細見美術館の多彩なコレクションから毎回テーマを設けて開催しているシリーズ「麗しき日本の美」展の第6弾。

今回は日本美術に多くみられる「秋草」がテーマです。その優美・繊細な趣きは、うつろいを愛でる日本人の美意識に寄り添うものとして、文学のみならず、絵画や工芸作品の主題として好まれてきました。



本展では、琳派や若冲の絵画作品のほか、優美な意匠の羽黒鏡、華やかな蒔絵の調度品や七宝金具などを紹介します。萩、薄、桔梗、女郎花、菊、楓など、たおやかで可憐な意匠の数々を通して、少し早く訪れた秋の風情を味わってください。

酒井抱一 鹿楓図団扇
江戸後期

≪主な出品作品≫

  • 伊藤 若冲「菊花図押絵貼屛風」
  • 酒井 抱一「槇に秋草図屛風」
  • 鈴木 其一「月に葛図」
  • 椿 椿山「花卉虫魚図画帖」
  • 冷泉 為恭 重要美術品「年中行事図巻」
  • 重要文化財「羽黒山御手洗池出土銅鏡」

  • 「秋草鹿蒔絵文台」

  • 「七宝菊水文引手」

  • ほか 約50件

 

おすすめの一冊
「京都 細見美術館 琳派・若冲と雅の世界」

  • 展覧会図録 鈴木其一 江戸琳派の旗手 細見美術館

価格:2300円(税別) 本書では、細見コレクションより、宗達、光琳、抱一、雪佳など、琳派四百年の様式美と若冲の魅力をはじめ、仏像や荘厳具などの仏教美術や物語絵のほか、能装束、蒔絵、七宝など美術工芸品も収載。選び抜かれた名品の数々を掲載し詳細な解説付。


☆★☆★ 麗しき日本の美─秋草の意匠─ ☆★☆★

■開催日時:2017/8/26 〜 10/9  10:00〜18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1200円   学生1000円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ