壬生寺が黄金の光を放つ

e522e273

 
壬生寺には、お盆の期間の
8月9日〜16日に万灯供養会(まんとうくようえ)という行事があり、
その初日にあたる9日を精霊迎え火といい、その日は本堂の前に作られた舞台で壬生六斎念仏が奉納される。

 
386131467a773cd7

 
最終日の16日は精霊送り火と呼ばれ、 中堂寺六斎念仏が奉納され
大文字送り火とともに先祖をお送りしている。

 
4328fd1d


50年ほど前までは、壬生狂言の時といい万灯会の時といい、
境内は無論のこと狭い仏光寺通は物見客で溢れかえったという。

 


静まり返った境内で、本堂を浮かびあがらせる灯りに癒され、
夏の夜を過ごさせてもらった。

ここには観光客もいない。
先祖の供養にお迎えのおまいりをする真摯な人の姿が、
ちらほら伺えるほどである。
今あることに感謝の念を抱く人なのであろう。


b3728ea2

日常は4時半に閉門される山門は、この時間にも開かれていた。
夜間拝観料など不要である。写真撮影も許されている。

 

精霊迎え   8月9日10日  午前7時頃〜午後8時頃

  水塔婆に戒名を書き、迎え鐘ををついてご先祖の御霊を迎えます。
迎え鐘は、嘉永元年(1848)に鋳造された梵鐘です。
10日は午後6時より8時頃まで、本堂で壬生地蔵講による御詠歌の奉納があります。


精霊送り  8月16日  早朝より午後8時頃まで

  水塔婆に戒名を書いて供養し、ご先祖の御霊を送ります。
また、各家のご仏前にお供えしたお供物が納められます。
午前8時頃から午後2時頃まで、壬生地蔵講による御詠歌の奉納があります。
午後7時30分から「精霊送り施餓鬼法要」が営まれ、送り火が焚かれて、うら盆の行事が終わります。

 

 灯籠はどなたでもお申し込みいただけます。
(有料・寺務所にて受付します)

 
ご先祖様や 亡きお方様のお精霊さんは、
もうご自宅にお帰りになられているだろうか。

 

☆★☆★ 盂蘭盆会・壬生寺万灯供養会 ☆★☆★

■開催期間:2017/8/9〜8/16      日没より21:00頃まで点灯
壬生六斎念仏 9日   20:00頃〜  中堂寺六斎念仏 16日  20:30頃〜
■開催場所:壬生寺  〒604-8821 京都市中京区坊城仏光寺北入る
■料  金:境内自由
■お問合せ:075-841-3381
■URL :http://www.mibudera.com/

 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ