Heat Wave

IMG_8961
 
みなさんこんにちは。先日ついにSuperfly Arena Tour 2024 "Heat Wave" が終わった。およそ1年前から準備し始めたプロジェクト。思えば長い旅だった。

IMG_8206

 
最初は破れたバンジョー・ヘッドの交換から。しかし微妙なヘッドサイズの違いで急遽世界中の楽器屋を検索。ツアーに間に合うかドキドキしながら到着を待った。



 
 
とあるホテルの一室で独り書き下ろした楽曲「Ride the Heat Wave」。楽器のスペシャリストたちがどんな演奏するかワクワクしていたのが懐かしい。なんといってもすごいメンバーだから。

IMG_1103

 
当初勢いよく進んだリハーサルだったけど、横浜アリーナにメンバー、スタッフが集まった時には既に公演延期の知らせが。主役不在のステージで美しく舞う幽玄なダニエルを見てみんな何を思っただろう。

IMG_1097
  
年を跨いで再始動したリハーサル。そして迎えた初日。熟成期間は十分にあった。細かなアレンジの変更。ステージセットのアップデート。優秀なメンバー、スタッフが集まれば夢はどんどん形になっていく。

IMG_1096 
そして気がつけばあっという間のツアーファイナル。慣れ親しんだ愛機に囲まれて無事演奏。思いついたアイデアは全て吐き出せた気がする。最後は志帆ちゃんの幸せそうな顔を見て安堵の帰宅。

IMG_1108

 
熱波にうなされた1年間。まだ数日しか過ぎていないけど不思議な感じが。。あれはなんだったんだろう。春のまぼろしかな。

だけどこれでまた次に進める。また会える日まで頑張ろう。みなさん本当にありがとう!

944E3AEC-64F6-489F-A954-003F6E7B6DEB

心に残る大切な一作

みなさん。こんにちは。先日僕の地元富山県北日本新聞の映画コラム「これを見よ!続」で記事を書かせてもらったのだが、著作権の確認が取れたのでこのブログでも紹介したい。

------------------------------------------------------------
心に残る大切な一作
映画「ランブルフィッシュ」(1984年)


「あのバイクに乗って街を出るんだ、海まで行ってほしい」



富山で80年代に青春を過ごした人にとって、それはどんな時代だったのだろう。ジャパン・アズ・ナンバーワンと謳われ、日本経済が世界を席巻。アイドルが歌謡界を賑わせ、華やかなMTV(音楽専門チャンネル)による洋楽全盛時代も到来。ファッションもポップで明るく、日本人デザイナーの海外進出も目まぐるしかった。


一方、グリコ・森永、JAL123便日航機事件といった暗い出来事も。学園は全国的に校内暴力で風紀が乱れ、当時僕が通った学校も、何度窓ガラスを交換しても誰かに破られてしまうような有様。テレビで華やかに原宿を闊歩する同世代が映されても、富山ではどこにも行くところがない。そう、あの高く聳える立山連峰の向こうにさえ行けば夢の世界が広がっていると信じていた。


さて、映画「ランブルフィッシュ」。1984年夏日本公開された青春映画。舞台の設定は、アメリカ中西部の貧しい地方都市。かつての憧れの地はすっかり荒廃し、大人も子供も行き場がなく、暴力、酒、ドラッグ、セックスでしか憂さを晴らせない。主人公は不良グループのリーダーである兄に憧れる。兄は喧嘩も強く頭も良い。そんな兄がある日別人のようになって街に戻って来たところから物語が始まる。
 

監督は「ゴッド・ファーザー」、「地獄の黙示録」などを手掛け円熟の域にあったF・フォード・コッポラ。主役は当時の煌めく若手スター、マット・ディロンとミッキー・ローク。共演もダイアン・レイン、デニス・ホッパー、トム・ウェイツ、ニコラス・ケイジなど実に豪華。モノクロームで斬新なカット割りの映像と、英ロックバンド「ザ・ポリス」のスチュワート・コープランドによるパーカッシヴな音楽によって、スタイリッシュかつスピード感ある作品に仕上げられている。


モノクロームの世界で唯一着色された水槽の中の闘魚。それを見て兄は言う「あのバイクに乗って街を出るんだ、海まで行ってほしい」。エンディングシーンで遠くから映し出されるのは、海辺に辿り着き、カモメに囲まれる主人公の影。


僕がこの映画を最初に観たのは高校一年の夏休み。高岡市の映画館で、確か大ヒットした「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」との二本立て。一方この映画は暗い内容だからそんなにヒットもせず、誰も話題にしなかった。ところが9月になって学校に戻ったある日、当時の教頭先生がなんと倫理の授業でこの映画の話をしてくれた。「とても良い映画を見つけた」と。少し驚いたけど、嬉しかったのを覚えている。


それから僕は大学で都会に出て音楽の仕事につき、何十年も経った。


人生には闇がある。誰もが永遠に幸せな生活を送れるわけではない。成功して人から羨ましく思われていても、あっけなく人生を断つ人もいる。現実と折り合いがつかず、精神を壊してしまう人もいる。僕はそういう人たちを随分と沢山見てきた。夢を無くしたら人生なんてなんの意味があるのか。そんな虚無感が人を支配してしまうことが稀にある。


辛いけどこれは実際に真実だ。主人公の兄に起きたことは誰にでも起こりうる。都会にいても田舎にいても。有名でも無名でも。若くても大人でも。だからこの作品は青春映画の体裁を取ってはいるけれど、人生を歩む全ての人に当てはまるテーマを描いている。時が経てもその価値は変わらず、僕にとってずっと心に残る大切な一作である。


夢を掴んだとしても、知らず知らず小さな水槽に閉じ込められてしまうことがある。そんな時は海に行きなさい。風に吹かれなさい。太陽を浴びなさい。きっと教頭先生はそういうことを伝えたかったんだと思う。

(2023年10月27日付け北日本新聞・朝刊より引用)


 521ec4e333ed50e2-1821784546







続くもの、終わったもの、始められないもの、始まるもの

みなさんこんにちは。お久しぶり。2023年は個人的にツアーが目白押しな年で、最近はとても忙しい日々を過ごさせてもらっている。今回はそんなツアーレポートを書こうと思う。

IMG_8672 
まずはあいみょん。4月から始まったツアーは久しぶりの声出し解禁で感動を覚えたけど、前半戦ももう折り返し。回を重ねるごとに深まる密度。そして地方ごとに出会える風景や人。その喜びは長い移動も苦にならない。ほんとうに楽しい現場。

IMG_9112 
そして昨夜終わったばかりの中田裕二。毎週末弾丸ツアーで挑んだ。早朝の便で飛んで最終便で戻ることも。限られた時間だからこそ、無駄な動きを排してストイックな楽曲に集中しようと団結した。ほんとうに頼もしいメンバーたち。

IMG_8765 
次はSuperfly。志帆ちゃんの不調をカバーしようとリハーサルを重ねた17人のエキスパートたち。最高のライブアレンジも出来て、早くみんなに聴かせたいと準備した。志帆ちゃんも最後の最後まで頑張ってくれたけど。。ほんとうに復活を祈るばかり。

68qj10heql2rwme 
そして BONNIE PINK。11年ぶりのフルアルバムを準備中の彼女が帰ってくる。来月から始まるツアーはBad Bad Boysも集結。時代を経ても変わらぬ彼女のフレッシュな世界が楽しめるだろう。ほんとうに楽しみ。

それぞれじっくり書きたかったけど、頭の中がまとまらないので、自分目線の手短なコメントになってしまった。ごめんなさい。

こうしてコロナ明けて忙しく飛び回るミュージシャンやスタッフを見ていると、「やっと日常が戻ってきたな」という安堵感と、「みんな働きすぎじゃないか」という不安感を同時に覚える。

でも各地で会うファンの皆さんの嬉しそうな顔を見ると頑張る気になれる。それが僕らの仕事なんだなと。 だからみんな、楽しみに待っていてください。必ず会いに行きますので。ではまた!


 
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
プロフィール

rockme8284

八橋義幸
ギター / プロデュース / 編曲 / 作曲 / エンジニア

富山県生まれ。2008年、The Uranusを結成。これまで7枚のアルバムを発表。一方で真城めぐみとのYoshiyuki & Megumiや、ソロでの活動も精力的に行っている。

  • ライブドアブログ