烏丸かわら版

京都人の独り言・戯言・愚痴。京都の歳時記・行事、風物詩。・・あるある京物。一体京都とは何者なのだろうか。日常の出来事を京都視点で読み解いていきます。京都街場文化に通じたClubFame社プロデューサー/五所光一郎の雑記帳です。

秋季特別展「京都七宝の時代」 ☆ 並河靖之七宝記念館 

 
明治大正期の七宝家、並河靖之の旧邸である「並河靖之七宝記念館」では、ただ今秋季特別展「並河靖之―心の七宝」を開催中です。旧並河邸は明治27年に竣工、京都の伝統的な商家の構えをしています。母屋は2階建で、縁側にはめられたガラス障子は当時はモダンなものでした。

 

 
また、母屋の前に広がる庭園は、七代目小川治兵衛によるもの、こちらもみどころです。琵琶湖疏水から引いた水がたゆまなくそそぎ、その流れは母屋の縁の下へも流れ、やわらかに響く水音が邸内を満たします。並河七宝の数々の作品とあわせ、縁側で新緑の美しい庭園をゆっくりお楽しみください。


img179

 
map1

 

「明治150年」の秋、「開館15周年」を迎えた当館にて、靖之と職工たちが真心を尽くした七宝にお出逢いただき、千年の都・京都の人々が成し遂げていった新たな時代の創造の美をご堪能ください。


 






☆★☆★☆  秋季特別展「並河靖之―心の七宝 ☆★☆★☆

■開催日時:2018/9/7〜12/16  10:00〜16:30
休館日/月曜日・木曜日 (祝日の場合開館・翌休)
■開催場所:並河靖之七宝記念館
〒605-0038 京都市東山区三条通北裏白川筋東入堀池町388
■休園日 :毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
■入園料 :一般800円 大学生・70歳以上600円 高中生400円 小学生以下無料
■お問合せ:075-752-3277
■URL :http://www8.plala.or.jp/nayspo/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



広隆寺・聖徳太子御火焚祭

081125_01ohitaki_climax_kouryujiDSC_0243

11月22日は聖徳太子の月命日である。この日に広隆寺では、

081125_03nioumon_kouryujiDSC_0325_edited081125_05ohitakisa_kouryuji_taremakuDSC_0316

年に唯一度 非公開の本堂上宮王院(じょうきゅうおういん)太子殿が一日公開され、
黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごぼう)を纏(まと)った
本尊・秘仏聖徳太子立像(1120年作)を見ることができる。

黄櫨染御袍は天皇が重要な儀式の際に着用する束帯装束で、
天皇以外使用できない禁色とされていたものである。

081125_10yamabusigyoretu_kouryujiDSC_0088

本堂での約半時間の法要の後、ほら貝を吹く山伏が先導し、
上宮王院太子殿を後に薬師堂前に設けられた護摩壇のある斎場へ場所を移し、
いよいよ、「聖徳太子御火焚祭」の火入れがはじまる。

081125_081125_16gomadan_mouen_2

御火焚の種火が、祭壇のろうそくの神火から竹に刺した松に移され、
円を描き護摩壇に差し込まれるや斎場は煙一面に包まれ、
薬師堂、講堂、地蔵堂など、どの甍も見えなくなってしまう。

081125_17ohitaki_dosi_honoDSC_0232

その一瞬である。白く立ち込める煙の中に、赤い火柱が立ち上がる。

081125_06reihouden_iriguti_kouryujiDSC0398edited081125_reihoudenmae_kouryujiIMG_5352

また、宝物館の秘仏薬師如来像を開帳し、
京都最古のお寺の国宝・桂宮院本堂も同時に公開されている。

この体験をしたものにしか分らない感動を、あなたも経験されてみてはどうだろうか。
紅葉狩りを兼ねた絶好の日の参詣となるはずだ。

081125_keikyuin_koryuji_zenkeiDSC_0356

最後に、4、5、10、11月の日・祝日とこの日は桂宮院の公開日にあたる。

京都最古のお寺の国宝・桂宮院本堂は、法隆寺の夢殿に似た単層八角円堂で、
一重、桧皮葺の構造で夙に知られるが、同日に特別公開されている。

 



聖徳太子御火焚祭

■開催日時:2018/11/22   13:00〜   本堂ご開帳 9:00〜16:00
■開催場所:広隆寺 京都市右京区太秦蜂岡町32
■拝 観 料:見学無料
■お問合せ:075-861-1461







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



−窯元もみじまつり/窯元大陶器市−

 

紅葉が美しい東山を背景に、30軒を越える京焼、清水焼の窯元が出店する「東福寺〜泉涌寺 窯元もみじまつり 大陶器市」が開催されます。

12247025_917637071656802_2139917350496287713_n陶器市やその展示をはじめ、工房見学のほか、露店も並びます。商品は30%〜70%引きで販売されます。

窯元大陶器市
〜のきさきギャラリー〜京焼・清水焼 泉涌寺窯の窯元が大集結!
約50軒の窯元がイベント会場や軒先で作品を特価販売! お散歩感覚で各窯元の個性溢れる作品をご覧下さい。
〜屋台/ゲームコーナー〜
うどん、たこ焼きなどの屋台や、お子様が楽しめるゲームコーナー
〜振る舞いもち〜杵と臼でついた出来たてのお餅をご来場の皆様にお配りいたします。(数に限りがございます)青窯会会場で開催。
〜ロクロ体験【無料】〜
窯元を廻ってスタンプラリー〜が揃ったら、抽選にて京焼・清水焼・その他をもれなく進呈!だそうですよ。
 17日(土)9:30 子どもみこし
イベントデー (土・日・祝)

 

 

event_momiji01
091110_DSC_0065b652c3d4-s

東福寺から泉涌寺といえば、紅葉狩に値する絶景を眺めるには暇がありません。
窯元巡りと組み合わせればベストマッチングですね。

 

 

☆★☆★ 第25回 東福寺〜泉涌寺 −窯元もみじまつり/窯元大陶器市−  ☆★☆★

■開催日時:2018/11/17〜11/25   10:00〜16:00 ※雨天決行
■開催場所:東福寺・泉涌寺窯元一帯(京都市東山区泉涌寺一帯)
■料   金:散策無料
■お問合せ: 青窯会会館 075-531-5678
■URL :http://www.seiyoukai.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


建仁寺 正伝永源院★秋の庭園特別公開 寺宝展2018

正伝永源院は、織田信長の弟で大名茶人・織田有楽斎と、熊本藩主・細川家の菩提所です。境内には、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵(じょあん)」が復元されており、暦張りや「鱗板(うろこいた)」「有楽窓」など有楽斎好みの特徴を見ることができます。

また方丈は、狩野山楽筆の鮮やかな金碧の襖絵「蓮鷺図」や、平成25年春に奉納された元首相・細川護煕(もりひろ)氏揮毫 襖絵の四季山水図の夏(渓聲)・冬(聴雪)が公開されます。

 

寺宝一覧

 

正伝永源院

 

 

image140616

 




☆★☆★ 秋の特別庭園公開 寺宝展 ☆★☆★

■開催日時:2018/11/16〜12/2    10:00〜17:00
■開催場所:建仁寺 正伝永源院
〒605-0811 京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目 小松町586
■拝観料金:通常非公開 特別公開時 大人500円   中高生300円 小学生以下無料
■お問合せ:075-531-0200
■URL :http://www.shoden-eigenin.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



紅葉の参道イルミネーションイベント

洛西の紫式部の氏神で有名な1000年以上の歴史を誇る大原野神社で150m以上続く“紅葉の参道”を夜間ライトアップする。
様々に変化するライトが幻想的なイルミネーションを魅せるイベント「光と水」とともに11月17日スタートし、25日まで続く。

また、17日(土)・18日(日)の「お母さんの休息日」には、通常は非公開となっている神様に供えるご神水の特別授与と恋沢の池にて願いを込めた献灯を行うことができる。人気飲食店が出店するなど、ファミリーでも楽めそう。


大原野神社紅葉夜間ライトアップ
「光と水」
開催日
平成30年11月17日(土)〜25日(日)
午後5時〜9時
場所
大原野神社境内
夜間特別拝観料
600 円(小学生以下無料)
主催/問い合わせ
大原野神社ライトアップ実行委員会
contact(at)event-oharanojinja.com
参照web
https://event-oharanojinja.com



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



柳谷観音 紅葉ウイーク

眼病平癒の祈願所として、平安時代より信仰されてきた柳谷観音楊谷寺は、「柳谷観音 紅葉ウイーク」を開催する。

期間中は「もみじ」をあしらった同山オリジナル「淀殿美心押し花朱印」を限定で授与。
また、「アートも紅葉のように身近に感じて欲しい」という想いから「寺宝特別展」も同時開催、「狩野派の世界」と題し、寺宝を特別公開する。

期間中は、毎月17日に限定公開している上書院を毎日特別公開。
「狩野派の世界」と題し、寺宝も特別公開、室町幕府の御用絵師となった狩野正信の作品をはじめ、織田信長・豊臣秀吉・徳川将軍などに絵師として仕えたその子孫の作品も展示する。

その他、もみじの押し花朱印を限定授与するほか、練り香作り体験(11月10日)、数珠ブレスレット作り体験(11月10日)、押し花アート体験(11月11日)、琴演奏体験会(11月11日)、押し花朱印作り体験(11月17日、満席)、「西山こっぺ堂」出店(11月17日)、切り絵押し花朱印作り体験(11月25日)、寺ヨガ(11月25日)など、多彩なワークショップも実施される。



柳谷観音 紅葉ウイーク
開催期間
11月10日〜12月2日
場所
柳谷観音楊谷寺
長岡京市浄土谷堂ノ谷2
阪急京都線「長岡天神」駅「西山天王山」駅
JR「長岡京」駅
入山料
300円
上書院特別公開・寺宝庫特別公開拝観料は800円
主催/問い合わせ
075-956-0017
参照web
https://yanagidani.jp/event/kouyou2018/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



2018年度 秋期特別公開★松殿山荘

 

申込方法  :  往復はがきに住所、氏名、連絡先、見学人数、
見学希望日をご記入の上、下記宛にお送り下さい。
定員各日100名
公益財団法人松殿山荘茶道会

 

[松殿山荘(しょうでんさんそう)について]



今からおよそ900年前に関白藤原基房が松殿(まつどの)という別業を営んでいた地に、高谷宗範(たかやそうはん)が1918年(大正7年)、書院式の茶道を復興する目的で、十有余年の歳月をかけて建てたものです。
高谷宗範は茶道山荘流を創流、1928年(昭和3年)に財団法人を設立し2014年3月に公益財団法人の認定を受けました。建造物の維持管理及び調査研究ならびに日本文化の普及に取り組んでおります。

 

 

☆★☆★  松殿山荘 秋季特別公開 2018  ☆★☆★
■開催日時:2018/11/17 〜 11/18    10:00〜15:00
■開催場所:松殿山荘
〒611-0002 京都府宇治市木幡南山18
■入 場 料:1,500円(茶菓子付)  要予約 (soldout)
■お問合せ:: 0774-31-8043
■URL :http://www.shoudensansou.jp/index.html
*JR・京阪木幡駅より徒歩20分、六地蔵駅よりタクシーで10分
*見学者用駐車場はございません。






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


記事検索
Archives
ClubFameのトップページへ飛ぶ
京都街場文化サイト



京都CFホーム


top1000
京に癒やされ・コラム集


電脳新聞無料購読申込へ


おいしいリンク集

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


kyotoshinpan_banner250

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ