烏丸かわら版

京都人の独り言・戯言・愚痴。京都の歳時記・行事、風物詩。・・あるある京物。一体京都とは何者なのだろうか。日常の出来事を京都視点で読み解いていきます。京都街場文化に通じたClubFame社プロデューサー/五所光一郎の雑記帳です。

しだれ桜

桂昌院のしだれ桜に寺宝春期公開/善峯寺

[caption id="attachment_20848" align="aligncenter" width="399"]1999/春、JR東海 「そうだ、京都行こう」のキャンペーンポスターより部分
1999/春、JR東海 「そうだ、京都行こう」のキャンペーンポスターより部分[/caption]

桂昌院お手植えのしだれ桜が目映い善峯寺。
今年は4月6日頃から見頃に入るようです。




[caption id="attachment_20849" align="aligncenter" width="512"]http://www.yoshiminedera.com/index1.htm http://www.yoshiminedera.com/index1.htm[/caption]

山内には善峯白山・櫻あじさい苑をはじめ、至る所に桜が植栽されており、
市内一望の眺望とともに散策が楽しめ、春が満喫できます。



31325dbc

時同じくして、桜のシーズン恒例の寺宝春期公開も4月1日から始まります。
今春は綱吉公、桂昌院ゆかりの寺宝公開と、山元春挙(やまもとしゅんきょ)企画展
「近代京都画壇の雄 山元春挙−水墨画小品を中心に−」と題して、
春挙の作品が初公開されます。
また、ゆかりの品々は、金工・木漆工・染織品・陶磁器・ガラス器など多種多彩な水準の高い名品で、
元禄時代を代表する文化財の宝庫の一つであると言われています。





続きを見る




FaceBookPageは・・・こちら https://www.facebook.com/kyotocf



ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←








春爛漫ひねもすのたりイトザクラ

22286c7e
a55f26b4
64376cc1







京都御苑の北東の一角が近衛邸跡。
外回りの塀の外からは緑に包まれた森ですが、一歩御苑の中に入ると桜の園。
行楽日和の日曜日、満開となった枝垂桜、蕾の紅しだれのトンネルを近衛池へと歩きます。
腰を下ろし桜の精と戯れてみられてはいかがでしょう。

一日中笑顔の絶えない桜林でした。


FaceBookPageは・・・こちら https://www.facebook.com/kyotocf



ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←





枝垂れ桜見頃始まる / 平安荘跡・旧武徳殿

DSC_1505

川端二条を東へ進み、疎水手前の信号を左に冷泉通を北上すると、薄紅色の花が開いている。
平安荘跡地の空き地に養生塀で囲われているところである。
 

見事な樹幹に枝垂れる枝は、しなやかな女性の髪のように揺れていた。
岡崎公園内の枝垂桜は勿論、疎水縁の山桜やソメイヨシノの並木の蕾はまだ固い。
暫くすると行楽客が訪れ、十石船から仰ぎ見られることだろう。



その疎水に架かる「れいぜん橋」を渡ると、北側に桜馬場通である。
冷泉通から丸太町通までの僅か三百メートル程の道路である。
通りに面して東側は石垣の土手が続く。


中は旧武徳殿であった京都武道センターである。
武徳殿の甍の黒を背景に大きな枝垂桜が威風堂々と天に伸びているのが見える。



DSC_1498-001



既に見頃に咲き誇り目映さを感じる。


 








FaceBookPageは・・・こちら https://www.facebook.com/kyotocf



ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←





v





舞妓と柳と枝垂桜 /祇園白川

DSC_5057

DSC_5053


DSC_5110

DSC_5109


DSC_5037

DSC_5095



DSC_5103DSC_5054


DSC_5074

DSC_5087


DSC_5121DSC_5120


DSC_5124


DSC_5126535801_272142022870739_100002248292338_625078_2060098114_n

(お茶屋ダイニング「祇をん かにかくに」の御席からの宵桜)

まだまだ、祇園の春は 始まったばかりのようだ。



FaceBookPageは・・・こちら https://www.facebook.com/kyotocf


ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←



感動! 満開見頃の毘沙門堂に今行くとよい

DSC_5046DSC_5037

DSC_5028

山科駅から旧お屋敷町の坂を上り、疎水縁に着いた。
一燈園さんのボランティアで植えられた菜の花が、桜と疎水の間で生き生きとしていた。
もうひとのぼりである。

DSC_4789DSC_4790DSC_4791
DSC_4795

毘沙門堂には下見で2度やってきたから、今日で3回目である。
ぴったしの満開見頃の朝である。桜色一面の境内にモミジの新芽も瑞々しく心地よい。

DSC_4912DSC_4922
DSC_4928

DSC_4931DSC_4936DSC_4969
DSC_4940

長い石段を上ると、毘沙門天の大提灯が見えてくる。仁王門にかかる提灯で、
両脇から仁王像がこちらを睨みつけている。
正面が本堂で、右手に手水舎・一言経蔵・高台弁財天がある。

経蔵前の五分咲きの紅しだれの中に入らせてもらい、しだれのシャワーを浴び、
枝垂れ越しに本堂の甍を写真に撮って見た。




宸殿と勅使門の間となる前庭にどっしりと据えられている。
この枝垂桜が「般若桜」と呼ばれる。

樹齢百五十年を超える巨木でその枝張りは30メートルにおよぶという。


さて、肝心の般若桜は・・・コチラでご覧ください

京都山科 毘沙門堂

〒607-8003
京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
075-581-0328
http://www.bishamon.or.jp/
地図



こちらにポチッとCLICKをお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←


続きを読む

茶人が知る 西陣の日蓮三山の桜 2 / 妙顕寺の紅しだれ

本法寺を堀川通に出て下ると、人形寺で知られる宝鏡寺(寺の内通堀川東入る)がある。

DSC_4617DSC_4618

その宝鏡寺を東へ50メートルほど行くと・・・・・・二本の紅しだれの若木が出迎えてくれる。
妙顕寺の墓地には「尾形光琳」の墓碑が立っていると石碑が知らしている。

DSC_4625

その二本は薄紅色と桜色の枝垂れ桜である。心が和んでくるではないか。

DSC_4628DSC_4633DSC_4632

山門を潜り境内に入ると、大覚大僧正の650年遠忌の報恩として本堂の大屋根の改修工事をされていた。
境内にはソメイヨシノが満開見頃に咲き放っている。

DSC_4634DSC_4635

花に包まれた鐘楼の東の小路向かいには「千」の表札がかかっている。あたりは閑静なところである。

DSC_4637DSC_4640

DSC_4641

DSC_4651DSC_4648
本堂の北裏にまわると・・・またまた桜である。言葉を失いそうな薄紅色にうっとりするばかりである。
ここには花見客などはいない。


妙顕寺の由来
 四海唱導妙顕寺は山号を具足山、又の名を龍華といって、日蓮大聖人の孫弟子になる、日像聖人が六百六十余年の昔、創建(1321)された関西法華宗団の根本をなす由緒ある寺で、大本堂の両柱に掲げられた聯に「宗祖直授の大導師として、妙法の教を弘め、法華宗号の発祥をなし、勅願寺として四海唱導の公許を誇る、日本国中の宗門の棟梁の零場である」(文意)とある通り、創立以来法華下第一の誉れを伝え、都の法華門下派廿一本山(現在は十六)の正に草分けであり、中心的存在として今日に至っているが度々の法難をうけ、殊に天文の法乱では破壊的な打撃を受け、信長秀吉等の弾圧もあり、寺地も変ること四度と伝えられます。
 明治に入って法華各宗派が大合同し、身延山を祖山と仰いで日蓮宗が結成されてからは、その大本山として全国に三百余の末寺を統率していたが、昭和十六年の制度改革によって、全ての末寺を教団に解放し、今は名称のみを伝えているのが現状であります。(妙顕寺HPより転載)



妙顕寺

〒602-0005 京都府京都市上京区寺之内通新町西入妙顕寺前町514
075-414-0808 ‎
http://shikaishodo.com/
地図



こちらにポチッとCLICKをお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←


続きを読む

通もうなる 今朝のお屋敷町の桜たち / 南禅寺

DSC_4275DSC_4277
DSC_4276

南禅寺にやってきた。もう旬が過ぎたようである。名残の桜を楽しむぐらいだろうか。
しかし、小生が目指しているのでは南禅寺ではない。南禅寺畔である。

DSC_4278

東に進めば南禅寺沿いに哲学の道へと通じるが、北に真っ直ぐ向かう。この道だ。
迎えるように紅しだれが呼んでいるような。先の角を曲がると、空気は一変するはずだ。

「散る桜 残る桜も散る桜」・・・誰の辞世句だったか。

DSC_4260DSC_4261

清流亭と野村邸に挟まれた道を歩く。界隈はおおきなお屋敷ばかりである。
なにやら夜桜の宴が催されているようだ。貧乏人の小生では入れてもらえないのだろうか。

DSC_4280

DSC_4262DSC_4271

垣根越しに覗かせてもらっているところである。豊太閤ならぬ今太閤好みの艶やかな庭である。

DSC_4294DSC_4295

実に対照的な庭造りである。通りの左と右。
眺めていると、今朝一番のゑびす屋さんの人力車がお客さんを乗せて通り過ぎる。

DSC_4273DSC_4302
DSC_4299

大木の松林にソメイヨシノが数本植栽されている。侘びた風情がよい。
東山を望むと、真如堂の多宝塔がうかがえた。

DSC_4253DSC_4274

覗き見しながら先へと歩を進める。お屋敷町の迷路は続く。

DSC_4307

この景色はどなたも見覚えがおありだろう。柳と桜のあるバス停である。
更に、西へと迷路をゆくと、お屋敷は続き岡崎公園から平安神宮へと出る。


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


こちらにポチッとCLICKをお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌



メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←



今、あなたに出来る支援がここに!
「東北関東大震災」支援クリック募金
 




続きを読む

隠れた名刹しだれ桜/大石桜

DSC_3197DSC_3198

御神木「大石桜」満開の候、春爛漫の一日である。

DSC_3205

ご覧の通り、いずれの寺院仏閣のしだれ桜にも勝るとも劣らぬ風格を持つ桜である。

DSC_3192DSC_3208

これ程のしだれ桜であるにも関わらず、桜の名所にもあがらす、桜情報満載という情報誌にも見当たらない。
実に馬鹿げた話ではあるが、京都の人なら知らぬ筈がない神社で桜である。

DSC_3180DSC_3181


今、あなたに出来る支援がここに!
「東北関東大震災」支援クリック募金
 





DSC_3191DSC_3179

大石桜は忠臣蔵で名の知れた大石良雄(内蔵助)公山科隠棲の地に咲くしだれ桜の古木である。
大石神社が創建され、その地に生育していた「しだれ桜」を整備の終えた境内に定植され、昭和十年の御鎮座にあわせ御神木とされた。

DSC_3217DSC_3219

戦後、その美しさは参拝者や地域の人々に愛され、親しまれ、「大石桜」と呼ばれている。


大石神社

京都府京都市山科区西野山桜ノ馬場町116
075-581-5645
地図
http://www.ohishi-jinja.jp/index.html


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


こちらにポチッとCLICKをお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←










続きを読む

急げ! 今なら見頃の阿亀桜 / 千本釈迦堂

京都御苑近衛邸跡のイトザクラの満開に人が集まっているが、御苑にある「出水のしだれ桜」を見落とされている方が意外に多い。
御苑は確かに広いから、苑内を歩かず近衛邸跡から他所へ行けば見落とすこともあるだろう。

DSC02709DSC02710

この時期御苑に入れば、梅林の北隣の「桃林」と

DSC_3159

皇宮警察京都護衛署の「平安の庭しだれ桜」

DSC02714DSC02742

出水の小川向かいの「出水のしだれ桜」をご覧になられると良い。
更に、烏丸通へ出て、平安女学院北向かいの「有栖川宮邸跡しだれ桜」も見落とせない。



今日のお奨めは・・・千本釈迦堂の「阿亀桜」だ。

DSC02640

昨日訪れたが、最高の見頃になっていた。境内は花見客も少なく、写真家のチームが機材を持ち込んで撮影していた。

DSC02642DSC02698

DSC02663


是非、お出かけください



千本釈迦堂
京都府京都市上京区五辻通六軒町西入溝前町1034
075-461-5973
地図


京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


こちらにポチッとCLICKをお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→→→→→→→→無料定期購読受付中←←←←←←←←←←←←



今、あなたに出来る支援がここに!
「東北関東大震災」支援クリック募金
 



続きを読む
記事検索
Archives
烏丸かわら版 - にほんブログ村

ClubFameのトップページへ飛ぶ
京都街場文化サイト



京都CFホーム


top1000
京に癒やされ・コラム集


電脳新聞無料購読申込へ


おいしいリンク集

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


kyotoshinpan_banner250

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ