ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

<王様の神殿 レインボー 原詩・訳詩>

ディオの追悼特集です。

♪RAINBOW / The Temple Of The King

One day, in the year of the fox
Came a time remembered well,
When the strong young man of the rising sun
Heard the tolling of the great black bell.
One day in the year of the fox,
When the bell began to ring,
It meant the time had come for one to go
To the temple of the king.

There in the middle of the circle he stands,
Searching, seeking.
With just one touch of his trembling hand,
The answer will be found.
Daylight waits while the old man sings,
Heaven help me!
And then like the rush of a thousand wings,
It shines upon the one.
And the day has just begun.

One day in the year of the fox
Came a time remembered well,
When the strong young man of the rising sun
Heard the tolling of the great black bell.
One day in the year of the fox,
When the bell began to sing
It meant the time had come for the one to go
To the temple of the king.

There in the middle of the people he stands,
Seeing, feeling.
With just a wave of the strong right hand, he's gone
To the temple of the king.

Far from the circle, at the edge of the world,
He's hoping, wondering.
Thinking back on the stories he's heard of
What he's going to see.
There, in the middle of a circle it lies.
Heaven help me!
Then all could see by the shine in his eyes
The answer had been found.

Back with the people in the circle he stands,
Giving, feeling.
With just one touch of a strong right hand, they know
Of the temple and the king.

狐年のある日の事だ
記憶に刻まれた時が やって来た
ライジング・サンの強き若者が
大きな黒い鐘の音を聞いたとき
狐年のある日の事だ
鐘が鳴り始めたとき
それは ある者が 向かう事を意味していた
王の寺院へと

円の中央に彼は立つ
探している 見つけようとしている
彼の震える手の感触で
その答えは見つかるのだろう
老人が歌う間 日の光は沈まずに待っている
天よ 助けてくれ
それから 一千もの翼の羽ばたきのように
1つを照らし出す
そして その一日が始まった

狐年のある日の事だ
記憶に刻まれた時が やって来た
ライジング・サンの強き若者が
大きな黒い鐘の音を聞いたとき
狐年のある日の事だ
鐘が鳴り始めたとき
それは ある者が 向かう事を意味していた
王の寺院へと

人々の中央に 彼は立つ
探している 感じている
右手の力強い波動で 
彼は向かった 王の寺院へと

円から遠くで 世界の隅で
彼は願う 思案する
物語の世界へ戻る 彼は聞かされている
彼が見るものを
円の中央で それは横たわる
天よ 助けてくれ
彼の目の輝きによって 全てを見る事が出来た
その答えは 見つかった

人々と共に過去へ戻る 円の中央に彼は立つ
与える 感じ取る
力強い右手が触れると 彼等は知る
寺院と王を