秋の風が心地よい四国でございます。
虫も姿を消してトレイルライドに最適なシーズンですねぇ。

あ、ご無沙汰しておりました。
前に更新したのが何時だか覚えてない体たらくのブログ。
ケツを蹴っ飛ばされて
意欲的な更新でございます。

その間、イロイロなレースに参戦してきた訳ですが、成績の方は相変わらず自慢できたもんじゃないっすね。
ですが、ですが、この前のcj最終戦、富士見では自己ベストリザルトを記録しましたm(_ _)m
ここは素直にうれP
いや、マンモスうれPワケです。
しかし、目標タイムには遠く及ばず、ここは悔しい、いや、マンモスくやPのです……
この辺が、全体のイマイチッぷりの原因である事は間違いなくて、「あと1秒!」に食らいつく部分を鍛えないとあきません。。
実際、コンマ差で一桁を逃した訳で、何処かのブレーキリリースか一漕ぎたりんかったって事であります。
それより何より、目標タイムに到達してれば、もっと楽に上位に入れたワケで、更に上位カテゴリーで戦うにはそれが必須なハズですね。
さて、この秋富士見ですが、いつも「テクニカルなシングル」が中心で、他のコースよりも私は好きであります。(噂の無慈悲なキャニオンはありましたがアレは神が無視しなさいと囁いたので素無視)
ライン選びで、1〜2秒違う事は明らかで、私くらいのスピードで挑む場合は確実に削れるポイントが存在するのもこのコースの特色かもしれません。
忙しく動くポイントが数カ所ありますが、SRZに比べれば忙しさは程々で、ハラホロヒレハレとまでならないんであります。
そんな訳で、ここではまあまあなタイムが出せるんじゃないかと自己分析しております。
たぶん、コーナリングや高速セクションでは勝負にならない速い人達が沢山いるハズですが、何とか食らいついて行けたかな〜と考えておりますm(_ _)m
「じゃあ、もっとリザルト上なんじゃね?」
ごもっともでございます。
特別ミスなくてもこんなもんって位置から脱出したいっす( ;´Д`)

それと!
一つ発見!!
27.5のメリットであります。
大嫌いな富士見Aのレースコースまでの移動が、26の時より楽なんじゃね??って事です。
27.5にスイッチして早3ヶ月。(このブログでは言ってなかったっけな…)
馴染む程にメリットらしい部分は影が薄くなり、そんなに変わらんてな感想になりがちなんですが、高速且つ荒れた路面では、私みたいなヘッポコを助けてくれてると思います。安定感が増して安心して走れるって感じでしょうか?
他にもあるハズなんですが、バイクの違いに馴染んでしまうとなかなか「コレ!」ってのが難しいすね。

そんな訳で、シレっと27.5にスイッチした報告方々、久々の更新でありました〜
さて来シーズンに向けて練習します〜

いつもレースの写真を全カテゴリー撮影していただいて本当に感謝ですm(_ _)m
なんか速そうな写真を使わせていただきます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*