枝垂桜はは京都府の県花である。
桜は日本を代表する象徴的な花であるが、
県花となっているのは奈良県との2県だけなのだ。

その所為で、桜シーズンは東山に嵐山にと 例月いをはるかに超える人が集まる。
小生は郊外へ逃げるか、市内の小路、路地に行き場所を探し出す。
(写真はClicして 見てください)

で、

千本釈迦堂石碑鎌倉期の建築で、国宝の本堂のあるここを訪れた。
西陣上七軒に近いとはいえ、七本松通五辻辺りは 古くからの民家の多く入り組んでいる。観光客はもっぱに北野天満宮に目がいっている。
普段は信者の年配者か、近所の親子連れで、その他は二、三組のディープな行楽客しか訪れてないようである。

阿亀桜
これが阿亀(おかめ)桜である。見事な枝ぶりの大木である。祇園円山の枝垂桜にも近衛邸跡の糸桜にもひけをとらない名木といえる。



花びらは小輪だが艶やかな紅色の小花を下向きにつける。老木のため、毎年毎年紅が褪めており、白くなってきている。

阿おかめ塚阿亀桜吹雪釈迦堂の屋根ら舞う





時折の風に桜吹雪を見せ、釈迦堂の屋根に舞い上がる。おかめ塚の前の境内中央に立ち、枝を地面に這わしている。


そして、 境内の駐車場(無料)を七本松通出て南へ、今出川通を左折して堀川通へ、堀川通を上り寺の内通の次の信号
上御霊前通(紫明通の一筋手前)を右折、東へ入った北角に公園がある。タクシーのドライバさんがトイレ休憩をよくしているところ。

水火天満宮鳥居に桜に幟
広い公園の北側に、桃色の枝垂桜と鳥居が見える。桃色と紅色が際立っている。そこが「水火天満宮」である。
小さい境内に小ぶりの桜だが、燃えるように咲き誇っている。
色鮮やかな紅枝垂桜の知られざる隠れた名所といえる。


水火天満宮紅枝垂桜2対清めの水越しに紅枝垂桜を覗く水火天満宮紅枝垂桜





醍醐天皇の勅願により菅原道真の神霊を勧請建立された水難除けと火難除けの神社である。ここは井戸水で、境内の金龍水は眼病に効くと伝わる。


次は、

山科に車を走らせることにした。やはり観光バスを避けて、逆走することを考えた。

狛犬大石桜を睨むの図堀川通を五条まで南下。五条通を左折して清水寺を横目に坂とトンネルを超え、清水団地へ入り、大石神社へと向かった。
あっという間に着いた。境内の駐車場(無料)に車を止め、参道を歩く。
狛犬が枝垂桜を見守っているようだ。この枝垂桜はご神木で大石桜」と命名され親しまれている。

大石桜大石神社紅葉新芽大石桜2





大正元年(1912)、大石内蔵助良雄はじめ赤穂四十七士萱野三平を合祀して創建された。境内には国指定史跡の大石良雄宅跡長屋門や庭園、義士ゆかりの武具・書画などを展示している義士宝物殿がある。義士木像も展示されている。


月刊誌京都CF!に戻る
月刊誌として通巻300号間近
発売中/ 駅前であいましょう特集 東西線延伸記念号 

メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"さくら咲く" も合わせてお読みください。
→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←



メモ/桜の品種
山桜 (ヤマザクラ) / 日本の野生の桜の代表的な種。薄紅色の花と赤い葉が同時に開花する。 個体差により、開花時期も様々。



大島桜 (オオシマザクラ) / 日本の野生の桜の代表的な種。純白色の花と青葉が同時に開花する。個体差により、開花時期も様々。

寒緋桜 (カンヒザクラ) / 釣鐘状の緋色の花。

河津桜 (カワヅザクラ) / 寒緋桜系と大島桜系の自然交配種。 満開を長く維持できる珍しい種類。緋色のたいへん濃い桜。


枝垂桜 (シダレザクラ) / 江戸彼岸桜の園芸品種で枝が長く垂れるものを、枝垂れ桜または糸桜という。

豆桜 (マメザクラ) / 名前の通り小さなかわいい花。別名を米桜、富士桜、乙女桜とも言う。

染井吉野 (ソメイヨシノ) / おなじみ桜の代表。江戸時代末期に江戸彼岸桜と大島桜を交配させて作られた園芸種。