メットール!

 

ロックマン ユニティのウッチーです!

 

突然ですが

今回は「ロックマン」関連のブログではありません。


ロックマン好き、アクションゲーム好き、
2D好きの皆さんに
知っていただきたい!
と言うお話
になります。



現在「Apple Arcade」と「Nintendo Switch」で配信中の

『深世海 Into the Depths』と言うゲームをご存知でしょうか?


タイトル
▲こちらがタイトル画面(すんごい水の中にいる感で、色んな音が鳴っている)


ジャンルとしては「潜水探検アクション」となっており

『ロックマン ゼクス』をプレイした方なら分かるかと

思います。(ワタクシ大好きなジャンル)

RMZZ_Tips4_ZXmap_JPN_20200313
▲探索系と言えばエリアマップ(方向音痴なのになぜワタクシはこのジャンルが好きなんだろう)


探索
▲素材の採掘も出来ます(楽しい)

 

マップを探索して敵を倒しアイテムを手に入れて装備を強化し、

行けるところが増えていく。と言った形です!

 

001
▲アイテムゲット!どこで使うのかを考えるのが楽しい


ワタクシ先日カプコンTV!で紹介する、と言うのもあり

プレイをしてみたところ「これはおもしろい!」となりまして

その世界観や謎、テーマなどに興味を持ち
色んな人に勧めたい!

とりわけロックマン好きの人におススメしたい!

 

となったワケです。

 

実は本編の重要な要素に「こ、これは!?」と言う

ロックマンネタが仕込まれていたのもその理由の一つです!

002
▲ストーリーを語る上で重要な要素となる「反応炉」

 

そんなこんなで気になったことを

本作のディレクター兼アートディレクターの

川田 脩壱(カワタ シュウイチ)さんに

ネホリハホリ聞いてみる事にしました!



icon

▲自画像くださいってお願いしたら
ドット絵が来た!(おそらく川田さんが打ったと思われます)



プロフィールをお聞きする内に

なぜロックマン好きに遊んでもらいたいかも判明しましたので

ちょっと長いですが、読んでいただけると嬉しいです!!

(モノヅクリが好きな方にもおススメです!)

タイトル


では潜水開始!!

 

川田ディレクターは

学生時代にグラフィックデザイン、映像を中心に学び

他ゲーム会社で経験を積み、2004年カプコン入社

 

カプコンでは

バイオハザードシリーズの

カットシーンアーティスト(ゲーム内のイベントムービー)

様々なプロジェクトにリードアーティストとして関わり

3Dモデリングも得意な事もありカプコンが誇る

3Dスキャンスタジオ設立の協力もされたそうです。

(ここはいつか取材に行きたい)

 

そして今回『深世海 Into the Depths』では

アートディレクターを兼ねると言う

珍しい形で初のディレクターを担当

 

 

と言う事でこの画像を見ていただきたい!

SMALL003

▲CGではありません。フィギュアです・・・
(作中に登場する“潜導”と言うキャラクター)

 

これ…川田さんが“個人的”に作ったんだそうです!

 

ナニモノ!?

 

と言う事でこんな質問からスタートです!

(川田Dとは初対面なのにどうなんだ?)

 

ウッチー(以下「ウ」)

この潜導のフィギュアはどっかで
売ってたり
しないですよね?

 

川田ディレクター(以下「カ」)売ってないですね()

あれは「深世海」のスタッフ打ち上げの為だけに作ったものです。


小規模なチームで、打ち上げも盛大にできなかったので、
みんなの記憶に打ち上げが残ってほしいという思いから
自分で出来る範囲で喜んでもらえそうな深世海グッズ
(打ち上げ用Tシャツ、カバン等)を作りましたね。

 

皆欲しがってくれたら嬉しいな~と思いながら
シルクスクリーンの版を作りました。

 

ウ:記憶に残りまくるでしょうそれは!

「シルクスクリーンの版」って個人で出来る範囲を越えてますよ!

 

川田さんの趣味は立体制作と言う事で、モノ作りの方と言うのがよーくわかりました。
この辺の話(趣味で作った造形を見せてもらったら凄すぎた…)を深堀すると時間がいくらあっても足りないので、最初の質問に行きます!



■『深世海 Into the Depths』開発のきっかけとは?

2020052717272500-9882643A338B36D2D2C67E4E13BE0E01

 

カ:これは時開発していたプロジェクトが終わったタイミング

時間的に隙間があったんです。プロジェクトが一段落するとチームは

次のプロジェクトに参加する為、解散するのですがそこで、

残った3人の企画マンが

「アートをやっている企画」の私、

「プログラムが書ける企画」

「レベルデザイン(ざっくり言うとマップやステージと言った環境を作れる人)が得意な企画」

という3人だったんです。

 

これが(役割分担が)ちょうどいいバランスで、
何か作れそうだと。



ウ:なるほど!最小単位のゲーム開発が出来そうだった?!

 

 

カ:半分冗談というわけではないですが、3人で作れそうで、

1か月から2か月で作れそうなものを作ってみようこっそり作ってみた。

 

いい感じでできそうじゃないかなって思い始めたときに、

上司にそろそろ仕事しろと言われ所で・・・

 

実はこんなん作ってたんですがどうでしょう?

って感じで見てもらったんです。

 

ウ:うははは!こんなこともあろうかと、こっそり作ってたぞと!(笑)

 

カ:「意外といいかも」となり、そこから本格的に作るには、

ということで従来の企画申請の手順を踏んで進めました。

 

ウ:なるほどー。作る方が先だったと。

それにしても絶妙な3人が残りましたね。

 

カ:その時はそうでしたね。で、もともと2Dゲームが好きだったので、

2Dゲームを作りましょうと僕の方から提案したんです。

 

ウ:でもキャリアとしては、

3Dゲーム(「バイオハザード」シリーズや「ロストプラネット」)に多く

関わっていらっしゃいますよね。

 

カ:そうですね、そっちの方が多かったんですが、

とはいえ、ゲーム業界にいるので大好きな2Dゲームを作ってみたい、

今の技術で自分の得意とする3Dの技術を使って、

模型とかも大好きなので模型ライクな見た目の2Dゲームを

作れたら面白いんじゃないかと。

 

 

※そう!ここポイント!

お聞きしたのですが川田さん

カプコンで好きなゲームは

「トップシークレット(FC)
「魔界村」「マジックソード」「ソンソン」

「ファイナルファイト」「ロックマン2


2020072010564300-5231726F089D9E3CF4B271F54AE199AC
▲『ロックマン クラシックス コレクション』に収録&好評発売中!!

 

バリバリ2Dアクション好きだったのです!

小中学生時代はゲームセンターに通っていたというアーケードも大好きな

川田さんなのであります!(なのでこの辺から話が合う事が判明)

 

ウ:なるほど~!2Dアクション好きだったんですね!

 

カ:あとは(今までやってきたタイトルと)毛色を変えたいとうか、

自分の中で時間もあったので、周りのメンバーと、

その時は誰がリードを取るでもなく、和気あいあいと

思い思いのものを実装していったんです。

 

『イレギュラーハンターX』のディレクターだった

松江一樹さんも横の席にいて
「この雰囲気、何か昔の開発っぽいよね。」と。

 

ウ:あ~いいですね~!「ロックマン」も最初は少人数で作られたと聞きました!

今のゲーム開発はとてつもなく大きなプロジェクトになってしまって

造船に例えると「今どこのパーツ作ってるんだ?」みたいな感じなのかなと。

 

カ:まさにそうですね。

 

ウ:メンバー何人くらいで開発されたんですか

 

カ:アベレージで25人くらいですね。

 

ウ:え?「深世海」プレイして結構なボリュームだと思ったんですけど…

その人数ですと大変なのでは?

 

カ:ですので“一人何役”もやって、僕自身もそうですけど。

絵をかいて、キャラクターデザインをして、モデリングをしてアニメーションも作ってモーションキャプチャーもしてアニメーション作ったり、敵のアニメーションやイベント作ったりとか
ほぼやってたんで。

 

ウ:ぶははは、やる事、やれる事多すぎ!

川田さんが、それのカタマリみたいな人じゃないですか(笑)

何かそれも昔風の作り方のような気がしますね。

 

カ:そうですね、懐かしい感じなんじゃないかなって思います。

何役もできるメンバーがいる部署は、人を少なくしてまわすという感じでしたね。

 

ウ:以前ストライダー飛竜(AC)の開発者インタビューに

立ち会ったことがあったのですが、一人で企画をして、

メインビジュアルも描かれたというお話をされていました。

なんでもやられてたんだなーと。

 

カ:そういうノリでしたし、

むしろそういうノリにしたいっていう願望があるんですよね

チーム自体に。

せっかくゲームを作るんだったら

おいしいところをみんなで味わっていきましょうっていう。

 

ウ:楽しそう!

 

■『深世海 Into the Depths』の操作性、アクション、システムとは?

 
2020060115250700-9882643A338B36D2D2C67E4E13BE0E01


「深世海」の世界は全て水の中、ロックマンでいえば、

全編バブルマン、ダイブマン、スプラッシュウーマンステージと言った

水中系ステージのゲームと言う、結構珍しいコンセプト。


2020072009570100-98AE875E6CE18498F3E297934D8C00F1

 

「浮遊感ある操作性のゲームを作りたい」が

スタートだったそうなのですがそれについて聞いてみました。

 

ちなみにここで川田さんに「座右の銘」をお聞きしました。

それは「温故知新」だそうです。

 

ウ:その辺(浮遊感ある操作性)も最初の方から

やりたかったことの一つだったんですか?

 

カ:これまた古典というか、僕、バ○ーンファイトが

ものすごい好きだったんですね。

 

ウ:!そういう事かー!

 

カ:ボタンの連打の加減と、十字キーのバランスが

実際に操作した感覚になるじゃないですかあのゲームって。

 

ウ:自分の腕次第なところが非常に強いゲームですよね。

バルー○ファイト。

クリエイターの方にファンが多い印象の作品です。

 

カ:あの重力感というか、慣性を使う感じで今風なものを

作れないかと思っていました。

 

でも宇宙空間にしてしまうと慣性がなくなってしまう。

 

その辺の落としどころを考えていて、個人的に潜水服が好きで、

潜水服をデザインしてる時があったんですよね。

 

あ、これガチっとはまったな!と。

 

水中でしょ!という風な感じです。

 

 

ウ:ロックマンでも水のステージってありますけど

一つのゲームで全編通して水中っていうのはなかなかないじゃないですか。

 

カ:そこは、水中って人間にとって身近であるけれど

一番未知であり面白みがある、

潜ってみたい願望ってあると思うんです。

 

それをフィクションであれ、潜りきることができる。

 

逆に他のゲームでは海底の「底」まで行き切った

ゲームって無いんじゃないかって、

「全編水」で行ってみましょうとなりました。

 

ウ:最初は水の中は動きづらいな~。

って思いながらプレイをしていたんですが、

ブースト00
▲独特の浮遊感ある操作ですがブースト操作に慣れてくると自由に動けます

いざ、たまに出てくるの無い状況が

逆に不自由だって思えたんですよね。

 

「カラダ重っ!」って!


地上
▲水中の方が動きやすくなっているのに気が付く!

 

それが面白いなと。

 

カ:まさに逆転現象というか、それも狙いがありました。

操作がうまくなってくると、実際泳いでいるような感覚が作れます。

 

ウ:慣れると気持ちいいですね「うまくなった感」も味わえて。

 

カ:水の中をブーストを使ったりして、縦横無尽に泳ぎ回れる。

旨く重力を克服して、水の中を泳ぐ感覚に慣れてくるほど、

水の中から出たときに不自由に感じるんです。

ブースト01
▲自由に動き回れる操作性の楽しさは是非味わっていただきたい。


 

ウ:絶妙なところでそのシーンが出てきて、

そうか、水の中になれたんだなって思いました。

順応するってすごいなって思いました。



■温故知新 2Dゲームはシンプルさが大事!

 

ウ:ゲーム中の重要な要素として「空気」があると思うんですが

(※深世海では通常行動時に必要な酸素、水中移動のブーストに使用する動力、

ダメージを受けたときに減るライフが全て酸素ボンベに集約されている。)


ボンベ

▲画面中央の“潜導”が持っているのがボンベ。ゲーム中最も重要なアイテム

ライフであり自分の動力でありっていうものを

両方をボンベに集約しているのが面白いなって思いました。

 

カ:れは単純に、ゲームを極力シンプルに、

体力ゲージ等を極力シンプルにしたかったっていうのがあります。

 

そうなってくるとすべてをボンベの数に結びつけないとって、

当初はタイムバーとかいろいろあったんですけど、

そうなるとまずいかなってなって、

何があってもボンベに集約しましょうってなりました。

 

ウ:2Dアクションのシンプルなゲームが好きだっていうのが

あるのかなって思いました。

 

カ:おっしゃる通りです。

体力ゲージ一個で、気にしたいのはそこだけなんで。


004
▲画面上部にあるのがボンベのゲージ、何もしなくても少しづつ減っていく
ゼロになるとアウト。


 

ウ:ロックマンも基本は体力ゲージのみ!シンプルですからね!

 

 

はい!という事で今回はここまで

ワタクシ、ネホリハホリ聞きすぎて全然1回では

収まりませんでした。

 

『深世海 Into the Depths』インタビュー企画続きます。

次回はカプコンっぽいアクション性や

「深世海」の世界観についてのお話になります。

 

ワタクシも独特な操作感覚と世界にハマりました!

深世海 Intothe Depths』が気になった方。

詳しくは公式サイトやツイッターをチェックいただければと思います。

しかも今はNintendo Switch版がセール中!!

ちょっとでも迷ってるなら買って損はないと思いますよ!!

深世海_バナー_1200×628_0731_01


 

公式サイト

https://www.shinsekai-itd.com/ja

 

公式ツイッター

@SHINSEKAI_CAP

 

深世海 Into the Depths

■発売日:好評配信中

■対応ハード:Apple Arcade / Nintendo Switch

■ジャンル:潜水探検アクション

■プレイ人数:1

CEROレーティング:B(12才以上対象)

©CAPCOM CO., LTD. 2019, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.