「御寺(みてら)」と呼ばれる皇室の菩提所、泉涌寺で、日本伝統芸能である日本舞踊が奉納される。
今年は今上陛下御在位30年に加え、泉涌寺に仏牙舎利が請来されてから790年にあたり記念を讃え、非公開の舎利殿にて一夜限りの開催となる。

舞台となる舎利殿は、釈迦の歯(仏牙舎利)を奉安する貴重な霊殿であり、天井には狩野山雪筆の蟠龍図が描かれ、「鳴龍」としても知られる。

SENKIKU
扇寿栄之丞(菊咲栄)
常磐津都代太夫(菊咲仙)
常磐津三之祐(菊咲一)

日本舞踊家と歌舞伎演奏家によるコラボ。2015年結成以来、舞踊会や歌舞伎公演の演奏をする傍らイタリア・フランス始め国内外で公演を催す。
長唄三味線(細竿)と常磐津三味線(中竿)のコラボ。歌舞伎や座敷で演奏される演目。華やかなものからしっとりとした曲まで日本の三味線音楽を幅広く楽しめます。
花柳梅艶香
日本舞踊家として舞台やイベント等に出演。
着物の力で人生のステージを上げて行くをテーマに着付けからヘアメイクまでトータルで楽しめる着物着こなし教室を主宰。日本舞踊を通して心豊かな日本の文化を次世代に 世界に伝えていきたいと活動中。
花響-はなゆら
箏・尺八・日本舞踊による若手女性ユニット
玉響の如く、儚げに美しく。糸竹の響きと、華やかな踊りの共鳴を、花のように表現したいと命名。
時代の変化に伴い、現在伝統芸能に触れる機会は非常に少ない。その中で幼少期から稽古を続けてきた私たちは、「より多くの方に伝統芸能を身近に感じていただき、日本人としての誇りを大切にしたい」という想いで結成に至った。伝統芸能を普及・継承するために、古典に留まらず、柔軟な発想のもとで新たな試みにも挑む。
御寺泉涌寺舎利殿 
日本舞踊公演 2018
日時
2018年11月9日(金)
19時〜21時
場所
総本山御寺 泉涌寺
京都市東山区泉涌寺山内町27
観覧料金
S席 12000円 (正面席1.2列・脇席内陣前例)
A席 10000円 (正面席3.4列、脇席内陣2列)
B席 8000円(脇席)
拝観料含
【お申込み、お問い合わせ】
株式会社 BEING
京都・粋女Project 事務局
090-7356-3823
kyoto.ikijo(at)gmail.com
申し込み方法
■チケットピア (10/15 10時より発売)
Pコード:490290
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1849839
■ passmarket
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01bxyczvf47f.html
■kyoto.ikijo@gmail.com、または
Facebookメッセージにて
代表者様、ご希望座席種類、チケット枚数、連絡先(メールアドレス、電話番号)添えてご連絡ください。
お振込み方法など折り返しご連絡致します。
参照web
御寺 泉涌寺 公式サイト
http://www.mitera.org/sp/
京都・粋女Project
http://kyoto-ikijo.site/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ