top-04

こちらの『センターブログ』では、お知らせやボランティアの募集などの最新情報、理事長やボランティアさんによるコラムの掲載、救護動物の状況などをご案内するブログです。

野生動物保護センターの働き

2018年05月01日

まもなく世間はGW。q(^-^q)     自分達は真逆。( ̄0 ̄;)
動物達に休みは無いし役所も休みの為、センターへの相談が殺到。理事長の出番です。(^o^ゞ                                     
昨日、塩竈市から釣糸くわえたウミネコがセンターへやって来ました。
レントゲン写真を観ると喉元に釣り針が…………(。>д<)
無理に摘出したら現状では復活は厳しく偶然にも餌を食べたら出たとの神頼みかなぁ……(-。-;)                                                         

以外に知られていない事も………-( ゜o゜)
溜め糞。動物達は同じ場所で糞をするのが多い。
むしろそこは安全とばかりにモッコリやっていますね。(-_-;)
あるテレビ局のダーウィンが来たを見てますが外来種ハクビシンをあまり細かくやらないので残念。(/o\)
好物はバナナですが日本本土にはない。では何を食べてるか………σ(^_^;)?
季節によりますが甘党で果物を好みます。ですが意外に昆虫も食べてます。
全国から動物達が居なくなったら昆虫類の世界になるかもしれませんねぇ……(。>д<)    
食物連鎖があって現在が保たれています。
生態を知らないと大変な事になり自分達に降りかかってきます。
もっと動物達の事を知るべきではないでしょうか。(*^O^*)

DSC_0032

DSC_0103

DSC_0117

DSC_0118

DSC_0121





保護している動物

2018年01月25日

暦のうえでは大寒も過ぎ日本列島は一番寒い時期とされてますが例年と違いはんぱない寒さ。

私事ですが五年ぶりにインフルエンザBに感染。只今、休息中です。(/o\)   

オオハクチョウは左脚2ヶ所骨折。元通りにならずも生きて行ける事は可能と判断。もう2度と飛ぶ事は出来ませんが……(。>д<)
前回のブログにコメントをいただき、仲良く過ごせればと同じ場所に放鳥希望がありました。
しかし食べ物が少なく少し心配もありましたので、食べ物の一番多い所に放鳥することに。                                                     
2年ぶりに県からキツネが保護されて来ました。いつもですと寄生虫ヒゼンダニが……(((((((・・;)   
今回は車に衝突。外傷なく脳震盪ではないか…(..)  
早速、保護した場所で放獸。綺麗なキツネは久し振りに見ました。(#^.^#)                                     

センター内で事故も………(ToT)       左目白内障のコミミズクが自分の脚で眼をほじる。眼球が無くなっていました。仙台弁でイズイ。いずがったんだろうね。(^_^;)                                                  

大鷹は2ヶ月過ぎても未だ立てず長期戦。脚を強制で動かすとぷるぷる感じる。
脈はありそうですね。(;゜゜)                                             

今年も宜しくお願いします。m(__)m


DSC_0115

DSC_0114


DSC_0108


DSC_0102


DSC_0096



保護している動物

2017年12月25日

師走も間近、バタバタなのがセンターです。

先月、職場体験で大活躍したのがハクビシン(若葉)です。
野性動物に触れる事事態、タブーなのにベタベタ状態。いいのかなぁ……(((((((・・;)   

大鷹は脚が麻痺で長期戦。

オオハクチョウは脚骨折もなんとか立てるまでになり北気行無理でも自然界で生きる事は可能と判断。
新年1月半ば放鳥予定です。(^^)d

県から持ち込まれた小さな鷹の様な者は夜鷹です。あの宮沢賢治の小説。(^^)   
3週間の治療経て無事放鳥。保護場所がセンター近くにビックリです。(゜゜;)    

残念な事も………(T.T)  
コノハズクの治療も自力で食べない為、2週間後に看取る事も………(..)

新年も良い年であります様に……m(。_。)m


DSC_0086

DSC_0088

DSC_0090

DSC_0096

DSC_0097




野生動物についてのお願い

2017年04月19日

仙台でも桜舞い散る華やかさは毎年、感動が違い年の正でしょうか……d=(^o^)=b
県内初の鳥インフルエンザ確認後、関係機関の連携もマニアル通り運び本日、午前0時を持って解除に至る。m(__)m 
センターでは新年度にも関わらず相変わらず呑気なハクビシン(若葉 )は寝ぼけ眼……(^_^;) 
来週、2羽のキジバト・ドバトを放鳥します。半年に渡る治療・リハビリに良く頑張ったなぁ……p(^^)q                                       

この時期から雛を保護したのですがどうしたら良いかとの電話依頼。
どうか元の場所へ戻して下さい。
中には強者の方も………(--;)   子供が…… 猫が…… 持ってきた。カラスに狙われてる。巣立ち雛が交通量多い所で可愛そう……❔
ですがここで人間が手を差し伸べれば助かるかもしれないけど、つがいの鳥は一生不幸を背負います。つがいの鳥にここは危険だと認識してもらう為にも遠くから見守る事が大事なのです。
また、センターに反論して来るんだろうなぁ……(((^_^;)      自然界を大切に………m(__)m
 CA3H12090001
DSC_0007

DSC_0016

DSC_0038
DSC_0039



保護している動物

2017年02月15日

冬、一番寒い時期なのになぜか仙台は今シーズン一度も雪掻き無くニュースで山陰地方で大雪とのこと。   (-_-)                                今シーズンは鳥インフルエンザが全国各地から出ており養鶏業者関連の方は大変な状態。(T_T)    
センターでも外に居た鳩達を室内へ移動する始末。白鳥達を受け入れる際、先ずは検査。簡易検査で15分で判明。(^^;
では陽性反応だったらちゃんと家畜伝染病予防法に乗っ取って対応は…( ゜o゜)
ワクチンも未だ高価でうちでも餌代に鶉を購入しています。ワクチン援助しようか検討もありました。ですが高価。(/o\)
思い通りに行かないのが現状。相変わらず呑気なハクビシン若葉は健在。いたずらも磨きが入り何を考えてるのか…(^^;

嬉しい事も…年賀状にセンターから福井県へ里親に行ったトビに仲間が増えて元気にしてる写真も添えられ楽しそう …\(^^)/

 DSC_0005
DSC_0006
DSC_0009
DSC_0013
DSC_0016


カスタム検索
連絡先
第一保護所
(野生動物診療所併設)
 022−294−7321

※緊急の場合は、必ず電話でご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

E-mail
  miyagi_yasei_dobutsu◆yahoo.co.jp
   ⇒迷惑メール防止のため、◆を@に変換してください。
  ★ホームページはこちら★

ブックマーク&RSS
お気に入りの登録とRSSの登録はこちらからどうぞ!


人気ブログランキングへ
より充実した情報を提供しより多くの方々にご覧いただくため、是非クリックして投票お願いします。
Amazonで本を探す
訪問者数

携帯でも見れます
QRコード
相互リンクの募集!
NOP法人みやぎ野生動物保護センターと相互リンクをしていただけるサイトを募集しています。

★NOP法人みやぎ野生動物保護センターとの相互リンク★
⇒相互リンクしていただいているサイトのご紹介もあります。
こちらもご覧ください!
月別記事検索