ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

<夜明けのランナウェイ ボン・ジョヴィ 原詩・訳詩>

A touch of sable in their eyes:
彼女達の目の中のアメリカン・イタチ/クロテンのタッチ。
タッチには、接触(触れる)、絵のタッチ(油絵のタッチの水彩画とか)の意味があり

「瞳に宿るイタチの引っ掻き」に取れなくもないのですが
"scratch"ほど強くないので

「クロテンのような(タッチの)瞳」とします。

A different line every night:
「毎晩、異なる系列」、「毎晩、異なる顔立ち」から、この後のセンテンスに繋がります。
「毎晩 違う系統の男」とします。

runaway:
逃走者、逃亡者、どっちでもいいのですが「逃亡者」にします。

♪BON JOVI / Runaway

On the street where you live
Girls talk about their social lives
They're made of lipstick, plastic and paint,
A touch of sable in their eyes
(All your life) All your life all you've asked
When's your Daddy gonna talk to you
But you were living in another world
Tryin' to get a message through

No one heard a single word you said
They should have seen it in your eyes
What was going 'round your head

Ooh, she's a little runaway
Daddy's girl learned fast
All those things she couldn't say
Ooh, she's a little runaway

A different line every night
Guaranteed to blow your mind
I see you out on the streets,
Call me for a wild time
So you sit home alone
Cause there's nothing left that you can do
There's only pictures hung in the shadows
Left there to look at you

You know she lights the lights at night
On the neon Broadway signs
She don't really mind,
It's only love she hoped to find

Ooh, she's a little runaway
Daddy's girl learned fast
All those things she couldn't say
Ooh, she's a little runaway

No one heard a single word you said
They should've seen it in your eyes (seen it in your eyes)
What was going 'round your head

Ooh, she's a little runaway
Daddy's girl learned fast
All those things she couldn't say

Ooh, she's a little runaway
Daddy's girl learned fast,
Now she works the night away

Ooh, (she's a little runaway)
Daddy's girl learned fast
All those things she couldn't say

Ooh, (she's a little runaway)
Daddy's girl learned fast,
Now she works the night away

君の住んでいる通りで
少女達が 社会生活について話している
彼女達は リップスティック プラスチック それに塗料で出来ている
クロテンのような瞳
ずっと 君は聞かれてきた
いつ 君のパパは 話しかけたらいいんだい?
君は 別な世界に住んでいる
メッセージをスルーしようとする

誰も 君の一言に耳を貸さなかった
彼らは 君の目から 物事を見るべきだった
何が 君の頭を巡っていたのか

ああ 彼女は小さな逃亡者だ
パパの娘は 早く学んだんだよ
彼女が話せない 色々な事を
彼女は 小さな逃亡者だから

毎晩 違う系統の男が
君の心を撫でつけて行く
僕は 君を通りの端で見かける
荒れ狂った時には 電話を掛けてくれ
君は 家に1人で腰掛けている
君の出来る事は そこには何も残されていないから
陰の中に 絵が飾ってあるだけだ
君を見つめる為に そこに置いてある

彼女は 夜中に明かりを点ける
ブロードウェイのネオン街の上で
彼女は まったく気にしていない
それは 彼女が望んだ愛に過ぎない

ああ 彼女は小さな逃亡者だ
パパの娘は 早く学んだんだよ
彼女が話せない 色々な事を
ああ 彼女は小さな逃亡者だ

誰も 君の一言に耳を貸さなかった
彼らは 君の目から 物事を見るべきだった
何が 君の頭を巡っていたのか

ああ 彼女は小さな逃亡者だ
パパの娘は 早く学んだんだよ
彼女が話せない 色々な事を

ああ 彼女は小さな逃亡者だ
パパの娘は 早く学んだんだよ
彼女が話せない 色々な事を

ああ
パパの娘は 早く学んだんだよ
彼女が話せない 色々な事を

ああ
パパの娘は 早く学んだんだよ
彼女が話せない 色々な事を