ、旦那様、お嬢様が快く工事に協力してくださいました。
ロッキー一同、お施主様に感謝し、一生懸命に工事をさせていただきました。




完成


db000e25.jpg


予期せぬ工事が発生したり、天気に左右されたりして工程が少しずれてしまいました。年末には、ほぼ工事が終わったのですが、残工事は年明けに、、、。そして1月末に完了しました。
長い間、ありがとうございました。



増築部分

3a1312f3.JPG




トイレです。



f90617ad.JPG



rockey_story at 13:40コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月31日

旧版リフォーム物語

作成が滞っております。すいません。
とりあえず、旧版のリフォーム物語をお楽しみください。

rockey_story at 18:02コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月24日

リフォーム物語の続き(引越し)

ロッキーのリフォーム物語を引越しをします。
以前も同じようにブログ形式でご案内していたのですが、
アドレス名の不備もあり改めてこちらでリスタートします。
これからちょくちょく載せていく予定なので、お楽しみに!!


rockey_story at 14:38コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
  • ライブドアブログ