<アイ・ウィッシュ・ユー・ワー・ヒヤ アルファー・ブロンディー 原詩・訳詩>

ピンク・フロイドのカバーです。解説も流用します。
こっちのレゲエ版の方が気に入ってしまいました。

西側からベルリンの壁の向こうにいる君を気づかっている。
ベルリンの壁が崩壊する前の歌です。

古い思想教育のまま、何年も走り続けて 見つけた答えは
以前と同じ 戦争の恐怖。

奴らとは"権力者"。

あなたがここに居てくれたなら。。。

♪ALPHA BLONDY / I Wish You Were Here

So, so you think you can tell          
Heaven from Hell,                      
Blue skies from pain.                  
Can you tell a green field             
From a cold steel rail?                
A smile from a veil?                   
Do you think you can tell?             

Did they get you to trade              
Your heroes for ghosts?                
Hot ashes for trees?                   
Hot air for a cool breeze?             
Cold comfort for change?               
Did you exchange                       
A walk on part in the war,             
For a lead role in a cage?             

How I wish, how I wish you were here.  
We're just two lost souls              
Swimming in a fish bowl,               
Year after year,                       
Running over the same old ground.      
What have we found                     
The same old fears.                    
Wish you were here. 
                  
そうか 君は 話せると思ったんだね
地獄から 天国の事を
病んだ場所から 青い空の事を
君は 緑の草原の事を話すことができるのかい?
冷たい刃物のような線路の向こうから
ベールの向こうから 微笑むのかい?
君は 話すことができると 考えているのかい?

奴らは トレードしてきただろ?
君の憧れる人達を ゴーストに
熱い灰を 木立ちの代わりに
熱風を 冷たい風の代わりに
引き換えに得られたのは 冷たい安楽かい?
君は交換してしまったのかい?
散歩のひとときを 戦争によって
檻の中で鎖に繋がれる生活に
 
どんなに どんなにか 君がここにいてくれたなら。。。
僕らは まさに 地獄へ落ちた二つの魂だ
金魚鉢の中で泳ぐように
何年も 何年も
古いグランドをぐるぐると走り続ける
僕らは 何を見つけたのだろう?
以前と同じ 古い恐怖さ
君が ここにいてくれたなら。。。