ロック・ユー!

ハードロックとか洋楽の日本語訳サイトですがAndroidや時事ネタも日記でやります。 曲のリクエストはコメント欄へどうぞ。 タイトルとか、歌詞の一部で検索できます。 デリミッタは空白でok。 翻訳の無断借用は禁止です。

和訳-Blackmore's Night

ファイヤー・アット・ミッドナイト

<ファイヤー・アット・ミッドナイト 原詞/訳詞>

Wikipedia:セブン・シスターズ

♪BLACKMORE'S NIGHT / Fires At Midnight

I stood out here once before
With my head held in my hands,
For all that I had known of this place
I could never understand.

On the hills the fires burned at midnight,
Superstition plagued the air,
Sparks fly as the fires burn at midnight,
the stars are out and magic is here...

I wished on the seven sisters,
Bring to me wisdom of age,
All that's locked within the book of secrets,
I longed for the knowledge of the sage...

On the hills the fires burned at midnight,
Superstition plagued the air,
Sparks fly as the fires burn at midnight,
Stars are out and magic is here,
The stars are out and magic is here...

So, the sisters smiled to themselves,
And they whispered as they shone,
And it was from that very instant,
I knew I would never be alone.

While on the hills
The fires burned at midnight,
Superstition plagued the air,
Sparks fly as the fires burn at midnight,
Stars are out and magic is here,
the stars are out and magic is here...

Many stars were long forgotten,
Many faded and became ghosts,
Still my sisters glittered down from heaven,
Always there when I needed them most...

And on the hills
The fires burned at midnight,
Superstition plagued the air,
Sparks fly as the fires burn at midnight,
Stars are out and magic is here,
The stars are out and magic is here...

I stood out here once before
With my head held in my hands,
For all that I had known of this place
I could never understand.

On the hills the fires burned at midnight,
Superstition plagued the air,
Sparks fly as the fires burn at midnight,
Stars are out and magic is here,
The stars are out and magic is here
The stars are out and magic is here
The stars are out and magic is here
The stars are out and magic is here...

私は かつて ここに立っていた
頭を両手で抱えながら
この地に関して知り得る全ての為に
私には 決して理解できなかった

丘の上では 真夜中に炎が燃え盛り
迷信が空気を悩ませる
真夜中に 炎が燃え盛り 火花を散らす
星々は煌めき そして マジックがここにある

私は7姉妹(プレアデス星団)に願いを掛けた
諺をもたらすように
秘密の本に封じ込められた事柄を
私は 賢明な知識に憧れを抱いていた

丘の上では 真夜中に炎が燃え盛り
迷信が空気を悩ませる
真夜中に 炎が燃え盛り 火花を散らす
星々は煌めき そして マジックがここにある
星々は煌めき そして マジックがここにある

姉妹達は 彼女達自身に微笑み
囁くほどに 輝きを増していく
まさに その瞬間から
私は一人ではないと感じた

丘の上で 
真夜中に炎が燃え盛る間
迷信が空気を悩ませる
真夜中に 炎が燃え盛り 火花を散らす
星々は煌めき そして マジックがここにある
星々は煌めき そして マジックがここにある

多くの星は 長きに渡り忘れ去られ
多くは消え去り 星の精となる
未だに 私の姉達は天から光を降り注ぐ
いつも 私が彼女達を最も必要とするときに

そして 丘の上では
真夜中に炎が燃え盛り
迷信が空気を悩ませる
真夜中に 炎が燃え盛り 火花を散らす
星々は煌めき そして マジックがここにある
星々は煌めき そして マジックがここにある

私は かつて ここに立っていた
頭を両手で抱えながら
この地に関して知り得る全ての為に
私には 決して理解できなかった

丘の上では 真夜中に炎が燃え盛り
迷信が空気を悩ませる
真夜中に 炎が燃え盛り 火花を散らす
星々は煌めき そして マジックがここにある
星々は煌めき そして マジックがここにある
星々は煌めき そして マジックがここにある
星々は煌めき そして マジックがここにある
星々は煌めき そして マジックがここにある

ルネッサンス・フェア

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!
<ルネッサンス・フェア ブラックモアズ・ナイト 原詞・訳詞>

BLACKMORE'S NIGHT / Renaissance faire

I was told once, by a friend of mine,
She had seen an olden sign,
Said she was not from this time,
And did I feel the same?
So I told her, "Yes", I knew her fear
As I felt the truth draw near
Told her back three hundred years,
Was the time that I held dear...

Gather lords and ladies fair,
Come with me to the Renaissance Faire
Hurry now,
We're almost there...
Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

Through the shroud of mystery,
Turn a page of history,
Feeling more than you can see,
Down at the Renaissance Faire.
Hear the minstrels play their tunes,
They will play the whole night through,
Special songs for me and for you,
And anyone whose heart is true...

Gather lords and ladies fair,
Come with me to the Renaissance Faire
Hurry now,
We're almost there...
Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

There's too many stars for one sky to hold,
Some will fall, others are sold,
As the fields turn to gold
Down at the Renaissance Faire...

Gather lords and ladies fair,
Come with me to the Renaissance Faire
Hurry now,
We're almost there...
Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

Gather lords and ladies fair,
Come with me to the Renaissance Faire
Hurry now,
We're almost there...
Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

Gather lords and ladies fair,
Come with me to the Renaissance Faire
Hurry now,
We're almost there...
Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...
Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...
Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

かつて 私の友達から 話を聞かされました 
彼女は 古き「しるし」を見ました 
それは 彼女が今の時代から来たものじゃないと 語っています
私が同じように感じているのか聞いています
それで 「イエス」と答えました 彼女が恐れているのを知っていたわ
真実に近づいたのを 私が感じたとき
彼女の背中に伝えました
300年間 それが 私が愛しさを懐いた時代です

君主達と レディー達 正直に集まってね
私と一緒に ルネッサンス・フェアにおいでよ
今直ぐに
私達は たいていはそこにいるわ
ファ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ

ミステリーの覆いを通って
歴史のページをめくります
貴方が見る以上に もっと感じられる
ルネッサンス・フェアに立ち寄ってください
吟遊詩人が曲を演奏するのに 耳を傾けて
彼等は 一晩中 演奏するでしょう
私と貴方の為の 特別な歌を
そして ハートが穢れていない人なら誰でも

君主達と レディー達 正直に集まってね
私と一緒に ルネッサンス・フェアにおいでよ
今直ぐに
私達は たいていはそこにいるわ
ファ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ

1つの空が保持するには 余りにもたくさんの星々があります
落ちるものもあれば 残りは売り物です
畑がゴールドに変わる頃
ルネッサンス・フェアに立ち寄ってください

君主達と レディー達 正直に集まってね
私と一緒に ルネッサンス・フェアにおいでよ
今直ぐに
私達は たいていはそこにいるわ
ファ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ

君主達と レディー達 正直に集まってね
私と一緒に ルネッサンス・フェアにおいでよ
今直ぐに
私達は たいていはそこにいるわ
ファ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ

君主達と レディー達 正直に集まってね
私と一緒に ルネッサンス・フェアにおいでよ
今直ぐに
私達は たいていはそこにいるわ
ファ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ
ファ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ
ファ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ

ワンス・イン・ア・ガーデン

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!
<ワンス・イン・ア・ガーデン ブラックモアズ・ナイト 原詞・訳詞>

ヴィレッジ・ランターンの日本版のボーナス・トラック。

Flowers were our playmates we only saw good:
「お花は私達の遊び相手でした。 私達は満足するものを見ました」ぐらいの意味なんだろうけど
「お花は私達の遊び相手でした」としておきます。
後半にピッタリはまる言葉を思いつかないので
調整は入るかも知れません。

♪BLACKMORE'S KNIGHT / Once in A Garden

Once in a garden where dreams could be found
Once children's laughter was the only sound
No worries troubles were few

Once in garden where innocence rang pure and true
Once on a hilltop beneath the old tree
Swings made of tires made us feel so free

The butterflies kissed our hair
Once on a hilltop I still see us right there
Hours of make believe playing in the sun
Dreaming with wonder, "What would we become?"

Hours of make believe playing in the sun
Dreaming with wonder, "What would we become?"
My best friend hold(cold) in my hand
We'd run by the sea through castles of sand

Once in a forest just like Robin Hood
Flowers were our playmates we only saw good
In everything be it right or wrong
Once in a garden I still can hear our song

Can you hear our song?
Can you hear our song?

かつて 夢を見つける事が出来た庭園では
かつて 子供達の笑い声だけが聞こえました
心配ごとが無く トラブルは僅かでした

かつて 無邪気さが純粋と真実を奏でる庭園では
かつて 丘の上の老木の下で
タイヤのブランコが 私達に自由を感じさせてくれました

蝶たちは 私達の髪にキスをしました
かつての 丘の上に 私達が未だあそこにいるのが見えます
太陽の下で空想をする時間
不安を抱きながら夢を見る 「大きくなったら 何になるんだろう」

太陽の下で空想をする時間
不安を抱きながら夢を見る 「大きくなったら 何になるんだろう」
親友の手を掴みながら
砂の城を抜けて 海辺を走りました

かつて ロビンフッドが住んでいそうな森で
お花は 私達の遊び相手でした
良かれ悪しかれ すべてにおいて そんな感じです
かつての 丘の上の 私達の歌が聞こえます

私達の歌が聞こえますか?
私達の歌が聞こえますか?

アイ・ソウ・スリー・シップス

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!
<アイ・ソウ・スリー・シップス ブラックモアズ・ナイト 原詞・訳詞>
イギリスのトラディショナル・ソング
I Saw Three Ships - Wikipedia, the free encyclopedia

ひと際大きな星の輝く下(もと)を探し求めて
三人の賢者が集まって来ます。

ベツレヘルムへ

星を追いかけて、その真下へ来る。
イスラエルの星とは「月」としか考えられない。
アルバム「クリスマス・キャロルズ」より

♪BLACKMORE'S NIGHT / I Saw Three Ships

I saw three ships come sailing in
On Christmas Day, on Christmas Day;
I saw three ships come sailing in
On Christmas Day in the morning.

Pray, wither sailed those ships all three,
On Christmas Day, on Christmas Day;
Pray, wither sailed those ships all three,
On Christmas Day in the morning.

O they sailed into Bethlehem,
On Christmas Day, on Christmas Day;
O they sailed into Bethlehem,
On Christmas Day in the morning.

And all the bells on earth shall ring,
On Christmas Day, on Christmas Day;
And all the bells on earth shall ring,
On Christmas Day in the morning.

And all the souls on earth shall sing,
On Christmas Day, on Christmas Day;
And all the souls on earth shall sing,
On Christmas Day in the morning.

Then let us all rejoice again,
On Christmas Day, on Christmas Day;
Then let us all rejoice again,
On Christmas Day in the morning

I saw three ships come sailing in
On Christmas Day, on Christmas Day;
I saw three ships come sailing in
On Christmas Day in the morning.

I saw three ships come sailing in
On Christmas Day, on Christmas Day;
I saw three ships come sailing in
On Christmas Day in the morning.

三艘の船が 入港するのを見ました
クリスマスの日に クリスマスの日に
三艘の船が 入港するのを見ました
クリスマスの日の朝に

お祈りしましょう 航海を終えた船は 三艘とも萎んで行きます
クリスマスの日に クリスマスの日に
お祈りしましょう 航海を終えた船は 三艘とも萎んで行きます
クリスマスの日の朝に

彼等は ベツレヘルムへ出航しました
クリスマスの日に クリスマスの日に
彼等は ベツレヘルムへ出航しました
クリスマスの日の朝に

そして 地上の全てのベルは鳴らされるでしょう
クリスマスの日に クリスマスの日に
そして 地上の全てのベルは鳴らされるでしょう
クリスマスの日の朝に

そして 地上の全ての魂は歌うでしょう
クリスマスの日に クリスマスの日に
そして 地上の全ての魂は歌うでしょう
クリスマスの日の朝に

それから 私達は 再び 歓喜しましょう
クリスマスの日に クリスマスの日に
それから 私達は 再び 歓喜しましょう
クリスマスの日の朝に

三艘の船が 入港するのを見ました
クリスマスの日に クリスマスの日に
三艘の船が 入港するのを見ました
クリスマスの日の朝に

三艘の船が 入港するのを見ました
クリスマスの日に クリスマスの日に
三艘の船が 入港するのを見ました
クリスマスの日の朝に

マジカル・ワールド

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!
<マジカル・ワールド ブラックモアズ・ナイト 原詩・訳詞>

Magical World:
夢を見るような世界

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」です。

Your name, they had said,
was cursed beyond measure,
"they" とは?
心無い家族なんでしょう。

ロミオとジュリエット - Wikipedia:

♪BLACKMORE'S NIGHT / Magical World

I called your name out loud in the courtyard,
The crystal I held was like an old friend
The vines crawled the walls
The wind held its breath
But the answer I longed for never came...

Your name, they had said,
was cursed beyond measure,
The families at odds fought with poisoned tongues
And yet through the dark
Of blind, bitter hate,
Broke a glittering light of two lover's fate...

Walls built between us,
Miles seperate us,
Yet in our hearts, we share the same dream...
Feelings so strong,
We just must carry on,
On to our Magical World...

Destiny called them like a silver poem
They followed the dance 'till the music died out...
Last time they met was on an earth bed
Both knowing they'd meet again in the light...

Walls built between us,
Miles seperate us,
Yet in our hearts, we share the same dream...
Feelings so strong,
We just must carry on,
On to our Magical World...

In our Magical World.. In our Magical World...

Fear not, dear Juliet, your Romeo's calling
He's waiting for you at the end of the song,
This world was too cruel... for lovers like you,
But here in our hearts you'll always live on

中庭で 大声をあげて 貴方の名前を呼びました
私が持っていた水晶は 古い友達のようなものでした
つるは 壁をつたい
風は 息を殺します
だけど 私の焦がれていた答えは 返って来ませんでした

「お前の名前は」 彼等は言いました
「数え切れないぐらいの呪文で 呪われてしまったよ」
数奇な家族は 毒舌と戦いました
そして 未だ 盲目の暗闇を通して
苦い憎しみは
恋人2人の運命の煌めきを 壊してしまいました

壁が私達の間に 作られました
距離が 私達を隔てます
それでも 私達の心は 同じ夢を共有します
とても 強く 感じます
私達は 続けなければなりません
私達の 魅力的な世界を

運命が 彼等を呼び寄せました 銀色に輝くポエムのように
音楽が止むまで 彼等は ダンスを続けました
最後に彼等が会ったのは 大地のベッドの上でした
2人の認識では 光の下で再会するのでしょう

壁が私達の間に 作られました
距離が 私達を隔てます
しかし 私達の心は 同じ夢を共有します
とても 強く 感じます
私達は 続けなければなりません
私達の 魅力的な世界を

私達の魅力的な世界では 私達の魅力的な世界では

怖がらないでジュリエット 貴女のロミオが呼んでいます
彼は 歌の終りで 貴女を待っています
この世界は残酷過ぎました 貴方達のような恋人達には
だけど 私達の心の中に 貴方達は いつまでも生き続けます

ビー・マイン・トゥナイト

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!
<ビー・マイン・トゥナイト ブラックモアズ・ナイト 原詩・訳詩>

特に説明は、要らないようです。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Be Mine Tonight

Be mine tonight,
We'll travel through all our memories,
In our own little space in time,
You've always been mine...

Through the years,
I feel your love beside me
Through the laughter and the tears,
You've conquered all my fears...

So many stories,
So many treasures,
So much our lives have shared...
We've done it all and we've done it together,
You know I've always cared...

In this heart,
There'll never be another,
You have made my life complete,
Our love is like a dream...

Take my hand,
Nothing can come between us,
We were always meant to be,
Forever, you and me...

In my eyes,
Your face is always before me,
Our souls are now as one...
We've only just begun

今夜 私のものになってください
私達は 全ての想い出を辿って 旅をするつもりです
私達の 小さな世界の中の時間で
貴方は いつも 私のものでした

何年もの間
私のそばに 貴方の愛を感じます
笑いと 涙を通して
貴方は 私の全ての恐れを抑えました

とても たくさんの物語
とても たくさんの宝物
とても たくさんの時間を 一緒に過ごしました
全て 二人で 全て 二人で一緒に
いつも あなたを意識していました

この心の中に
他のものでは ダメなんです
貴方は 私の人生を完全なものにしました
私達の愛は まるで 夢のようです

私の手を取ってください
私達の間に 何者も割り込む事はできません
私達は いつも 一緒にいるつもりです
いつまでも 貴方と私

私の瞳の中に
貴方の顔は いつも 私の目の前にあります
私達の情熱は 今 ひとつになります
私達は 始まったばかりです

アイ・スティル・リメンバー

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

<アイ・スティル・リメンバー ブラックモアズ・ナイト 原詩・訳詞>

♪BLACKMORE'S NIGHT / I Still Remember

I thought of you the other day
How worlds of change led us astray
Colors seem to fade to gray
In the wake of yesterday...
You looked into my eyes
You had me hypnotized
And I can still remember you

I had a dream of you and I
A thousand stars lit up the sky
I touched your hand and you were gone
But memories of you live on...

You looked into my eyes
You had me hypnotized
And I can still remember you
Those moments spent together
Promising forever
And I can still remember you

Do you ever think of me
And get lost in the memory
When you do, I hope you smile
And hold that memory a while...

先日 貴方の事を考えていました
変化する世界は どれだけ 私達を堕落させたことか
世界がグレーへと 色褪せて行きます
過去が蘇って行く中で
貴方は 私の目を見つめて
私に催眠術を掛けました
だから 未だ 貴方を思い出す事が出来ます

私は 貴方や私の夢を持っていました
1000もの星々が夜空をライト・アップしていました
私は貴方の手に触れ 貴方は去って行きました
だけど 貴方の思い出は生き続けます

貴方は 私の目を見つめて
私に催眠術を掛けました
だから 未だ 貴方を思い出す事が出来ます
その瞬間を 一緒に過ごしました
永遠の誓い
だから 未だ 貴方を思い出す事が出来ます

貴方は 私や
記憶の中に埋もれた事を 思い出した事がありますか?
貴方がそうしてくれた時 微笑んでくれる事を願います
そして しばらく その思い出を抱きしめてください

25 イヤーズ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

drown:
「溺れる」ですが、日本語と同じで「夢中になる」の意味があります。

♪BLACKMORE'S KNIGHT / 25 Years

25 years since I woke up trembling
25 years since that terrible dream
I could see that the world was crumbling
Nothing is ever as it seems

Tried to run but my feet were frozen
Tried to scream but there was no sound
In my head voices echoing
Girl you should know better by now

Long ago, Far away...
In the mist of yesterday

And you tried so hard to save me
How do you save someone from themselves
All those years, wasted wishes
Drowning in the wishing well...

Long ago, Far away...
In the mist of yesterday

25 years since I woke up trembling
25 years since that terrible dream
I could see that the world was crumbling
Nothing is ever as it seems

Long ago, Far away...
In the mist of yesterday

25年 私が震えて目が覚めてから
25年 その恐ろしい夢から
世界が 崩れ落ちるのが見えました
かつて 見たことも無い光景です

逃げ出そうとするけれど 足が凍りつきました
叫ぼうとするけれど 声が出ません
頭の中で 声が響きます
少女よ お前は 理解した方が良い時期だ

ずっと昔の 遠く離れた
過去の霧の中です

貴方は 一生懸命 私を救おうとしました
貴方は どうやって 救えるのでしょうか
それらの歳月 無駄な願い
願をかける井戸に 夢中になります

ずっと昔の 遠く離れた
過去の霧の中です

25年 私が震えて目が覚めてから
25年 その恐ろしい夢から
世界が 崩れ落ちるのが見えました
かつて 見たことも無い光景です

ずっと昔の 遠く離れた
過去の霧の中です

オール・フォー・ワン

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

All For One, and One For All:
「皆は1つの為に、1つは皆の為に」、有名な慣用句なのでカタカナで表記します。

♪BLACKMORE'S NIGHT / All for One

We'll drink together
And when we drink we'll drink together, not alone!
We'll drink together
And when we drink we'll drink together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll drink together
And when we drink we'll drink together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll drink together
And when we drink we'll drink together, not alone!

We'll sing together
And when we sing we'll sing together, not alone!
We'll sing together
And when we sing we'll sing together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll sing together
And when we sing we'll sing together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll sing together
And when we sing we'll sing together, not alone!

We'll fight together
And when we fight we'll fight together, not alone!
We'll fight together
And when we fight we'll fight together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll fight together
And when we fight we'll fight together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll fight together
And when we fight we'll fight together, not alone!

We'll fall together
And when we fall we'll fall together, not alone!
We'll fall together
And when we fall we'll fall together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll fall together
And when we fall we'll fall together, not alone!
All For One, and One For All!
We'll fall together
And when we fall we'll fall together, not alone!

僕達は 一緒に飲むだろう
僕達が一緒に飲むときは 孤独じゃないさ 
僕達は 一緒に飲むだろう
僕達が一緒に飲むときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に飲むだろう
僕達が一緒に飲むときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に飲むだろう
僕達が一緒に飲むときは 孤独じゃないさ

僕達は 一緒に歌うだろう
僕達が一緒に歌うときは 孤独じゃないさ 
僕達は 一緒に歌うだろう
僕達が一緒に歌うときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に歌うだろう
僕達が一緒に歌うときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に歌うだろう
僕達が一緒に歌うときは 孤独じゃないさ 

僕達は 一緒に戦うだろう
僕達が一緒に戦うときは 孤独じゃないさ 
僕達は 一緒に戦うだろう
僕達が一緒に戦うときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に戦うだろう
僕達が一緒に戦うときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に戦うだろう
僕達が一緒に戦うときは 孤独じゃないさ 

僕達は 一緒に落ちるだろう
僕達が一緒に落ちるときは 孤独じゃないさ 
僕達は 一緒に落ちるだろう
僕達が一緒に落ちるときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に落ちるだろう
僕達が一緒に落ちるときは 孤独じゃないさ 
オール・フォー・ワン そして ワン・フォー・オール
僕達は 一緒に落ちるだろう
僕達が一緒に落ちるときは 孤独じゃないさ 

ローレライ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

人魚姫の物語を、色褪せさせてしまうローレライの伝説。

もうひとつ、ローレライの目から見た歌があったような?

♪BLACKMORE'S NIGHT / Loreley

Merrily we sailed along
Though the waves were plenty strong
Down the twisting river Rhine
Following a song...
Legend's faded storyline
Tried to warn us all
Oh, they called her "Loreley"
Careful or you'll fall...

Oh, the stories we were told
Quite a vision to be hold
Mysteries of the seas in her eyes of gold…
Laying on the silver stone, such a lonely sight
Barnacles become a throne, my poor Loreley...

And the winds would cry, and many men would die
And all the waves would bow down to the Loreley...

You would not believe your eyes, how a voice could hypnotize
Promises are only lies from Loreley
In a shade of mossy green, seashell in her hand
She was born the river queen, ne'er to grace the land...

Oh, the song of Loreley
Charms the moonlight from the sky...
She will get inside your mind, loveley Loreley...
When she cries "Be with me until the end of time"
You know you will ever be with your Loreley...

私達は 陽気に航行しました
波が 幾度となく強かったけれど
曲がりくねったライン川を下って
歌によって 語られています
伝説は 物語を色褪せさせました
人々に 警告を発しました
彼女は ローレライと呼ばれています
用心しないと あなたは落ちてしまいます

私達が聞かされた話では
大量な視野が 保持されます
海の神秘のひとつ 彼女の黄金の目の中に
シルバー・ストーンに横たわります そんな寂しい光景
フジツボが玉座 かわいそうなローレライ

そして 風が泣いて 多くの男達が死ぬのでしょう
全ての波が ローレライの元へお辞儀します

あなたは自分の目を疑うでしょう 声による催眠術に掛かって
約束とは ローレライの嘘に過ぎません
モス・グリーンの色合い 手のひらの貝殻
彼女は 川の女王として生まれました 決して 陸(おか)での名誉ではありません

ローレライの歌が
夜空の月明かりを 魅了します
彼女は 貴方の心を掴むでしょう 愛しき ローレライ
彼女が 「最後まで 私と一緒にいて」 と泣く時
あなたのローレライとずっと一緒に居るでしょう

シスター・ジプシー

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

リッチーは、ジプシー、ストレンジャー、ウルフというキー・ワードが好きですね。
キャンディス・ナイトは、ムーンがお好きのようです。

シスター・ジプシーのシスターは、宗教的なシスターなんでしょう。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Sister Gypsy

And she danced through the wood
Like a gypsy girl should,
And she laughed in the face of the fire
Under the black velvet skies
With the moon in her eyes,
Head held high, tambourine held higher.

And she laughed at the fools
Who played by the rules
And she wondered just what would have been,
If she set them all free
Into her fantasy.
Free to dance through the woods again.

A dangerous game
To know her name,
She was wild, she was free
She was calling to me,
Sister Gypsy we're one and the same.

And she danced through the trees
For those who believed
She she was one with the earth and the sky,
In a moment she's gone
But her memory lives on
Like a shooting star through the night.

A dangerous game
To know her name,
She was wild, she was free
She was calling to me,
Sister Gypsy we're one and the same

I can see her in you
Kindred spirits are few,
When you find one you hold on for good,
And if you lose your way
If your path goes astray,
She will lead you back to the wood.

A dangerous game
To know her name,
She was wild, she was free
She was calling to me,
Sister Gypsy we're one and the same.

She was wild, she was free
She was calling to me
Sister Gypsy we're one and the same..

彼女は 木の間をすり抜けて踊りました
ジプシー・ガールがやるように
それから 炎に照らされた顔で 笑いました
黒いベルベットを敷き詰めた空の下で
目の中に月を浮かべながら
頭を高く タンバリンをより高く保って

彼女は愚か者たちを 笑い飛ばしました
ルールに則って行動している人を
彼女は 何があったのかを考えてみました
彼女が 彼らを自由にしてあげたなら
彼女のファンタジーの中へ
もう一度 木々をすり抜けて 自由奔放に踊ります

とても危険なゲームです
彼女の名前を知る事は
彼女は野性的で 自由奔放でした
彼女は 私の名前を呼んでいました
シスター・ジプシー 我等はひとつで 同じです

そして 彼女は 木々をすり抜けて踊りました
信頼する人の為に
彼女は 彼女は 大地と空と一体でした
彼女が行ってしまった瞬間に
けれど 彼女の記憶は生き続けます
夜空を横切る流れ星のように

とても危険なゲームです
彼女の名前を知る事は
彼女は野性的で 自由奔放でした
彼女は 私の名前を呼んでいました
シスター・ジプシー 我等はひとつで 同じです

あなたの中に 彼女を見い出す事が出来ます
同じ精神を持つ人は あまりいません
あなたは 1つ発見したら ずっとやり通す人です
もし あなたが 自分の道を見失ったなら
もし あなたの進むべき道が 行方不明なら
彼女が 森の中へ あなたを導いてくれるでしょう

とても危険なゲームです
彼女の名前を知る事は
彼女は野性的で 自由奔放でした
彼女は 私の名前を呼んでいました
シスター・ジプシー 我等はひとつで 同じです

彼女は野性的で 自由奔放でした
彼女は 私の名前を呼んでいました
シスター・ジプシー 我等はひとつで 同じです

ソルジャー・オブ・フォーチュン

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

ディープ・パープルのカヴァーです。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Soldier of Fortune

I have often told you stories about the way
I lived the life of a drifter waiting for the day
When I'd take your hand and sing you songs
And may be you would say
Come lay with me and love me
And I would surely stay

But I feel I'm growing older
And the songs that I have sung
Echo in the distance
Like the sound
Of a windmill going round
Guess I'll always be
A soldier of fortune.

Many times I've been a traveller
I looked for something new
In days of old when nights were cold
I wandered without you
Those days I thought my eyes
Had seen you standing near
Though blindness is confusing
It shows that you're not here.

Now I feel I'm growing older
And the songs that I have sung
Echo in the distance
Like the sound
Of a windmill going round
Guess I'll always be
A soldier of fortune

Yes, I can hear the sound
of a windmill going round
I guess I'll always be
a soldier of fortune.
I guess I'll always be
a soldier of fortune.

僕は たびたび 君に 人生について話してきた
流れ者が その日を待ち侘びるように 生きて来た
君の手を取って 君に向けて歌う日を
そして 君は こう言うのだろう
私の傍に横たわって 愛し合いましょう
僕は 確実に そこに残るだろう

だけど 僕は 年を取ったと感じる
そして 僕が歌ってきた歌は
遠くで 鳴り響いているんだ
風車が周る音のように
思うに 僕は いつまでも 
運命の兵士なんだろう

幾度も 僕は旅人だった
何か新しいものを 探し求めていたんだ
寒い夜の 昔の話さ
君無しで 歩き回ったんだ
そんな日は 思うに
僕の目には 君が近くに立っているのが見えていた
盲目は 混乱しているけど
それは 君が此処に居ない事を示しているんだ

今 僕は 年を取ったと感じる
そして 僕が歌ってきた歌は
遠くで 鳴り響いているんだ
風車が周る音のように
思うに 僕は いつまでも 
運命の兵士なんだろう

そうさ 僕には
風車が周る音を 聞こえるんだよ
僕は いつまでも 
運命の兵士なんだろう

僕は いつまでも 
運命の兵士なんだろう

ウィンド・イン・ザ・ウィローズ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

「柳に風」。
元歌は、1900年ぐらいに作られているようです。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Wind in the Willows

As I went a walking
One morning in spring
I met with some travelers
On an old country lane
One was an old man
The second a maid
The third was a young boy
who smiled as he said

So I asked them to tell me
their name and their race
So I could remember each
smile on their face

"Our name, they mean nothing...

They change throughout time
So come sit beside us and
share in our wine"

With the wind in the willows

The birds in the sky
There's a bright sun to warm
us wherever we lie...
We have bread and fishes
and a jug of red wine
To share on our journey
with all of mankind.

So I sat down beside them
With flowers all around
We ate from a mantle
Spread out on the ground
They told me of prophets
And peoples and kings
And all of the one god
that knows everything

"We're traveling to Glaston

Over England's green lanes
To hear of men's troubles
To hear of their pains
We travel the wide world
Over land and the sea
To tell all the people
How they can be free..."

With the wind in the willows

The birds in the sky
There's a bright sun to warm
us wherever we lie...
We have bread and fishes
and a jug of red wine
To share on our journey
with all of mankind.

So sadly I left them
On that old country lane
For I knew that I'd never see them again
One was an old man
The second a maid
The third was a young boy who
smiled as he said...

With the wind in the willows

The birds in the sky
There's a bright sun to warm
us wherever we lie...
We have bread and fishes
and a jug of red wine
To share on our journey
with all of mankind.

私は 散歩に出かけました
春の日の ある朝の事です
何人かの旅行者と出会いました
古い田舎道で
1人目は おじいさんでした
2人目は メイドで
3人目は 少年でした
笑いながら 彼は話してくれます

私に 教えてくれるように 尋ねました
彼らの名前と 民族を
私は 思い出す事ができます
彼らの笑顔と顔を

「私達の名前 それは何も意味がありません
それは 時と共に移り変わります
私達のそばに座って
ワインを楽しみましょう」

「柳に風のように
空にいる鳥達
輝くお日様が
僕達の寝そべる場所を 暖めてくれます
僕達は パンと魚を食べます
ジョッキ一杯の赤ワインと
僕達の旅を 分かち合う為に
全ての人類と」

私は 彼らのそばに座りました
花に囲まれて
私達は マントの上から食べました
地面の上に広げて
彼らは 預言を話してくれました
人々や 王様について
全知全能の 唯一絶対神について

「僕達は グラストンへ旅しています
イギリスの緑の小道を通って
人々のトラブルを聞く為に
彼らの苦しみを聞く為に
僕達は 世界中を旅します
大陸や 海を越えて
全ての人々へ 話をする為に
いかにして 解放されるかを」

「柳に風のように
空にいる鳥達
輝くお日様が
僕達の寝そべる場所を 暖めてくれます
僕達は パンと魚を食べます
ジョッキ一杯の赤ワインと
僕達の旅を 分かち合う為に
全ての人類と」

名残り惜しく 私は 彼らの元を去りました
その 古い田舎道で
2度と彼らと会えない事は 知っていました
1人目は おじいさんでした
2人目は メイドで
3人目は 少年でした
笑いながら 彼は話します

「柳に風のように
空にいる鳥達
輝くお日様が
僕達の寝そべる場所を 暖めてくれます
僕達は パンと魚を食べます
ジョッキ一杯の赤ワインと
僕達の旅を 分かち合う為に
全ての人類と」

ゴースト・オブ・ア・ローズ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

薔薇の精。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Ghost of a Rose

The valley green was so serene
In the middle ran a stream so blue...
A maiden fair, in despair,
Once had met her true love there and she told him…
She would say...

Promise me , when you see, a white rose you'll think of me
I love you so,

Never let go,
I will be your ghost of a rose...

Her eyes believed in mysteries
She would lay amongst the leaves of amber
Her spirit wild, heart of a child, yet gentle still and quiet and mild and he loved her...
When she would say...

Promise me , when you see, a white rose you'll think of me
I love you so,

Never let go,
I will be your ghost of a rose...
ghost of a rose

When all was done, she turned to run
Dancing to the setting sun as he watched her
And ever more he thought he saw
A glimpse of her upon the moors forever
He'd hear her say...

Promise me , when you see, a white rose you'll think of me
I love you so,

Never let go,
I will be your ghost of a rose...
ghost of a rose
ghost of a rose

谷の緑は とても穏やかでした
中ほどには 青い小川が走っています
穢れのない乙女が 失望しています
かつて 本物の愛に出会い 彼に話しました
彼女は 言うでしょう

約束してください 貴方が白い薔薇を見た時 私の事を思ってください
とても 貴方を愛しています
決して 手放さないでください
私は 貴方の薔薇の精になります

彼女の瞳は ミステリーを信じていました
彼女は 琥珀色の葉の中に 横たわるでしょう
彼女の精神は野性的で 心は未だ子供です 優しく物静かで柔らかいのです 彼は彼女を愛しました
彼女が こう話した時

約束してください 貴方が白い薔薇を見た時 私の事を思ってください
とても 貴方を愛しています
決して 手放さないでください
私は 貴方の薔薇の精になります
薔薇の精に

全てが終った時 彼女は実行し始めました
彼は 彼女を見つめながら 落日まで踊りました
これまで以上に 彼は見た事を感じました
いつまでも 荒野の上で 彼女の一瞥があります
彼は 彼女の言葉を聞くでしょう

約束してください 貴方が白い薔薇を見た時 私の事を思ってください
とても 貴方を愛しています
決して 手放さないでください
私は 貴方の薔薇の精になります
薔薇の精に
薔薇の精に

ワンス・イン・ア・ミリオン・イヤーズ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!
<ワンス・イン・ア・ミリオン・イヤーズ ブラックモアズ・ナイト 原詩・訳詞>

これは、誰か知らない人を待っているわけじゃないようです。
前世の相手を待ち侘びているのだろうか?

♪BLACKMORE'S NIGHT/ Once in a Million Years

October reminds me of my home
The cold nights I would wait all alone
Watching leaves turning from green to gold...
The waiting feels like eternity
When waiting for love to come to me
Someone to have, someone to hold...

Then once in a million years
A shining white knight will appear
Fairytales are coming true
I promise my heart only to you...

A castle stands upon a hill
Our eyes meet and time is standing still
Your smile warmed me like the first summer sun
There's color where once was black and white
There's moonbeams where there was only night
I knew then and there you were the one...

Then once in a million years
A shining white knight will appear
Fairytales are coming true
I promise my heart only to you...

Then once in a million years
A shining white knight will appear
Fairytales are coming true
I promise my heart only to you...
only to you...

十月は 我が家を思い出させてくれます
ひとりで ずっと待ち詫びる 寒い夜
生い茂る葉を見ていると 緑から黄金色(こがねいろ)へと移ろいます
待っている時間が 永遠に感じられます
恋が 私の元へ訪れるのを 待つ間
愛を持つ誰かを 愛を懐(いだ)く誰かを

そして 百万年に一度
輝く白馬の騎士が 現れるでしょう
お伽話が実現します
約束します 貴方だけに 私の心を捧げます

丘の上に立つ城
私達の目は出会い そして 時間は止まります
貴方の笑顔は 私を暖めてくれました 初夏の陽射しのように
かつて そこには モノクロームの世界がありました
月明かりが照らしました たった1つの夜があった場所を 
私は その場で分かりました 貴方しか居ない事が

そして 百万年に一度
輝く白馬の騎士が 現れるでしょう
お伽話が実現します
約束します 貴方だけに 私の心を捧げます

そして 百万年に一度
輝く白馬の騎士が 現れるでしょう
お伽話が実現します
約束します 貴方だけに 私の心を捧げます
貴方だけに

ストリート・オブ・ドリームス(solo)

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

ストリート・オブ・ドリームスのオリジナルは、
レインボーのアルバム「ストリート・オブ・ドリームス:Bent Out of Shape」で発表されました。
ヴォーカルは、3代目のジョー・リン・ターナーです。

ブラックモアズ・ナイトのアルバム「ヴィレッジ・ランターン」では、14曲目と、ボーナストラックとして16曲目(デュエット)に収録してあります。
デュエットは、ジョー・リン・ターナーとキャンディス・ナイトです。
デュエット・バージョンは、まさに ファン向けのボーナスだったわけです。

曲は、リッチー・ブラックモアとジョー・リン・ターナーの共作です。
デュエット・バージョンは、先に投稿済です。

♪BLACKMORE'S NIGHT  / Street of Dreams

I heard the sound of voices in the night
Spellbound there was someone calling
I looked around no one was in sight
Pulled down I just kept on falling
Ive seen this place before
You were standing by my side
Ive seen your face before tonight
Maybe I just see what I want it to be
I know its a mystery
Do you remember me on a street of dreams
Running through my memory
On the street of dreams

There you stood a distant memory
So good like we never parted
Said to myself I knew youd set me free
And here we are right back where we started
Somethings come over me
And I dont know what to feel
Maybe this fantasy is real
Now I know I see what I want it to be
But its still a mystery

Do you remember me on the street of dreams
Running through my memory
On the street of dreams
You are on every face I see
On the street of dreams

Solo

Tell me have you always been
On the street of dreams
Will we ever meet again my friend
Do you know just what it meand to be
On the street of dreams
Never know just who youll see do ya
On the street of dreams
You can be who you want to be oh yeah
I can hear you calling me
I can feel you haunting me
Haunting me

夜中に 人の声が聞こえた
誰かが 呼んでいて 魅了されたんだ
辺りを 見渡したけど 誰も居ない
下に引っ張られて 落ちて行く
ここは いつか見たことがある場所だ
君は 以前は 僕のそばに立っていたんだ
君の顔を ずっと見てきたんだ 昨日の夜までは
多分 僕には それが欲しいもんだって事が分かる
ミステリーだってことは 分かる
君は 僕の事を覚えてるかい? 夢の街で
僕の記憶を 走り抜ける
夢の街で

そこに君は立っていたんだ 遠い昔の記憶
僕らは 決して離れなかった 仲良しさ
君が解放するのを知ってるって 自分で言ってた
そして まさに今 僕らがスタートした時点に戻っているんだ
大切なものが 僕の元へやって来る
僕は どう感じたら良いのか 分からない
多分 このファンタジーは 現実なんだろう
僕は 欲しいものが分かる
だけど それは 未だに ミステリーなんだ

君は 僕の事を覚えてるかい? 夢の街で
僕の記憶を 走り抜ける
夢の街で
君は 僕の見る 全ての方向に居るんだ
夢の街で

教えてくれないか 君は いつも居たのかい?
夢の街に
僕らは また 僕の友達に会うんだろうか?
君は 何の事だか分かるかい?
夢の街で
君が誰に会うのかは 決して知らない
夢の街で
君が望んでいる事が 君には出来るんだ
君が 僕を呼ぶのが 聞こえる
君が 僕を悩ませるのを 感じる
僕を悩ませる

ゴーン・ウィズ・ザ・ウィンド

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

ロシアのポーリュシカ・ポーレをベースにしています。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Gone with the Wind

Twisting turning
The winds are burning
Leaving me without a name
How will we ever find our way...

Snow was falling
I could hear the frightened calling
Fear taking over every man
Life meaning nothing more than sand...

Wind will sweep away
The traces I was here
A story in a teardrop
That's all I have to give...

Rage inferno swallowing the life that I know
Strength is the only way to fight
You must look up to see the light...

Gone With The Wind...

Take all I know
Turn it into darkened shadows
They'll disappear in the sun
When a new story has begun

She survived the nightmare
Began a whole new life here
But I can see behind those eyes
She still sees those fires in the night...

Twisting and turning
Oh, the winds are burning
Leaving me without a name
How will we ever find our way...

渦巻き 旋回
風が燃え盛ります
名前も告げずに 私を置き去りにします
私達は どうやって 進路を見つけたら良いのでしょう?

雪が降っていました
雷鳴が呼んでいるのを 聞くことができました
恐怖が 全ての男を連れ去ってしまいます
人生が 砂以上の意味を持ちません

風が 消し去ってしまうでしょう
私が此処にいた痕跡を
涙の物語
それが 私が伝えなければならない全てです

命を飲みこむ 怒りに満ちた地獄です
強さのみが 戦う手段です
あなたは 光を見上げなければなりません

風と共に去りぬ

知ってるものを 全て取り出し
闇の影へ変えてください
それは 太陽の下で 消えさるでしょう
新しい物語が始まるとき

彼女は 悪夢を生き残りました
新しい人生が 始まりました
だけど 私には 風の目が背後に見えます
彼女は まだ 夜中に風の炎を目の当たりにします

渦巻きと 旋回
風が燃え盛ります
名前も告げずに 私を置き去りにします
私達は どうやって 進路を見つけたら良いのでしょう?

スリー・ブラック・クロウズ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

三羽の気ままな烏(カラス)。

♪BLACKMORE'S NIGHT / 3 Black Crows

3 black crows were sitting on a fence
Watching the world pass them by
Laughing at humanity and its pretense
Wondering where next to fly...

And they cackled in joy and dove through the air
Like the winds of a hurricaine
And they spread their wings as if to declare
Onward , let freedom ring!

3 black crows were sitting on a fence
Watching the world pass them by

3 black crows are sitting in a tree
Looking down on mankind
Loving how it feels to be so free
Leaving us far behind...

And they cackled in joy and dove through the air
Like the winds of a hurricaine
And they spread their wings as if to declare
Onward , let freedom ring!

3 black crows are sitting in a tree
Watching the world pass them by

And they cackled in joy and dove through the air
Like the winds of a hurricaine
And they spread their wings as if to declare
Onward , let freedom ring!

三羽のカラスが フェンスに留っています
世界が通り過ぎていくのを見ています
人類と その見せかけを笑います
次に飛んで行く場所を 思案しています

笑い声を上げて 大気中に潜りました
ハリケーンの風のように
宣言するように 羽を広げます
前進 自由の鐘を打ち鳴らせ!

三羽のカラスが フェンスに留っています
世界が通り過ぎていくのを見ています

三羽のカラスが 木に留っています
人類を見下しています
如何に自由であるかを感じる事を愛しています
私達を 遥か後にします

笑い声を上げて 大気中に潜りました
ハリケーンの風のように
宣言するように 羽を広げます
前進 自由の鐘を打ち鳴らせ!

三羽のカラスが 木に留っています
世界が通り過ぎていくのを見ています

笑い声を上げて 大気中に潜りました
ハリケーンの風のように
宣言するように 羽を広げます
前進 自由の鐘を打ち鳴らせ!

ウェイ・トゥ・マンダレー

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

口も開けずに話しかけてきたジプシー。。。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Way To Mandalay

I wandered down the pathway, through the misty moor
Like I knew he did a thousand times before
Voices seem to echo 'Come talk with me a while
Just around the corner, just another mile…'

I had heard the stories, her legend served her well
A mystic's myth or fable, truth or fairy tale
A raggle taggle gypsy , with a toothless smile
Said ';Sit with me my darling, let's talk a little while…'

*And the road goes on, seeming ever longer on the Way to Mandalay
And the road goes on, forever will I wander on the Way to Mandalay...

The mile went on forever, the minutes turned to days
Could I have been misguided by the mystic's ways?
The moment lasts forever, at least it does for me
Caught between what happened and what could never be...

*And the road goes on, seeming ever longer on the Way to Mandalay
And the road goes on, forever will I wander on the Way to Mandalay...

私は小道を彷徨い歩きました 霧深い荒野を通り抜けて
彼が 今まで 何千回も繰り返してきたのと同じように
声が反響したようです 「しばらく お話しましょう
次の曲がり角まで あと1マイル」

その物語なら聞いたことがあります その伝説は 彼女を気持ち良くさせました
神秘的な神話 あるいは 寓話なのか 真実 あるいは お伽話なのか
口を閉じたジプシーが 歯を見せずに微笑み 声をかけました
「お座りなさい ダーリン 少しの間 お話しましょう」

そして道は続きます マンダレーへの道のりは 今までよりもずっと長く感じます
そして道は続きます 私は 永遠に マンダレーへ行く道を彷徨い歩くのでしょうか?

その1マイルは いつまでも続き 僅かな時間が積み重なって 数日に及びます
神秘的な方法で たぶらかされてしまったのかしら?
その瞬間がいつまでも続きます 少なくとも それは 私に働きかけ
起きた事と 起きえない事の狭間に 囚われました

そして道は続きます マンダレーへの道のりは 今までよりもずっと長く感じます
そして道は続きます 私は 永遠に マンダレーへ行く道を彷徨い歩くのでしょうか?

そして道は続きます マンダレーへの道のりは 今までよりもずっと長く感じます
そして道は続きます 私は 永遠に マンダレーへ行く道を彷徨い歩くのでしょうか?

ザ・クロック・ティックス・オン

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

メイポール:
五月祭に立てる柱;この周りを踊る

The clock ticks on:
時計がカチカチと鳴る。
「時計の針が進む」としました。

♪BLACKMORE'S NIGHT / The Clock Ticks On

As the wind chimes play along the breeze
Singing songs to stir the soul,
Rainbow colours entwined in fairytales
On the maypole...

Sing the song of lands from far away,
Other times and another place,
The wind can carry us all away from here
Charmed in her embrace...
Leaves turn to red, the nights are getting colder,
Seasons will change, the clock ticks on...

Leaves fill the trees as the days are getting warmer,
Days turn to years, the clocks ticks on...
A cloak and dagger, no fear of freedom
When hearts beat in another time,
Ever changing, the clock ticks on,

If only in your mind...
The wind has died and the chimes are still again
The trees stand tall as they cover me in shade
In the mirror a maiden stares at me
As the secret fades...
And though the clock ticks on to the future
It's in the past my heart will stay
In a time so far away from me
I'll return someday...

風鈴が微風で鳴る頃
魂を感動させるように 歌います
お伽話で絡ませたレインボー・カラー
メイポールの色は

遠くの国で 歌を歌ってください
色々な機会に 色んな場所で
風は 全部 私達の元へ運んでくれます
女性に魅了されて 抱擁してください
葉は紅葉して 夜は寒くなってきています
季節は変化します 時計の針は進みます

暖かい日が続くと 木々は葉を一杯に満たします
日々が年として積み重なります 時計の針は進みます
外套と短剣 恐れの無い自由
ハートが高鳴るときです
常に移り変わり 時計の針は進みます

あなたの心の中でだけ
風が消え 風鈴が未だ鳴っているのなら
木々が高く聳え立ち 影が私を包みます
鏡の中で 少女が私を見つめます
秘密が色褪せて行く中で
そして 時計の針は未来へ向けて進みます
それは 私のハートが留まろうとする過去にあります
私の遠い過去の時間に
私は いつの日か 戻ります

シャドウ・オブ・ザ・ムーン

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

ヤバい内容です。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Shadow of the Moon

In the shadow of the moon,
She danced in the starlight
Whispering a haunting tune
To the night...

Velvet skirts spun 'round and 'round
Fire in her stare
In the woods without a sound
No one cared...

Through the darkened fields entranced,
Music made her poor heart dance,
Thinking of a lost romance...
Long ago...

Feeling lonely, feeling sad,
She cried in the moonlight.
Driven by a world gone mad
She took flight…

Feel no sorrow, feel no pain,
Feel no hurt, there's nothing gained…
Only love will then remain,
She would say.

Shadow of the Moon...
Shadow of the Moon...
Somewhere just beyond the mist
Spirits were seen flying
As the lightning led her way
Through the dark...
Shadow of the Moon..

月影の下で
星明かりの下で 彼女は踊りました
いつまでも 心に残る囁きに耳を傾けます
夜中に

ベルベットのスカートが くるくると回ります
彼女の眼差しに宿る炎
静かな森の中で
誰も 気に掛ける者も居ません
暗闇の草原が現れました
音楽は 彼女の寂しい心を躍らせてくれます
失ったロマンスを考えます
遠い昔。。。

孤独を感じ 寂しさを感じます
彼女は 月明かりの下で泣きました
世界が狂ってしまう中で
彼女は 飛び立ちました

「悲しみも 痛みも感じない
苦しみも感じない 得るものもない
それなら 愛だけが残るはず」
そう 彼女は 言いたかったのでしょう

月影の下で
月影の下で
霧を超えた何処かで
魂が彷徨っているのを見る事ができます
雷が 彼女の道を照らすとき
暗闇を通して
月影の下で

メイビー・ネクスト・タイム instrumental

<メイビー・ネクスト・タイム ブラックモアズ・ナイト インスツルメンタル>

この曲、すごく好きです。
レインボーのカヴァーです。

♪BLACKMORE'S NIGHT / May be Next Time

リトゥン・イン・ザ・スターズ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

星々に記(しる)されている運命。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Written in the Stars

A pathway set in stone
A candle in the night
To guide your way back home
Then somewhere in your memory
Calling from afar
It's daring you to see
What it is that's written in the stars....

Once written in the stars
A pathway set in stone
A candle in the night
To guide your way back home
Then somewhere in your memory
Calling from afar
It's daring you to see
What it is that's written in the stars....

You said that you would stay
And that you'd never leave
I gave you all I had
When I chose to believe
Love like magic
Casts a spell
Sometimes leaving scars
I guess it's just as well
Not to know what's written in the stars...

Still written in the stars
And written in your eyes
The prophecy fulfills
The dream that never dies
A shooting star lights up the night
While the earth stands still
And somehow we lose sight
While following what's written in the stars...

I want to know what's written in the stars...
Please tell me what's written in the stars...

石に刻まれた小径(こみち)
夜のキャンドル
貴方の帰り道をガイドする為のものです
そして 貴方の記憶のどこかで
遠くから呼びかけます
貴方に分からせようとしています
それが何であるのか 星に記されています

かつては 星に記されていたもの
石に刻まれた小径
夜のキャンドル
貴方の帰り道をガイドする為のものです
そして 貴方の記憶のどこかで
遠くから呼びかけます
貴方に分からせようとしています
それが何であるのか 星に記されています

あなたは 留まるつもりだと言いました
そして 決して立ち去ろうとしません
私は あなたに全てを捧げました
信じる道を選んだときに
魔法のような恋です
呪いが掛かった
時々 傷跡が出ます
私は それで良いと思います
星に記されている事を知らないうちは

未だに 星に記されています
そして 貴方の瞳にも
預言は実現します
夢は 決して死にません
流れ星が 夜空をライト・アップします
地面が静止している間に
そして 私達は視界を失います
星に記されている事を追いかけているうちに

星に何が記されているのか 知りたいのです
どうか 何が書かれているのか 教えてください

スピリット・オブ・ザ・シー

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

処女航海で散った若者の命、反戦歌なのだろうか?

♪BLACKMORE'S NIGHT / Sprit of the Sea

I took a walk along the shore
To clear my mind about the day,
I saw a man I'd seen before
As I approached, he slipped away...
I knew his face from years ago,

His smile stays with me ever more
His eyes, they guide me through the haze
And give me shelter from the storm...
As I walk I can feel him,
Always watching over me...
His voice surrounds me,

My Spirit of the Sea...

He went away so long ago,
On a maiden voyage far away
A young man then I did not know,
His life was taken that same day...

And it was almost like he knew
He wouldn't see me anymore
He looked so deeply in my eyes, and said
Wait for me along the shore...
And so I come most every day,
To watch the waves rise and fall,

And as I sit here on the sand,
This ocean makes me feel so small...
But I feel my lover by my side,
And he makes me follow my own heart
We'll be together some sweet day

When that day comes we'll never part...
When that day comes we'll never part...

Wait for me along the shore...

海岸沿いに 散歩をします
その日の気持ちを 洗い流す為に
覚えのある男性を見ました
私が近づいていくと 彼は離れて行きます
何年も前から 彼の顔を知っています

彼の笑顔は ずっと私の中に息づいています
彼の目 それは私をもやの中から導いてくれます
そして 嵐から私を守るシェルターになってくれます
歩くたびに 彼を感じることができます
いつも 私を見つめています
彼の声が 私を取り囲みます

私の 海の精霊

彼は ずっと昔に旅立ちました
処女航海で 遥か遠くへ
一人の若い男性 その時 私は知りませんでした
彼の命は その同じ日に無くなりました

彼は 知ったようです
もはや 私に会う事はできません
彼は 深く私の瞳を見て言いました
海岸沿いで 僕を待っていて
僕は 毎日 やって来るから
波の高鳴りを見る為に

私が ここで砂の上に座っていると
この海は 私を とても小さく感じさせます
だけど 私のそばに 恋人がいるのを感じます
彼は 私自身のハートに気づかせてくれます
私達は いつの日か 甘い時を一緒に過ごすつもりです

その日が来た時 決して離れるつもりはありません
その日が来た時 決して離れるつもりはありません

海岸沿いで 僕を待っていて

プリンス・ワルデックス・ガリアルダ instrumental

<プリンス・ワルデックス・ガリアルダ ブラックモアズ・ナイト インスツルメンタル>

「シークレット・ヴォヤージ」から、インスツルメンタル、ワルデック王子のガリアルダ。
何故、リッチーのアルバムが日本未発売なんだろう?

宣伝が足りないんじゃないの?

人気ブログランキングへ

♪BLACKMORE'S NIGHT / Prince Waldeck's Galliard

トースト・トゥ・トゥモロー

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

ロシア民謡をベースにしていますが、曲名までは分かりません。

"Toast to Tomorrow" (Russian traditional "Виновата ли я...")[
ロシア語の部分を訳すと「私が有罪であるか否かに関係なく」となります。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Toast to Tomorrow

Come and gather around
Joinin' the crowd
Singing those songs that we know,
We'll drink a toast at tomorrow and one to days long ago..
We'll drink a Toast to Tomorrow and one to days long ago..

We'll dance through the night
By the candlelight
Warmed by the fires glow,
We'll drink a toast at tomorrow and one to days long ago..
we'll drink a toast to tomorrow and one to days long ago..

And we'll follow the stars
No matter how far,
Wherever the wind may blow
We'll drink a toast at tomorrow and one to days long ago..
We'll drink a toast to tomorrow and one to days long ago..

HEY!!

When the sun starts to rise, we'll not close our eyes,
we'll greet her with a kiss hello..
We'll drink a toast at tomorrow and one to days long ago..
We'll drink a toast to tomorrow and one to days long ago..

HEY,HEY,HEY,HEY,HEY!!

All the memories we'll share
Greet us everywhere,
Along life's twisting road
We'll drink a toast at tomorrow and one to days long ago..
We'll drink a toast to tomorrow and one to day's long ago..

Come and gather around
Joinin' the crowd
Singing those songs that we know,
We'll drink a toast at tomorrow and one to days long ago..
We'll drink a toast to tomorrow and one to day's long ago..
And one to days long ago..
And one to days long ago..
And one to days long ago....HEY!!

こっちに来て 周りに集まってください
群衆に交わりましょう
皆が知ってる 歌を歌いましょう
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ

我らは 夜通し踊り明かします
キャンドルライトのそばで
燃え盛る炎のそばで 温まりながら
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ

そして 星々を追いかけます
どんなに遠く離れていようが 問題じゃありません
どこであろうと 風は吹くでしょう
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ

お日様が昇ったら 我らは目を閉じないでしょう
彼女に おはようとキスして挨拶します
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ

思い出話に 花を咲かせましょう
どこでも 我らに挨拶してください
人生の曲がりくねった道のりに沿って
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ

こっちに来て 周りに集まってください
群衆に交わりましょう
皆が知ってる 歌を歌いましょう
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ
我らは 明日に乾杯します そして 一杯は遥か昔の日々へ
一杯は 遥か昔の日々へ
一杯は 遥か昔の日々へ
一杯は 遥か昔の日々へ

オール・ビコーズ・オブ・ユー

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

同じタイトル曲で、まったく違うものが沢山出回っていて
危うく、別な曲を翻訳するところでした。

現実に、ブラックモアズ・ナイトの「All Because of You」なのに
歌詞違いがネットで見つかりました。

All because of you:
「全部、貴方のお陰です。」
何回も繰り返しているので、この訳だと重く、他人行儀に感じます。
恋しているわけだから
「全ては、貴方なんです。」にしました。

♪BLACKMORE'S NIGHT / All Because of You

Is this happening?
Is this fantasy?

Never did I believe
There could be such happiness
Feels like nothing on earth
Started with one little kiss
I could stay in this moment forever
I could reach every star in the sky
I could lose myself when I look
Into your eyes

Is this happening?
Is this fantasy?

All my dreams coming true
All because of you
I can't believe its true
All because of you

You are everything I
Wanted for so many years
Goodbye long, lonely nights
Sadness and thousands of tears

I could stay in this moment forever
I could reach every star in the sky
I could lose myself when I look
Into your eyes

Is this happening?
Is this fantasy?

All my dreams coming true
All because of you
I can't believe its true
All because of you

Is this happening?
Is this fantasy?

All my dreams coming true
All because of you
I can't believe its true
All because of you
All because of you
All because of you
All because of you
All because of you

これは現実ですか?
それとも幻かしら?

今まで 絶対に信じていなかった
こんなにも幸せになれるなんて
とても面喰らっています
ある小さなキスから始まりました
私は いつまでも この瞬間に浸れます
私は 夜空の どの星にも届く事ができます
私は 自分を見失います
貴方の瞳を見つめるとき

これは現実ですか?
それとも幻かしら?

私の夢が全て 実現しました
全ては 貴方なんです
本当だなんて 信じられません
全ては 貴方なんです

貴方が全てです
私が 長年 憧れていた。。。
さよなら 長く寂しい夜よ
悲しさや 幾千もの涙よ

私は いつまでも この瞬間に浸れます
私は 夜空の どの星にも届く事ができます
私は 自分を見失います
貴方の瞳を見つめるとき

これは現実ですか?
それとも幻かしら?

私の夢が全て 実現しました
全ては 貴方なんです
本当だなんて 信じられません
全ては 貴方なんです

これは現実ですか?
それとも幻かしら?

私の夢が全て 実現しました
全ては 貴方なんです
本当だなんて 信じられません
全ては 貴方なんです
全ては 貴方なんです
全ては 貴方なんです
全ては 貴方なんです
全ては 貴方なんです

ストリート・オブ・ドリームス(duet version)

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

レインボーのカヴァーです。
自分の作った曲だけあって、完成度が高い。

ジョー・リン・ターナーとキャンディス・ナイトのデュエット・バージョンです。

♪BLACKMORE'S NIGHT & JOE LYNN TURNER / Street of Dreams

I heard the sound of voices in the night
Spellbound there was someone calling
I looked around no one was in sight
Pulled down I just kept on falling
Ive seen this place before
You were standing by my side
Ive seen your face before tonight
Maybe I just see what I want it to be
I know its a mystery
Do you remember me on a street of dreams
Running through my memory
On the street of dreams

There you stood a distant memory
So good like we never parted
Said to myself I knew youd set me free
And here we are right back where we started
Somethings come over me
And I dont know what to feel
Maybe this fantasy is real
Now I know I see what I want it to be
But its still a mystery

Do you remember me on the street of dreams
Running through my memory
On the street of dreams
You are on every face I see
On the street of dreams

Solo

Tell me have you always been
On the street of dreams
Will we ever meet again my friend
Do you know just what it meand to be
On the street of dreams
Never know just who youll see do ya
On the street of dreams
You can be who you want to be oh yeah
I can hear you calling me
I can feel you haunting me
Haunting me

夜中に 人の声が聞こえた
誰かが 呼んでいて 魅了されたんだ
辺りを 見渡したけど 誰も居ない
下に引っ張られて 落ちて行く
ここは いつか見たことがある場所だ
君は 以前は 僕のそばに立っていたんだ
君の顔を ずっと見てきたんだ 昨日の夜までは
多分 僕には それが欲しいもんだって事が分かる
ミステリーだってことは 分かる
君は 僕の事を覚えてるかい? 夢の街で
僕の記憶を 走り抜ける
夢の街で

そこに君は立っていたんだ 遠い昔の記憶
僕らは 決して離れなかった 仲良しさ
君が解放するのを知ってるって 自分で言ってた
そして まさに今 僕らがスタートした時点に戻っているんだ
大切なものが 僕の元へやって来る
僕は どう感じたら良いのか 分からない
多分 このファンタジーは 現実なんだろう
僕は 欲しいものが分かる
だけど それは 未だに ミステリーなんだ

君は 僕の事を覚えてるかい? 夢の街で
僕の記憶を 走り抜ける
夢の街で
君は 僕の見る 全ての方向に居るんだ
夢の街で

教えてくれないか 君は いつも居たのかい?
夢の街に
僕らは また 僕の友達に会うんだろうか?
君は 何の事だか分かるかい?
夢の街で
君が誰に会うのかは 決して知らない
夢の街で
君が望んでいる事が 君には出来るんだ
君が 僕を呼ぶのが 聞こえる
君が 僕を悩ませるのを 感じる
僕を悩ませる

ヴィレッジ・ランターン

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

ランターンのスペルは"lantern"なんですが、村の名前じゃないみたいなので
ランターンと見なします。
最後の"e"が多いのは、わざとつけて古語っぽくしているのかも?

運命の小径(こみち)は、私の物。
あなたは風の中で、私の声を聞いて進んでください。
良く読むと、"私"は亡くなっている。

運命の選択肢があるのは、生きている"あなた"。
2人は心が通じている。

Don't shed a tear for me:
"she'd"と書いてあるサイトがあります。
アポストロフィが入ると"she would"になるので意味が通じません。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Village Lanterne

この曲をダウンロード: iTunes eMusic
Don't shed a tear for me
I stand alone
This path of destiny
Is all my own
Once in the hands of fate
There is no choice
An echo on the wind
You'll hear my voice...

Some choose to fall behind
Some choose to lead
Some choose a golden path
Laden with greed
But it’s the noble heart
That makes you strong
And in that heart, I'm with you all along...

*The olde village lanterne
Is calling me onward
Leading wherever I roam
The olde village lanterne
A light in the dark
Bringing me closer to home...

So when you think of me
Do so with pride
Honor and bravery
Ruled by my side
And in your memory
I will remain
I will forever be within the flame...

Now at the journey's end
We've traveled far
And all we have to show
Are battle scars
But in the love we shared
We will transcend
And in that love, our journey never ends...

Don't shed a tear for me
I stand alone
This path of destiny
Is all my own
Once in the hands of fate
There is no choice
An echo on the wind
You'll hear my voice...

You'll hear my voice...
You'll hear my voice...
You'll hear my voice...

私の為に涙を弾くのは やめてください
私は 1人で立っています
この運命の小径は 
全て 私自身のもの
両手の中には運命がひとつ
ここには 選択の余地がありません
風のこだまの中で
あなたは 私の声を聞くでしょう

ある選択は 後ろへと倒れてしまうもの
ある選択は 前へ進むもの
ある選択は 黄金の道
欲張ってしまうと 苦しみます
だけど あなたは 気高い心の人です
それは あなたを強くします
そして その心の中に 私はずっと あなたに寄り添って行きます

古い村のランターンは
私を 前へと進ませます
どこであろうと 私が歩き回る所では 導いてくれます
古い村のランターン
闇の中で 1つの明かりが
私を 家へと導いてくれます

あなたが 私の事を思う時
誇りを持って そうしてください
名誉と勇気
私に 左右されます
そして あなたの記憶の中に
私は 残ります
私は 永遠に 恋人の中にいるでしょう

今 旅の終わりに思うのは
私達は 遠くまで 旅してきました
そして 私達が伝えなければならないのは
戦争の傷跡です
だけど 愛情で 私達はそれを分け合いました
私達は 乗り越えて行くつもりです
そして その愛は。。。 私達の旅は 終わりません

私の為に涙を弾くのは やめてください
私は 1人で立っています
この運命の小径は 
全て 私自身のもの
両手の中には運命がひとつ
ここには 選択の余地がありません
風のこだまの中で
あなたは 私の声を聞くでしょう

あなたは 私の声を聞くでしょう
あなたは 私の声を聞くでしょう
あなたは 私の声を聞くでしょう

ロックド・ウィズイン・ザ・クリスタル・ボール

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

<ロックド・ウィズイン・ザ・クリスタル・ボール ブラックモアズ・ナイト 原詩・訳詩>

クリスタルに映し出された未来。。。

このアルバムの曲は、邦題で悩まされなくて済みます。
原題しか覚えていなかったり、邦題を曖昧に覚えていたりするので。。。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Locked Within The Crystal Ball

Here in the spotlight this moment is ours
No one can stop us, we’re one with the stars

I feel the waves begin to rise
Far across the ocean deep within your eyes
Silently watching as they fall
I can see the future locked within the crystal ball

Strike up the lightening, hear my prayer
Feel the light electric dancing through the air
Here by the ancient castle wall
Can you see the future locked within the crystal ball

Here in the spotlight this moment is ours
No one can stop us, we’re one with the stars

Quiet by nature, standing tall
Old stone circles, they have seen it all
Caught like a ghost in yesterday, shadows down the hall
Are locked within the crystal ball

Fire and water, earth and sky
Mysteries surround us, legends never die
They live for the moment, lost in time, I can hear them call
They’re locked within the crystal ball

I feel the waves begin to rise
Far across the ocean deep within your eyes
Silently watching as they fall
I can see the future locked within the crystal ball

此処がスポットライトに照らされる この瞬間は私達のものです
誰も 私達を止められません 私達は星々と一体です

波が高鳴り始めるのを感じます
あなたの瞳の奥深くから 遥か遠い海を越えて
静かに それが落ちて行くのを見つめます
私には 水晶の中に捉えられた未来が見えます

周りを明るくして 私の祈りを聞いてください 
光とエレクトリックなダンスを 肌で感じてください
古いお城の壁の この場所で
あなたには 水晶の中に捉えられた未来が見えますか?

此処がスポットライトに照らされる この瞬間は私達のものです
誰も 私達を止められません 私達は星々と一体です

自然の中で静まりかえり 堂々と聳えながら 
古いストーン・サークル それは一部始終を見ていました
昨日のゴーストのように捕まります 影がホールに落ちます
水晶の中に捉えられます

炎と水 大地と空
ミステリーが私達を取り囲みます 伝説は決して死にません
彼らは 瞬間に生き 時と共に失われます 私は彼らの声を聞きます
彼らは 水晶玉の中に捉えられました

波が高鳴り始めるのを感じます
あなたの瞳の奥深くから 遥か遠い海を越えて
静かに それが落ちて行くのを見つめます
私には 水晶の中に捉えられた未来が見えます

ジャスト・コール・マイ・ネーム

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

難しい歌詞です。

ローレライ伝説のような感じで、歌詞を読んで行くと内容がつかめると思います。
ローレライの話は、川ですが。。。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Just Call My Name (I'll Be There)

So many nights I sat here waiting
There were times I couldn't go on
Still my heart was anticipating
It made me be strong
Made me hold on

There were some calling me crazy
I've been accused of being naive
But I don't need no one to save me
Cause I got you, you make me believe

I'll Be There in the night when you need me
Just call my name
I'll be there close your eyes and you'll see me
Just call my name

I don't need to know the answers
I don't want to understand
We were born to take the chances
I know the truth when you hold my hand

I'll Be There in the night when you need me
Just call my name
I'll be there close your eyes and you'll see me
Just call my name

I had waited a lifetime lost on the open sea
Praying for an angel to be sent to me

Now the night don't last forever
Every moment is a song
Cause we face the night together
Something so right could never be wrong

I'll Be There in the night when you need me
Just call my name
I'll be there close your eyes and you'll see me
Just call my name

I'll Be There in the night when you need me
Just call my name
I'll be there close your eyes and you'll see me
Just call my name

とてもたくさんの夜を ここに座って待っています
先に進む事ができなかった事が 何回もあります
それでも 私のハートは予期していました
それが 私を強くしてくれました
私を我慢強くしてくれました

いくつか 私を狂わせるものがありました
ナイーブ過ぎると 非難されてきました
だけど 私は 助けてくれる人を必要とはしません
あなたが居るからです あなたは私を信用させてくれました

夜中にあなたが私を必要とするとき 私はあなたのそばに居ます
私の名前を呼んでください
私はあなたのそばに居ます 目を閉じれば 私を見つけられます
私の名前を呼んでください

私は 答えを知りたくありません
私は 理解したくありません
私達は チャンスを掴む為に生れてきました
あなたが私の手を取ってくれるときに 真実を知ります

夜中にあなたが私を必要とするとき 私はあなたのそばに居ます
私の名前を呼んでください
私はあなたのそばに居ます 目を閉じれば 私を見つけられます
私の名前を呼んでください

私は 外洋で失くしてしまう命を 待ちました
私の元へ送られてくるように 天使に祈ります

今夜は いつもの夜ではありません いつまでも
全ての瞬間は 歌です
私達は この夜 お互いに向き合っているからです
それが とても正しい事です 何も悪くはありません

夜中にあなたが私を必要とするとき 私はあなたのそばに居ます
私の名前を呼んでください
私はあなたのそばに居ます 目を閉じれば 私を見つけられます
私の名前を呼んでください

夜中にあなたが私を必要とするとき 私はあなたのそばに居ます
私の名前を呼んでください
私はあなたのそばに居ます 目を閉じれば 私を見つけられます
私の名前を呼んでください

ゴッド・セーブ・ザ・ケッグ instrumental

おや? 聞き覚えがある曲だ。
「エンプティー・ワード」のオーケストラ版ですね。

神様、酒樽をお守りください。

Keg: ビールを詰めたりする樽

♪BLACKMORE'S NIGHT / God Save the Keg

レインボー・アイズ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

 レインボーのカヴァーです。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Rainbow Eyes

Shes been gone since yesterday
Oh I didnt care
Never cared for yesterdays
Fancies in the air

No sighs or mysteries
She lay golden in the sun
No broken harmonies
But Ive lost my way
She had rainbow eyes
Rainbow eyes
Rainbow eyes

Love should be a simple blend
A whispering on the shore
No clever words you cant defend
They lead to never more

No sighs or mysteries
She lay golden in the sun
No broken harmonies
But Ive lost my way
She had rainbow eyes
Rainbow eyes
Rainbow eyes

Summer nights are colder now
Theyve taken down the fair
And all the lights have died somehow
Or were they ever there

No sighs or mysteries
She lay golden in the sun
No broken harmonies
But Ive lost my way
She had rainbow eyes

Uuuuh, uuh

昨日から 彼女はいない
ああ 僕は気にしていなかった 
過ぎ去った日々を 全く 気にしていなかった
辺りに漂う幻想

ため息も出ない 神秘的だ
彼女は 太陽の下で 黄金の肢体を横たえる
ハーモニーは壊れていない
だけど 僕は道を見失った
彼女は 虹色の目をしていた
レインボー・アイズ
レインボー・アイズ

愛は 一つに溶け合わなきゃいけない
海辺での囁き
賢くない言葉を 君は防御できない
それらは 絶対に通じやしないのさ

ため息も出ない 神秘的だ
彼女は 太陽の下で 黄金の肢体を横たえる
ハーモニーは壊れていない
だけど 僕は道を見失った
彼女は 虹色の目をしていた
レインボー・アイズ
レインボー・アイズ

夏の宵は 寒くなった
彼らは お祭りを下ろしてしまった
全てのライトは 消えてしまった
今は それらの名残りがあるだけだ

ため息も出ない 神秘的だ
彼女は 太陽の下で 黄金の肢体を横たえる
ハーモニーは壊れていない
だけど 僕は道を見失った
彼女は 虹色の目をしていた

エンプティー・ワード

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

相手にいくら話しても通じないとき、話しても無駄になってしまう。
信頼が壊れてしまうと虚しいもの。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Empty Words

I have heard that eyes can reflect the soul
And pictures tell a thousand stories
But when I look at you
Why don't I feel it's true
There's so much sad and empty words
There's so much sad and empty words

There are people talking everywhere I look
No one saying what they mean
Still they talk anyway
When there's nothing to say
There's so much sad and empty words
There's so much sad and empty words

I've heard it all so many times
I still try to believe
But you give it away
With the things you don't say
There's so much sad and empty words

I've heard it all so many times
I still try to believe
But you give it away
With the things you don't say
There's so much sad and empty words

You've listened, but you never heard
There's so much sad and empty words

私が聞いたことがあるのは 
瞳は その人の心を反映する事ができるというもの
そして 絵画は 幾千もの物語を語りかける
けれど 私があなたを見る時
なぜ それが本当だとは感じないのでしょう
無言の言葉を とても寂しく感じます
無言の言葉を とても寂しく感じます

私が目にする至る所で 人々が話しています
その行為を 誰も言及しません
それでも とにかく人々は話をします
何も語ることが無いとき
無言の言葉を とても寂しく感じます
無言の言葉を とても寂しく感じます

何回も そうやって聞きました
まだ それを信用したいけれど
あなたは 裏切ります
あなたが 何も話さないとき
無言の言葉を とても寂しく感じます

何回も そうやって聞きました
まだ それを信用したいけれど
あなたは 裏切ります
あなたが 何も話さないとき
無言の言葉を とても寂しく感じます

あなたは耳を傾けるけれど 何も聞いていません
無言の言葉を とても寂しく感じます

ファー・ファー・アウェイ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

遠い、遠い昔。。。

アルバム「Secret Voyage」、日本未発売。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Far Far Away

She passes the days one after the other
She never sees, she never hears
Counting the hours, her life is a rerun
A series of failures rolled into one.

When she was young she looked towards the future.

Eyes full of promise, a heart filled with joy
How had her road twisted so harshly
Can these two women be one and the same.

Once she dreamed of romance
Once she imagined she lived in a castle
Once she held the world in her hands
Once was a long time ago far far away.

How her mind aches, her life's been a hard one
Filled with such sorrow, no girl should know
How her heart aches, she's loves and she's lost
Some say its better, but she disagrees.

Once she dreamed of romance
Once she imagined she lived in a castle
Once she held the world in her hands
Once was a long time ago far far away.

When she was young she looked towards the future
Eyes full of promise, a heart filled with joy
How had her road twisted so harshly
Can these two women be one and the same.

彼女の日々は 足早に過ぎ去ります
彼女は理解しようとしない 彼女は聞こうとしない
数時間を数えて 彼女の人生は 再スタートします
失敗が連続して 重なりました

彼女が若かった頃 真っ直ぐに未来を見ていました

目には約束を一杯湛え 心は楽しみで満たされていました
どうして 彼女の進む道は そんなに厳しく捻じれたのでしょう
果たして この2人の女性は 同じ人なのでしょうか?

かつて 彼女はロマンスを夢見ました
かつて 彼女はお城に住む事を想像しました
かつて 彼女は 世界を手のひらに収めていました
かつてとは ずっと昔の事 遠い 遠い昔

彼女が どんなに心を痛め 人生が険しくなった事か
どんな悲しみで満たされてしまったか 少女は知るべき事じゃありません
どんなに心を痛めた事か 彼女には恋人がいて 失くしてしまいました
その方が良かったと言う人もいますが 彼女は納得しません

かつて 彼女はロマンスを夢見ました
かつて 彼女はお城に住む事を想像しました
かつて 彼女は 世界を手のひらに収めていました
かつてとは ずっと昔の事 遠い 遠い昔

彼女が若かった頃 真っ直ぐに未来を見ていました
目には約束を一杯湛え 心は楽しみで満たされていました
どうして 彼女の進む道は そんなに厳しく捻じれたのでしょう
果たして この2人の女性は 同じ人なのでしょうか?

ブラック・ナイト

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

ディープ・パープルのカヴァーです。

ディープ・パープルの所にリンクを付けていたのですが
ブラックモアズ・ナイトを、7つもアップしているので此処に持ってきました。 

♪BLACKMORE'S  NIGHT / Black Night

Black night is not right,
I dont feel so bright,
I dont care to sit tight.
Maybe Ill find on the way down the line
That Im free, free to be me.
Black night is a long way from home.
I dont need a dark tree,
I dont want a rough sea,
I cant feel, I cant see.
Maybe Ill find on the way down the line
That Im free, free to be me.
Black night is a long way from home.

Black night, black night,
I dont need black night,
I cant see dark night.
Maybe Ill find on the way down the line
That Im free, free to be me.
Black night is a long way from home.

黒い夜は 正常じゃないさ
とても 明るさなんかは 感じない
僕は 座るときにきつくても 気にしない
多分 僕は 冷めていく途中で気づくんだ
僕は 自由なんだって 自由は 僕に違いないって 
黒い夜が 家から遠く離れた所にあるんだ
暗い木なんか 必要じゃない
荒れた海は 欲しくない
感じられない 見えない
多分 僕は 冷めていく途中で気づくんだ
僕は 自由なんだって 自由は 僕に違いないって 
黒い夜が 家から遠く離れた所にある

ブラック・ナイト ブラック・ナイト
黒い夜なんか 必要じゃない
暗い夜が 理解できない
多分 僕は 冷めていく途中で気づくんだ
僕は 自由なんだって 自由は 僕に違いないって 
黒い夜が 家から遠く離れた所にあるんだ

好きにならずにいられない

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

<好きにならずにいられない ブラックモアズ・ナイト 原詩・訳詩>

エルヴィス・プレスリーのカヴァーです。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Can't Help Falling in Love With You

Wise men say only fools rush in
But I cant help falling in love with you..
Shall I stay
Would it be a sin,
but I cant help falling in love with you..

Like a river flows surely to the sea
Darling so it goes
Some things are meant to be,
Take my hand, take my whole life too
For I cant help falling in love with you..

Shall I stay
Would it be a sin,
but I cant help falling in love with you..

Like a river flows surely to the sea
Darling so it goes
Some things are meant to be,
Take my hand, take my whole life too
For I cant help falling in love with you,
For I cant help falling in love with you..

愚か者だけが慌てて行動すると  賢者は言うけれど
君の事を 好きにならずにいられない
ここに居てもいいかい?
罪な事なのかい?
もしも 君が 好きでたまらないとしたなら

確実に 川の流れが 海へと注がれていくように
最愛の人よ それらの
物事には 意味があるのさ
僕の人生と一緒に 僕と手を取り合ってくれないかい?
君が 好きでたまらないから

ここに居てもいいかい?
罪な事なのかい?
もしも 君が 好きでたまらないとしたなら

確実に 川の流れが 海へと注がれていくように
最愛の人よ それらの
物事には 意味があるのさ
僕の人生と一緒に 僕と手を取り合ってくれないかい?
君が 好きでたまらないから
君が 好きでたまらないから

ウィー・ウィッシュ・ユー・ア・メリー・クリスマス

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

この曲には、色々なバージョンがあります。
「私達に小さなプリンと、カップ一杯のお酒をください。 恵んでくれるまで帰れません」というのもありますが

ショート・バージョンです。

欧米では、12/24〜1/1までがセットですね。

つまり、12/24〜25はデートやパーティ、26日〜年末は未だクリスマス期間、1/1「ハッピー・ニュー・イヤー」一発で締めくくり、長いお祭りが終わる。

正月がそっけないと言われる所以です。(正月はクリスマスの一環に含まれるのかも)

クリスマスと正月が離れているのが日本や東洋。

♪BLACKMORE'S NIGHT/ We Wish You a Merry Christmas

We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
And a Happy New Year

We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
And a Happy New Year

Good tidings to you and all of your kin
Good tidings for Christmas and a Happy New Year

We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
And a Happy New Year

Good tidings to you and all of your kin
Good tidings for Christmas and a Happy New Year

We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
And a Happy New Year

We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
We Wish You A Merry Christmas
And a Happy New Year

あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
そして ハッピー・ニュー・イヤーを

あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
そして ハッピー・ニュー・イヤーを

あなたと 御親戚の皆様に 嬉しいお知らせがあります
嬉しいお知らせです クリスマス そして 明けましておめでとう

あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
そして ハッピー・ニュー・イヤーを

あなたと 御親戚の皆様に 嬉しいお知らせがあります
嬉しいお知らせです クリスマス そして 明けましておめでとう

あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
そして ハッピー・ニュー・イヤーを

あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
あなたが 陽気なクリスマスを過ごせますように
そして ハッピー・ニュー・イヤーを

クリスマス・イブ

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!

アップがクリスマス・イブを過ぎてますが
年内はクリスマスという事で。。。

メリー・クリスマス アンド ハッピー・ニュー・イヤーですから。

チープなCGが入ってますが
リッチーは、残念ながら優秀なCGスタッフを抱えていないようです。
レインボーのときから そう。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Chirstmas Eve

Say goodbye to November
She must be on her way
The cold winds of December
Look like they're here to stay
Me, I'll just count the snowflakes
As they start to fall
Getting lost in the beauty
The magic of it all...

And our eyes filled with wonder,
As the reindeer take to flight...

*Its Christmas eve
Bells will ring
Through the town we gather to sing
Christmas eve
Has begun
Peace and love to everyone

Light the festive candles
Theyll chase the shadows away
Gathering round the yule log
With handfuls of holly
Winter winds will whisper
Through the shivering pines
Never have the stars looked brighter than tonight...

11月に別れを言いましょう
今 去って行くところです
12月の寒い風
ここに しばらく滞在するようです
私と言えば 雪のかけらを数えるのでしょう
降り始めたとたんに
美しさの中で 消えてしまう
それらの全ての魔法。。。

私達の瞳は 驚きで一杯です
トナカイが 空へと 飛び始めると

今日は クリスマス・イブです
ベルは 鳴り響くでしょう
町を通って 歌う為に集います
クリスマス・イブが
始まりました
平和と愛を 全ての人に

祝祭のキャンドルに火を灯しましょう
それは 影を追い払います
クリスマス・イブの大薪の周りに集まります
一握りのヒイラギと一緒に
冬の風は 囁きます
身震いする松の木を通り抜けて
星々は 今宵ほど きらめく事はありません

私達の瞳は 驚きで一杯です
トナカイが 空へと 飛び始めると

今日は クリスマス・イブです
ベルは 鳴り響くでしょう
町を通って 歌う為に集います
クリスマス・イブが
始まりました
平和と愛を 全ての人に

私達の瞳は 驚きで一杯です
トナカイが 空へと 飛び始めると

今日は クリスマス・イブです
ベルは 鳴り響くでしょう
町を通って 歌う為に集います
クリスマス・イブが
始まりました
平和と愛を 全ての人に

ナウ・アンド・ゼン

ブログネタ
ロックの日本語訳 に参加中!
<ナウ・アンド・ゼン ブラックモアズ・ナイト 原詩・訳詞>

"Based on the Prelude in C by J.S. Bach"と書かれているから
バッハの「Cのプレリュード」がベースです。
「私なら大丈夫」と、心が離れてしまった彼に語りかけるが。。。

1).familiar
"familiar"で、「馴染み深い」の意味がありますが
その後のセンテンスから「ありふれている」の意味を採用しました。

2).leave
"leave"の過去形は、"left"ですから、意味は「残す」です。

"You left me."
「あなたは、私を残して行った」
"You've left me."だと、少しこなれた感じです。

「私」は、残されたわけですが、「あなた」は、去って行きました。

"leave"の意味には、「去る」、「出発する」という、全く逆の意味があります。
昔は、これが分かりませんでした。

♪BLACKMORE'S NIGHT / Now and Then

The past is so familiar
But that's why you couldn't stay
Too many ghosts, too many haunted dreams
Besides(Beside) you were built to find your own way...

But after all these years,
I thought we'd still hold on
But when I reach for you and search your eyes
I see you've already gone...

That's OK
I'll be fine
I've got myself, I'll heal in time
But when you leave just remember what we had...
There's more to life than just you
I may cry but I'll make it through
And I know that the sun will shine again
Though I may think of you now and then...

Can't do a thing with ashes
But throw them to the wind…
Though this heart may be in pieces now
You know I'll build it up again and
I'll come back stronger than I ever did before
Just don't turn around when you
walk out that door...

That's OK
I'll be fine
I've got myself, I'll heal in time
But when you leave just remember what we had...
There's more to life than just you
I may cry but I'll make it through
And I know that the sun will shine again
Though I may think of you now and then...

That's OK
I'll be fine
I've got myself, I'll heal in time
And even though our story's at the end
I still may think of you now and then...

過ぎ去りし日は とても ありふれていて
それが 貴方が居られなくなった理由です
とても多くのゴースト とても多くの取り憑かれた夢
そのうえ 貴方は 自分の道を探すように出来ていました

これらの歳月を過ごした後
私達は 未だ続いていると思っていました
だけど 貴方に触れて瞳を探したとき
貴方は もう 旅立ってしまったのが分かりました

私なら大丈夫です
元気になるでしょう
自分を取り戻しました やがて私は癒されるでしょう
貴方が去ってしまったとき 私達の過ごした時の事を忘れないでください
人生には 貴方以上のものがあります
悲しむかも知れないけど 切り抜けるでしょう
お日様が再び輝く事を 私は知っています
時折 貴方の事を思っているかも知れないけれど

灰になった人と一緒に やって行く事はできません
風の中へ 放り投げましょう
心臓がバラバラになりそうだけど
もう一度 気持ちを立て直して
より強くなって戻ってきます 以前よりも
振り返らないでください
貴方がドアへ向かって歩き出したとき

私なら大丈夫です
元気になるでしょう
自分を取り戻しました やがて私は癒されるでしょう
貴方が去ってしまったとき 私達の過ごした時の事を忘れないでください
人生には 貴方以上のものがあります
悲しむかも知れないけど 切り抜けるでしょう
お日様が再び輝く事を 私は知っています
時折 貴方の事を思っているかも知れないけれど

私なら大丈夫です
元気になるでしょう
自分を取り戻しました やがて私は癒されるでしょう
物語が 終わりであったとしても
まだ 時折 貴方の事を思っているかも知れません

アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ
    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ
    livedoor プロフィール
    カテゴリ別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ