岩.

                               DH MTB 四国            

NEW TIRE5

立春でございます。
春の扉が開いたワケですが、先人は偉大なのか今日は暖かい一日であります。

そんなコンディション。
NEW TIREを試すチャンス。
朝から換装して、いざ試走です。
今回はKENDA TIREでございます。
新しくDHのラインナップに加わった

HONEYBADGER PRODH 27.5

であります。
MAXXISと比べやや細身、センターに配しているパターンは先っちょがトンガってて転がるぞ!と言ってる気がします。
しかし、サイドはゴツくて寝かせてね♡と言ってるとか言ってないとか。。
ま、走らせてみないとわかりません!




いつものトレイル。晴で土のコンディションバッチリであります。
先週もそこそこ走り込んで、感触はのこってる状態でトライです。
さてさて、最初に感じたのは軽い??
ところが重量はやや重い(小さじ一杯くらいね…)と言う…
なんだ??
空気圧はいつも通りにしたんですが、やはりコリャ転がりが良いのでそう感じたんでしょうか?ジャンプもいつもより「わ!なんか飛ぶ!」て思ったのはそのせいかなぁと。
後、空気圧は一緒なのに張りがあると言うか硬い感じって事はサイドウォールの剛性が高いのだろうと。
もう少し圧を落としてもイケるのかもしれません。
最近、リムをグニャグニャにしてしまうボクには安心できる材料ですね。
グリップについては、コンディションが最高なのでわからないと言うのが正直なところですが、フラットコーナーで寝かし込みが必要な部分もいつもと変わらずこなせました。
そして、タイムも取ってましたが、一本目から先週のタイムを1秒更新!
その後、大きくは伸びませんでしたが、ミスしてもほぼ同じタイムだったので基礎的にプラスに作用していると思います。
また空気圧変えたりしながら色々試したいですね










消耗品ですので、コスパが気になる!
レースを転戦するあなたにオススメできると思いますよ〜

レースシーズン終了(CJはね)

虫の声と心地よい夜風。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
名月を愛でつつそろそろ熱燗がよいなあなどと思う今日この頃です。
unspecified










。。。。

あれ?この前まで暑くて汗ドロドロで蚊と戦いつついつもどこかカユイ日々を過ごしていたんだがなあ・・

レースシーズン(CJはね)が終わっているじゃありませんか!!
今や懐かしいムヒの匂いを思い出しつつ更新です。。。

さて、開幕から今まで色々ありましたが、くんずほぐれつ酒池肉林であります。
いやホント。
開幕戦の箱館山は自分としてはまあまあな順位、タイムもまだまだではあるものの目標まであと一歩かなぁなどと思っていましたが、そこは欲が出るもの・・
いつもシーズン中は3戦出れたら御の字と思っていましたが、今まで素無視だった全日本も今回はなんやかや有りかなあという感じだったので参戦。ポイントもオマケ付きっぽいことにも誘われてなんですが・・オホホホ
これも欲の成せる技、秋に参戦できなくても何とかポイント稼いで置こうという話。
セコイ戦略でありますが、万年チャレンジクラスから脱したかったんでございます。。(本心)
てなわけで、今シーズンは最終戦も無理やり出場して全4戦となりました。
練習中にリムを何度も凹ませて文字通り凹む事も多かったシーズンですが、毎度のことながらSwankysさんのおかげで何とか乗り切れたシーズンでもありました。
オレ様のハードな走りにリムがついてこなかったゼ(☆゚∀゚)
トホホ・・

ゴホン。。
実は、どうやら出席点もあって昇格できそうであります。゜(´Д`)゜。
で、ハードな走りは置いといて、自分のどこがどんだけ変わったんだ?
が重要なわけですが、細かいところは少々修正できたかもしれませんが大きく変化ないと感じてます。
昇格したいなら上位で戦えるスキルが必要だと思うんですが、このままでいいのかしら?と思う訳です。
ドカンと急に変化できないオジサンですからチマチマやっていますが、はたしてついて行けるかしら??
が不安であります。゜(´Д`)゜。
「ポジションが人を育てる」とは言いますがそこはオジサン、一筋縄ではいかないわけです。。
と、いう訳で来シーズンはすでにスタートしている!否、させなければならない!
のです。。
幸い地元は冬もお構いなしに走れる環境。カユクナイシ。。
この地の利を生かさないといけませんね。。
ナーバスではありませんが、いつも時間があるようでないのがシーズンオフ。
色々考えながら取り組みたいところです。

unspecified5









フォークが頑張ってくれているのが解る画像?(Photo by ebiさん)
あとメットがチャラくなったっす。
時に、なんやかや言ってた各種セッティングですが、今シーズンは一切変更なしです。
本来コースやコンディションで変更することがあるはずですが、よく言えば安定を狙ったものです。
「いつものヤツ」って感覚を大前提にアタフタしない事を優先しました。
この冬にもう少しセッティングをシビアに感じるようにしたいところですね。゜(´Д`)゜。

Bikeも大分お疲れ。先ずはきれいさっぱりしたいですね!
来季を含めよろしくお願いいたします!!

追記
チームメイトであるエリートライダー コンチ君は言いました。
「本気出したらいいタイム出ました」 ← カレの名誉のために言っておきます、ホントに速いからシャレになるんすよ。念のため。。
よし、オレも本気出すぞ!!

ん?常に本気の必死ですが何か??

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

開幕

どーもどーも
春が過ぎ、ぼちぼち梅雨に入ろうかという今日この頃であります。
うすらぼんやり更新しているこのブログ。
レースシーズン開幕のお話し。
fde209b9.JPG






*こりゃあずいぶん前の画像
 箱館山Jシリーズ初参戦の時。

毎年GW恒例の箱館山。
今年も参戦して参りました。
結果、まあまあ、ぼちぼち、そこそこ、ほどほど、ちゅうのちゅう、えへ♡
てな感じはいつも通り。
ええ、なんのかんの言ってがんばっておりますのよ!ですが、前にも言った通りシビアに結果が出るのがレースで、「がんばりました!」ってプロセスによる情状酌量で順位が上がるとかはないわけです。
これには「次、前向いてがんばります!」ってことしかないのですが、「そんな成績で?」って言われると身も蓋も無いのですが、モチベーションの支えである事は間違いないんですね〜
普段アチコチ走るのは、レースに対する練習って位置づけが知らない間に普通になっていて、これがモチベーションの原点だってのはお話しした通りです。
そんな「腕試し」にしつこく参戦している私。
相変わらず自分VS自分で考えると、何気に伸びているのでモチベーションは失われずに何とかやっております。
ハハハハハ。。。。あーあ。。

処で、最近BIKEに関しては、小変更はあったものの、基本去年と全く一緒であります。
セッティングも一回決めたもので乗り込んで、現状では安心感を持って走れるていると思います。
これが違うコースを走った時にも、同様の安心感を持って(ゆとりをもって)走れるのであれば、先ずは変える必要を感じていません。
本来ならば、コースや得意不得意のセクションに応じて変更を施し速く走れる様にするのがベストと思いますが、ビビットな変化についていかない身体の私は、かえって危険であるとの判断です。
「いつもの感じ」これがとても大事なところなのかなあと。それゆえ同じところをアホみたいに何度も走るわけで、BIKEの感触を叩き込む事と、自身の体調やら乗れてる・乗れてないを排除するためにタイムを測るって行為で「いつもの感じ」を手に入れる様にしているつもりです。。
「いつもの感じ」が手に入ると、BIKEの変化にようやく気が付くわけで、そこからがセッティングやメンテ相談になるのかなと思います。(いつもお世話になっております師匠m(_ _)m)
あ、もちろん故障はさっさと直さないといけませんが・・・
まあ、こんな行為を、速い若者はサクサク短時間で達成するか、「ギいいいい・・」とか音がしててもカンケーなく速いぶっ飛んだライダーはカッコいいんですが、オジサンにはムリねって事で、チマチマと怖くない方法でアベレージを上げて行こうとやっておりますんですはい。

あ、最近ですね、シフトをガチャガチャやってるんすよ、情状酌量ないっすかね〜
ニゲロ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

2016ネンガタ

みかえせば ほろにがいのよ ぶろぐって

....
過去の恥ずかしい数々をかみしめているぼくです。
放置ブログ歴もなかなかな腕前の今日この頃。
思い出した様にフワッと現れる更新であります。


ダウンヒル始めたころってどうだったっけ??
てな思いに駆られてブログを見返すと、な〜んかヒドイもんで、テキトーなことテキトーに息を吐くように言っておりますですわ。
そんなことは百も承知だとは思うんですがまあまあ聞いてくださいませ。

しかし、見返して思うことは、トレイル開拓が大きな転機になっていることがよ〜〜〜くわかりますねえ
トレイル側の試行錯誤もなかなかのもので、そんなこんなで今に至るってのもなかなか感慨深いものがあります。
なんのかんの言っても、いつでも思い切り練習できる環境っていいもんだなぁと思っちゃいましたね。
このオジサンを今の状態(ショボいけどさ)に支えてくれている原点はその辺かなぁとぼんやり考えております。
なんたって、自分のスキルに合わせてトレイル側を触れるわけで、こりゃなかなか無い環境かもなと。
かといって、そこだけ走ってても、それ以上は伸びないわけで、外的刺激がなければこれはまさしく「井戸のなかの蛙」になっちゃいますよね。
そんな外的刺激がいまでも刺激的なSRZであり、師匠をはじめとする周りの人たちの走りなわけで、お蔭さまをもってトレイルともども少しは成長したんじゃないかと思うんですね。
それで、そのモチベーションを保つのが、先ずはCJシリーズをはじめとするレースで、これはまた刺激的なわけです。
もちろん趣味である以上レースだけがモチベーションを保つ理由ではないし、純粋に上手くなってもっと楽しく走りたいってのが原点なわけですが、「どれほどか?」っていう身の丈を知るには一番手っ取り早い方法です。
レースに出たりで、いろんな地域・年齢の人と交える機会を得ることで、単純に「スゴイ人がいる!」とか、「自分はまだまだだなぁ」なんて思ったり、「アノヤロには負けん(`Д´) 」みたいな事もひっくるめて楽しいんすね。
そこはレース。シビアなもんで、キッチリ結果がわかります。
それで身の丈を思い知らされるんですが、ショボいなりに次回の目標なり、どうしてもトラウマになったセクションを克服するとか、シフトチェンジするとか・・・え〜まあいろいろあるわけです。ゴホン。。
いわゆる、自分の課題が見つかるってヤツです。
人から指摘される課題もありますが、これは案外ピンときてない場合があって、自分の経験で「はは〜ん」ってなってから指摘の正しさに気が付くなんてことは山ほどあると思います。(も、もうピンとキテるっす!たぶん...)
んで、いつもの練習に何かしら課題をもって挑むってのが正統派練習方法なんだと思うんですが、この課題は自分が思いついた課題であれば、自分に嘘ついたってしょうがないわけで、克服できたかどうかって自分が一番分かるんじゃないかと思います。が、このスポーツ、「今日はノレてるぜべいべ〜」みたいな感覚になる時があって、克服できた気になっちゃう事があるんですが、それって全然客観的じゃなくて、「後で撮ってもらった動画みた...ショボ!(;´Д`)」ってアレだったりするわけです。そうです、まさしくこのブログの様に・・・
ゴホン。。このブログで身をもってショボさを晒しているアレです。。
で、一番客観的なのがタイムであって、この競技では「神」なわけです。
神である以上、崇拝するんですが、ここでも「趣味」ってキーワードとは若干相容れない事かなぁと。
そこで、
楽しく走る=上手くなる事=必然的にタイムが上がる
って考えていたりします。
最初はやっぱり難しいセクションを克服する事に集中したりで「今日は上手くいった!」ってな喜びで十分楽しい遊びなんですが、次に来るのはどうしたってタイムって目標になるんじゃなかろかと。
スタイリッシュに走りたい!ってのももちろんあるんですが、だいたいスタイリッシュな人は、普通に走らせても速いですよね。あくまで基礎的スキルがあって、その上に成り立つスキルなんで一足飛びに習得できるスキルじゃないなぁって思います。

で、わがブログを見直すと、
「身の丈のわかってないオッサンがイロイロいってる( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」
・・・
他人ならいいのに。・゚・(ノД`)

って、ほろ苦さを味わいつつ晒し続けるのでありました。。

こわい1








さて、シフトチェンジするぞ!!←2016ネンガタ

ばいばいき〜ん( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

シーズン終了

秋の風が心地よい四国でございます。
虫も姿を消してトレイルライドに最適なシーズンですねぇ。

あ、ご無沙汰しておりました。
前に更新したのが何時だか覚えてない体たらくのブログ。
ケツを蹴っ飛ばされて
意欲的な更新でございます。

その間、イロイロなレースに参戦してきた訳ですが、成績の方は相変わらず自慢できたもんじゃないっすね。
ですが、ですが、この前のcj最終戦、富士見では自己ベストリザルトを記録しましたm(_ _)m
ここは素直にうれP
いや、マンモスうれPワケです。
しかし、目標タイムには遠く及ばず、ここは悔しい、いや、マンモスくやPのです……
この辺が、全体のイマイチッぷりの原因である事は間違いなくて、「あと1秒!」に食らいつく部分を鍛えないとあきません。。
実際、コンマ差で一桁を逃した訳で、何処かのブレーキリリースか一漕ぎたりんかったって事であります。
それより何より、目標タイムに到達してれば、もっと楽に上位に入れたワケで、更に上位カテゴリーで戦うにはそれが必須なハズですね。
さて、この秋富士見ですが、いつも「テクニカルなシングル」が中心で、他のコースよりも私は好きであります。(噂の無慈悲なキャニオンはありましたがアレは神が無視しなさいと囁いたので素無視)
ライン選びで、1〜2秒違う事は明らかで、私くらいのスピードで挑む場合は確実に削れるポイントが存在するのもこのコースの特色かもしれません。
忙しく動くポイントが数カ所ありますが、SRZに比べれば忙しさは程々で、ハラホロヒレハレとまでならないんであります。
そんな訳で、ここではまあまあなタイムが出せるんじゃないかと自己分析しております。
たぶん、コーナリングや高速セクションでは勝負にならない速い人達が沢山いるハズですが、何とか食らいついて行けたかな〜と考えておりますm(_ _)m
「じゃあ、もっとリザルト上なんじゃね?」
ごもっともでございます。
特別ミスなくてもこんなもんって位置から脱出したいっす( ;´Д`)

それと!
一つ発見!!
27.5のメリットであります。
大嫌いな富士見Aのレースコースまでの移動が、26の時より楽なんじゃね??って事です。
27.5にスイッチして早3ヶ月。(このブログでは言ってなかったっけな…)
馴染む程にメリットらしい部分は影が薄くなり、そんなに変わらんてな感想になりがちなんですが、高速且つ荒れた路面では、私みたいなヘッポコを助けてくれてると思います。安定感が増して安心して走れるって感じでしょうか?
他にもあるハズなんですが、バイクの違いに馴染んでしまうとなかなか「コレ!」ってのが難しいすね。

そんな訳で、シレっと27.5にスイッチした報告方々、久々の更新でありました〜
さて来シーズンに向けて練習します〜

いつもレースの写真を全カテゴリー撮影していただいて本当に感謝ですm(_ _)m
なんか速そうな写真を使わせていただきます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

バネはもういっか。。

バネのはなしが長らく続いておりました。
そうこうしてたら2レースまたいでいるじゃないすか!!
それ以外にもいろいろアレコレあったのは言うまでもありませんが、まあ、なんだ、ちょっとコレガアレだったもんで...
て、別に取り立てたことがあったわけじゃなく、単にめんどくさかった!忙しかったの♪

ごほん。
えー、レースレポートってんではないんですが、あれほどセッティングがどーのこーの、乗り方がどーのこーのって言っておいて、レースはどうなんだ?って話です..
結論から申しますと、結果は相変わらずの中の下って感じなわけです。
「中の中くらいですやん!」とのお慰めをいただきましたが、大きな変化がない残念さ加減です。。
え〜、ウルサイ!!(´∀`)

ゴホン。。
なんですが、
なんですが!
なんですが!!

一つ自分の中で変化がありまして、このところず〜〜っと乗らない週末はなかったんですね。
それが功を奏したのか、練習時間いっぱいまで走り続けても、体がヨレヨレにはならずに、それなりに集中力をもって挑めたなあって思いました。
これって結構大事で、アタシみたいなへっぽこは数をこなしてやっと少しタイムが伸ばせるので、数こなすってのは重要なわけです。
それもタイムを取りながら練習することが今や当たり前になった事も、明確な目標と課題をもって挑めるので、人様との比較はさておき、少しでもタイムが伸びることが楽しみでもあります。
そんなわけで、必死に走るだけ走って、なんだかヨレヨレで、精神的余裕もなく本戦は早く終わればいいのにって感情からはずいぶん変わったもんだって思いました。
やっと「レースを楽しむ」って感覚になったのかもしれません。

ずいぶん時間がかかったもんで( ゚∀゚)

なんと、基礎体力の重要なことか!
もちろん、センス抜群、体力、スキル十分の方にはなんだそりゃだと思いますが。
これがなきゃろくに練習すらできないってことですね。。

んで、忘れちゃいけません「セッティング」です。
これも、このところのバネ云々もちろんのこと、チマチマとつめた結果、今はセッティングのバッチリ感がすごいです。
腕上がりもありませんし、ハイスピードでの安定感もあって乗ってて安心♪
バイクがちゃんと仕事してくれてるって事は疲れも少ないんだと思います。
速く走るための変更はまだあるとは思いますが、そこはスキルとトレーニング次第かと。。m(_ _)m
そんなわけで、とても鍛えてくれるボコボコのトレイルはとても重要というお話。

最近さらに鍛えてくれるBack LEBEN で、グズグズから脱出したいもので。。

こんなにちがうんだよ

みなさんバネはお好き?

この前清々しくコケたはずのアタシ。 バネ変えてから初の高知入り。
気を入れて挑んだんですが最初からボロボロ。。
まあ、ここは少し間を空けると最初の一本が異様にしんどい事は確かなんですが、コケルはトマルはとにかくちゃんと走れない。。
かと思うとピンポイントで「調子の良さ」を感じて調子に乗ると、とんでもないコケ方したりで散らかりまくり。
なんじゃあこりゃあ〜〜(涙)
そしてナイショでリアのリバウンドをコチョコチョ・・
そんなにかわらん・・
なして〜。・゚・(ノД`)
腕立て伏せが足りないのか・・・・

そんな時は素直に師匠にお尋ねしましょう(☆゚∀゚)

なんででしょう?
「それはオマエのせいだぞよ(゚Д゚)」
ひいい〜ε=ε=(;´Д`)
「それはさておき、リアのバネレートが変わったことで、フロントの挙動に違和感ないの?」
フロント??(; ̄Д ̄)
そういやなんかラインを外すことが多くて、安定しないっす。。
「そっちが先なんだよ!(`Д´)リアのセッティングとか触ってるんじゃねぇ〜よ!(゚皿゚メ)」
あわわわ(;´Д`)
知ったかぶりでコチョコチョしちゃダメなんすね..(´Д⊂)
「フロントのLowコンプを入れたまえ(゚Д゚)」
ありがとうございます。゚(゚´Д`゚)゜。

おかげさまで、一応以前の水準のタイムが出ましたm(_ _)m
しかし、まだまだな〜んか必死で走ってる感じで、全くゆとりがないっすね。
「それは完全にオマエのせいだぞよ(゚Д゚)」
ですね(; ̄Д ̄)
再度脳内セッティングとしつこい練習でがんばるっす〜 

image
Categories
みなさんのコメント
Links!
過去動画はこちら!
WCの開始時間は?
livedoor 天気
  • ライブドアブログ