2017年02月25日

死んだらどうしようという 不安解消





image






























ようこそおたずねくださいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?



今朝は、「妙慶の心が笑顔になるラジオ」でした。
聞いてくださった方、おおきに。📻


放送終了後、リスナーさんからメールを
いただきます。


ある方は、「一体自分は何をしてきたのか
考えるとイライラしていました。」
その理由がわかりました。


ある方は、病院の検査が続き落ち込んで
いましたが、立ち止まるきっかけに
なりました。
とメッセージを寄せてくださいました。



またある方は、「私はこの度、手術を
受けます。
成功する確率は低いそうです。
病院で妙慶さんのラジオを聴きながら
震えています」というメールを
いただきました。



 親鸞聖人は、晩年京都におられた時、関東の
同行衆(どうぎょうしゅう)にお手紙を
書いておられます。


当時の関東地方は、病気で苦しんで死んで
行かれる方、、殺人や自殺が横行してしまう
まさに地獄絵を描いたかのような
状態でした。


そのような状態で、生きることも思い通りに
ならない中、不安と恐怖の中に
いる方がどれほどおられたか。



親鸞聖人は、「生きることも、死ぬことも
思うようにはいかないのが私たちです。
それは、人間の思わくを越えたものなのです。


だから生死のことは如来にまかせて、
賜った生命(いのち)を大切に
生きましょうとお書きになって
おられます。


どれだけ、こうなりたいといっても
思い通りになれない我が身を
生きています。


もがけばもがくほど
体をいじめているのですよ。



今、はっきり言えるのは
だれかに代ってもらうこともできない
大切な人生を生きています。


このことが大きいのです。


私も寝るとき、明日目が覚めているかな❓
と思うことがあります。


目が覚めてたら
ありがとうございます。


もし、目が覚めなければ
このままお浄土へと導かれて
いくのだなと思います。


それはそれで
気持ちが楽になります。


阿弥陀さんにおまかせですね。


今日もぼちぼちと
おきばりやす。


⭕️3月26日 日
14:00より

KBSラジオ
「川村妙慶の心が笑顔になるラジオ」
公開収録  参加者募集‼️


ご希望の方は
ご応募ください

メールは
egao@kbs.kyoto
お名前  連絡先を
必ずお書きください

当日は  放送の模様
井村屋さんからのお土産
妙慶よりプレゼント
があります

是非ご応募くださいね。
😄





























 


rococo8787 at 12:00|この記事のURL

2017年02月24日

私はできないと 言い切らないで

image




















哲学の道 でほっこり


















ようこそおたずねくださいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか? 


昨日は、仕事の合間の時間を見つけて
マッサージに行きました。
じっくりリンパを流していただきました。


その後、哲学の道を散策。
ベンチに座りながら、珈琲を一服。


そういえば、メールが溜まってるかも❓と
気になりPCを開けました。


そこへ


法話はただしい。
私にはできない。


という読者さまからのメールが目に入りました。


正直な方だなと感じたものです。


この哲学の道は、西田幾多郎氏をはじめ
哲学家さんがこの道を歩きながら
人生を考えたことから「哲学の道」と
名付けられました。


西田氏は、

我々は小なる自己を以て
自己となす時には苦痛多く、
自己が大きくなり客観的自然と
一致するに従って
幸福となるのである。


と言葉を残されています。 



どういうことでしょうか。
私たちは、「今ある自分」だけを見て
これがが全ての私だと思って生きて
はいないでしょうか。


 
私たちは、日々多くの人と接して
生きています。
毎日、辛いことも嬉しいことも
経験を積んで生きています。

 
それは、自然と私の中で
自分の可能性を実現させるため
チャンスを得ているのです。


私はできないと言い切るのではなく
今の状況に関わることです。

そこから、私にできること
やりたいことを続けてください。

 

そのような生き方の先にこそ、
幸福になれる可能性があると

西田氏はおっしゃったのです。


夜は、学生時代寮生活で同室だった
友人と、一献しました。

彼女はIBM 秘書  海外の銀行に勤め
仕事一途に生きてきた人です。


「多くの人に会って、多くの彼とも
付き合ったけど、こうして『人間』
について語れるのは、妙慶しか
いないな、、
あなたには長生きしてほしいな」と
言ってくれました。


いつまで生きられるかはわかりません。

ただ、今日という日を共に語れる
時間が共有できることに
喜んでいます。


あなたにとって今日もぼちぼちと
おきばりやす。


⭕️3月10日の
『法ワイン会  』
申し込みができたのか
不安との メールがきます
sairenji@nifty.com
に送ってくだされば
私からも 松富や壽  さんに
連絡しますね。 

男女共   お一人だけでも  OKです 




⭕️  明日は、KBSラジオ
川村妙慶の心が笑顔になるラジオ
です
午前8時から

全国  ラジコで聞けますよ



















rococo8787 at 10:16|この記事のURL

2017年02月23日

あなたが幸せになれない理由




image








































ようこそおたずねくださいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?



全国的に曇り、雨ですね。

二十四節気でいう雨水の時期です。
これも春を迎えるための一振りなのでしょう。


昨日は、NHK文化センター梅田教室で
心の講座でした。


受講者さんが(画像)お稽古でいけたお花を
「妙慶さんに楽しんでほしくて」と
わざわざ持ってきてくださいました。


お花も素晴らしいのですが、チャーミングな
彼女も素敵で、つい写真を撮らせて
いただきました。



彼女は白衣の天使😄
お婿さん募集です。


さて、貴方は朝起きてどんなことを感じましたか?


⭕️長い1日を迎えてしまう。

⭕️これもあれも 仕事が山済みだ  うっとうしい

⭕️今日どうやって過ごそう❓

⭕️あの人と会うのは面倒だ

⭕️ あの人をギャフンと言わせよう


そう思った方がいたら、どうか考え直して
ほしいです。


その前に、目の前にある大切なことに
気がついてほしい。



今日という日を迎えたことは
本来なら難しいことなのです。


本来ならいつ死ぬ身かわかりません。


一歩、外に出たらどうなるかわからないのが
私たちの人生です。


そんな私が今こうして生きている。

こうして存在している。



まずことのことに喜べないと
人と出会っても面白くありません。


幸せを感じられない理由が
ここにあるのですよ。



目の前の命に頭を下げましょう。


すべてに
「ありがとう」 と。


受講者さんは、目を輝かせながら
桃、チューリップ、ミモザ
ぜんまい
  雪柳   ですよ😄
笑顔で話しかけてくれる顔は
慈愛の表情でした。



夜は後輩の誕生日祝いをさせていただき
お花と共にお祝いさせていただきました。


私の書斎はお花の良い香りです。



さて、あなたにとって
今日もぼちぼちとおきばりやす。





⭕️2月25日  土曜日

心の荷物をおろす会
12:30  より

キエフでランチ
その後   
  法話     川村妙慶


キャンセルが出たので
少しの空きがあります


お気軽にどうぞ 
075ー525ー0860

































。 



rococo8787 at 09:55|この記事のURL

2017年02月22日

自分の力で生きているのか?


image








































           西蓮寺の白梅













ようこそおたずねくださいました。


おおきに


あなた様はお元気ですか?




西蓮寺の梅が綺麗です。
皆様のところは いかがですか?



さて、昨日は京都の伝統産業を受け継いで
いる方との交流会がありました。


千年以上もの伝統文化を受け継ぐ
職人さん
とお話しできる貴重な時間でした。


伝統文化の中は、漆器(しっき)があります。


木や紙などに漆(うるし)を塗り重ねて作
る工芸品です。


ある会社メーカが漆の黒を車の塗料
に使いたいとたずねてきたそうです。


日本の黒は品があり、格調高い
というのが理由だそうです。


しかし、漆は、光に弱いということで
車の車体には向かないと断念したそうです。


漆の黒は他の塗料とは比べものに
ならないのは何故か?


それは、側面から見た時の違いが
出るそうです。



また海外でも漆は取れるのが、なぜ
日本で製法されるのか❓


それは、日本人独特の性格にあるそうです。
日本人にしかできない技があるのですね。




さて、ある方が挨拶で
私はロウソクのように身を粉に
して、皆を照らす人になりたいと
おっしゃいました。



確かにロウソクは自らを燃やして
人に灯を与えています。


しかし、ロウソクは空気があるから
燃えるのです。


自分一人では燃えることはできません。



私たちは、多くのご縁の中で
生きることができるのですね。



日替わり法話読者様が
「今日もぼちぼちとおきばりやす」
が好きですと
メーカをくださいました。
反応ありがとうございます。



では😄貴方にとって
今日もぼちぼちとおきばりやす。





川村寿法の立ち食い法話です

是非
http://blog.livedoor.jp/kawamurajuhou/




🍷法わイン会🍷

のお知らせ


3月10日  金曜日     午後6時30分


法話 とおばんざい
丹波のワイン を楽しんで

下さい。



場所   松富や壽
18:30  より

こちらを是非
https://www.obanzai-ichie.com



おばんざい  食べ放題
丹波のワイン  
女性醸造家  ゲストにお招きし
妙慶の法話です。

松富や寿  さん

松富や壽さんでは、最後の法話会です



京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町87

烏丸御池駅5出口から徒歩約6分
烏丸駅13(阪急)出口から徒歩約6分
河原町(京都府)駅11(阪急)出口から5分

🔵
お電話でお申し込み下さいませ
会費  5000円(おばんざい  ご飯  食べ放題)
                        ワイン  数種類   ビール   ソフトドリンク)

電話番号    075-255-7899


一緒にお話ししましょうね
お待ちしています。


メール  
                 ichie@mist.ocn.ne.jp 
     メールでのお申し込みは必ず「川村妙慶   法話会」と
     ご記入お願いいたします。
     受付メールが届かない場合はお電話ください。


 




































rococo8787 at 13:00|この記事のURL

2017年02月21日

みじめだと思う心理



image

























ようこそおたずねくださいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?


春一番の風が吹き荒れ、交通機関にも
影響が出ていますね。
皆さん、くれぐれも気をつけてください。



昨日、海沿いを歩いていると、ご年配の方が
押し車に支えられながら歩いています。
風の勢いに押されそうで心配になり、
一緒に目的地まで付き添わせていただきました。



私も、いつか押し車のお世話になるの
かなとも思いながら歩いていました。



よく、「押し車だなんてとんでもない
私は、年とったら絶対ああはなりたく
ない」とおっしゃる方がおられます。


つまり、醜い姿をさらすという
イメージなのでしょうか。


それは、「老いが自分にとって暗い
イメージになっている
」からです。



老いを自然に受け止められたら
これも人生の順番だと思える
のです。



私の周りも、病を抱えて生きる方が
多くなりました。


生きていると必ず、どこかに負担が
かかります。


確実に年齢を重ねています。


だからこそ助け助け合い
ながら生きているのですね。

「お世話になります」と。


今日もぼちぼちと
おきばりやす。




⭕️明日は
NHK文化センター梅田教室

心が元気になる講座です

15:00  より

大阪府大阪市北区角田町8−7

06-6367-0880

梅田(大阪市営)から徒歩約3分


お気軽にどうぞ

































 


rococo8787 at 11:30|この記事のURL

2017年02月20日

相手の声を聞いて



image





















定例会で
早智子さんお手製の大福餅

お饅頭は山口からNさんの差し入れ









ようこそおたずねくださいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?


昨日は、西蓮寺で定例法話会でした。
新しくお参りくださった方が三人も
おられ、地元はもちろん
福津市、飯塚市、山口からもお参りいただき、
ありがたき法話会となりました。


びっくりしたのが、日替わり法話読者の
方が、両親に西蓮寺での法話会の
事をお知らせくださったそうです。


それを聞いたご両親が西蓮寺に
お参りくださったのです。

法話後の座談会で、思いの内を
問応し合う時間に、たいそう
喜んでくださいました。


日々、思っている事を問うていく。
それを皆が自分の事のように考える。

そして住職、私が仏様のお言葉を添えさせて
いただく。


貴重な時間だと思っています。😄



改めて、人生は不思議な出会いの連続
なのだなと感じました。



 残念ながら毎日のようにいじめ、
殺人事件が相次いでいます。


自分の思い通りにならなければ
危害を加えてしまう。


大切な命は、私の所有物ではありません。


出会うという事は、自分中心の世界で
人を見る事ではありません。


相手の気持ちがあっての事です。


私がやりたいようにやる。
言いたい事も言える


が出会いではありません。 


 どうか、掛け合える会話を
していきましょう。

相手の声が聞いていける人になりたいですね

私はしばらく海の風をいただきながら
過ごします


あなたにとって今日もぼちぼちと
おきばりやす。






























。 



rococo8787 at 09:26|この記事のURL

2017年02月19日

逆らわない

image






















Mさんに頂いた
スパークリングワイン















ようこそおたずねくださいました。


おおきに


あなた様はお元気ですか?



昨日は、読売文化センターで「心の講座」でした。
受講くださった皆様、ようこそでした。


教室に入ろうとすると、受講のM女子が
入り口で待っておられます。

私の日替わり法話も毎日読んでおられ、
私の生活が変わったこと
それが穏やかな日々になったことに
喜んでお祝いしてくださいました。



「妙慶さん  はい  これ」と、くださいました。😄


私の点滴です   笑


早速  宿泊のホテルで
お香を焚きながら いただきました。涙。


受講のM氏が、私は火野正平さんのゆるい
感覚が好きなんですよと、読みかけの本を
紹介してくださいました。


本を見ながら、人生の後半は、こんな
ラフな感覚に
なれたらなと、感じたものです。



全てにストレスを感じる人がいます。


自分でストレスを強くして
「苦しい」と言います。


得ることに優越感を

失うことに劣等感を

もつ必要はありません。





天も
地も
水も
動物も
時間も

みな 等しく生きています
流れています



時々刻々と変化しています。


お釈迦様は、縁起している
とおっしゃいました。

 
なのに
人間だけが  逆らおうと生きています


もう自然に従いましょう。

流れに任せましょう。



今日もぼちぼちとおきばりやす。




































。 


rococo8787 at 08:40|この記事のURL

2017年02月18日

もっと素直になろう

image































ようこそおたずねくださいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?



今日は「妙慶の心が笑顔になるラジオ」でした
聞いてくださった皆様、おおきに。


さて、昨夜は京都市交響楽団演奏会、その後
友人と一献しました。

お店では大学生のアルバイトさんが一生懸命に
対応されていました。

お客さんからからかわれても、「そうなんですか」
返事をしています。

その返事がお店の雰囲気をよくしているのだなと
感じたのです。


私たちは、年齢ごとに全てを知ったかのように
素直になれないことがあります。


言葉に敏感になり、跳ね返したり
します。



 人のいうことを
ナルホドそうかと
うなずけたら
何か そこには
小さな花が咲くようである
                詩集『群生海』より    


まずは、そうなんだ。

そう言えたら丸くなるのですね。



あなたにとって週末を
ぼちぼちとおきばりやす


明日は西蓮寺定例会
13:30
是非  お参り下さいね




住職のBlog 是非
http://blog.livedoor.jp/kawamurajuhou/

































。 



rococo8787 at 08:17|この記事のURL

2017年02月17日

自然界から学ぶ




image

































ようこそおたずね下さいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?


今日は全国的に雨となりそうですね。

すると人間は、「今日に限って何で雨なんだ」
とぼやいてしまう時もあるでしょう。


今日に限ってとは、私の都合です。


この地球に共存するという視点をもって
きたら、今日は雨ですね‼️に変わります。


植物を見てください。


 一雨ごとに芽がのびてきています。

雨が大地に染み込んでいます。



 人間の心も都合の悪いことが
入ると、心を閉ざします。
拒否もするでしょう。


辛いですが、それは私の成長を止めている
ことになるのです。


この寒い冬を植物はじっと現実を受け入れ
ながら生きています。


あなたにとって今ある出来事は
一雫の栄養剤となり
あなたを活性してくれることでしょう。


今日も生きていることに
喜びながら
ぼちぼちとおきばりやす。


























 


rococo8787 at 10:00|この記事のURL

2017年02月16日

耐えた分だけ






image




























寒さの中 天高く伸びて行く
梅を人参で表現。







ようこそおたずね下さいました。

おおきに

あなた様はお元気ですか?


この時期は二十四節気でいうと「雨水 」
雪溶けの時期です。
少しづつ春の日差しをいただきます。


さて、昨日は打ち合わせが続き
動き回っていました。
そんなとき、友人(男性)から「二日前の
日替わり法話で刺激を受けた。」と携帯が
なりました。



好きな女性がいて、告白したいのだけど
彼女(私の友人)の連絡先を教えてくれ
ませんか?という内容です。


え❓こんなことってあるの❓


私が驚いたのは、その女性に好意を寄せて
いる男性は他にもいたからです。


逆に、彼女とお付き合いしたいという男性は
二人共、私の男友だちです。


その、男友達にもライバルがいることは
言えません。


困った困った、、、


しかし、このことを先延ばしするわけには
いきません。
私は思い切って彼女を食事に誘いました。


どうせなら、和食の美味しい所をご馳走させて
いただこうと、予約しました。


彼女に事実を話すと
「え❓⭕️⭕️さんと、⭕️⭕️さんが私のことを❓」

しばらくうつむいて黙っていました。


彼女はニタット笑い
「何で妙慶ちゃん じゃなくて、地味な生活の
私なんやろうな。
笑ってしまうわ」と言います



私も「そうどす‼️失礼なことどす😉」と
突っ込みながら、彼女に本心を聞きました。


彼女と話しながら気がついたことがあります。


彼女は49才まで独身でした。
親の介護もあり、会社も退職したのです。
家にべったりだと気持ちに余裕がなくなることも
あるでしょう。
しかし、女性らしさも持ちながら、自分の
時間を見つけ、
聞法会にも来てくださってた。

あるときには、問題提起もされていました。
決して目立つことなく一生懸命に生きてきた。


その姿に、友人の2人は素敵な方だなと
思いを寄せていたのです。


「妙慶とデートできるなんて幸せ」と
言ってくれるのも可愛いですね。


私は「モテキ到来‼️」とけしかけました。


しかし、彼女は調子に乗ることなく
「少しお時間ほしいな。
妙慶ちゃん、嫌な役を引き受けてくれて
ありがとね。
それよりも、49才まで特に何もなかった私が
一気に春が来たみたい。
辛抱してよかった。」と目にはうっすら
涙です。



彼女がどんな答えを出すのか?


いずれ、どちらかの男性はことわられることに
なります。
そのときは、また飲みに連れて行きますか、、、😆

私が男前と言われるのもわかります。笑


お店では二月に咲く梅を表現した
お刺身を出していただきました。


厳しい冬に耐えて咲く梅。


あなたも、耐えたぶんだけ、必ず
喜びが来ますよ。



今日もぼちぼちとおきばりやす。




🍷法わイン会🍷

のお知らせ

法話 とおばんざい
丹波のワイン を楽しんで

下さい。



場所   松富や壽
18:30  より

こちらを是非
https://www.obanzai-ichie.com



おばんざい  食べ放題
丹波のワイン  
女性醸造家  ゲストにお招きし
妙慶の法話です。


松富や寿  さん

松富や壽さんでは、最後の法話会です


京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町87

烏丸御池駅5出口から徒歩約6分
烏丸駅13(阪急)出口から徒歩約6分
河原町(京都府)駅11(阪急)出口から5分

🔵
お電話でお申し込み下さいませ
会費  5000円(おばんざい  ご飯  食べ放題)
                        ワイン  数種類   ビール   ソフトドリンク)

電話番号    075-255-7899


一緒にお話ししましょうね
お待ちしています。


メール  
                 ichie@mist.ocn.ne.jp 
     メールでのお申し込みは必ず「川村妙慶   法話会」と
     ご記入お願いいたします。
     受付メールが届かない場合はお電話ください。


 





































 


rococo8787 at 13:30|この記事のURL

2017年02月15日

まあまあ これでいい




image


























今朝の朝食
















ようこそおたずね下さいました。


おおきに。


あなた様はお元気ですか?


今日は幾分か暖かい日差しを感じます。
私は、静寂な山から下りて、
普通の生活に戻りました。


さて、先日のニュースで知ったのですが
「偽の友達アルバイト」
を雇う方が増えているそうです。


SNS投稿するとき、又は自分の結婚式に
集まってくれるお友達が居ない場合、
偽の友達をアルバイトで雇うという方が
おられるのだとか。


自分に友達が少ないと思わせたくない
というのが理由なのでしょうが、
果たして必要なことでしょうか?


確かに、今は自分の存在を上手に
発信する方が増えています。


外食のシーンなどをSNSで投稿する
人も多くなっていますね。


自然な流れで発信するのはいいのですが
「作った状況」を見てもらう必要が
あるのでしょうか?




 背伸びはしないことです。
格好つけないことです。


身の丈に合った私を
精いっぱい生きたらいい。


あなたのの代わりはいないのですよ。
それぞれに
一人一人の花の咲かせ方は
違います。


今私たちに必要なのは
目の前のことをいただいて
精一杯生きていく
ことでしょう。


怒りも出るでしょう。
ぼやきたくなることもあるでしょう。

しかし、その怒りが転じてくる
ことがあります。
まあ 見ててごらんなさい。☺️



まあまあ、、、これでいい。



こんな気持ちでいきると
自然と笑顔が出て、明るく生きられますよ。

 
まあまあ、、、


今日も力を抜いていきて生きましょう。


私も書斎から見える本山に合掌し
勤行。
掃除を終えて、朝食です。
今の生活にありがたく思いながら。



あなたにとって今日もぼちぼちと
おきばりやす。





























































。 


rococo8787 at 09:46|この記事のURL

2017年02月14日

興味を持ってもらう


image


























ようこそおたずね下さいました。 

おおきに。

あなた様はお元気ですか?



今日も冷たい風が吹きます。
大雪の被害にあわれた多くの方が
辛い時間を過ごされていると思います。



皆様の体調はいかがですか?




先日、友人(男性)から「やっと結婚したいと思える
人に出会った」と連絡をいただきました。
友人とは取材を通じて出会い、たまに酒を交わす
仲です。



もう結婚には縁がないのかな❓と心配はしていた
のですが、思いがけない連絡に「やるな、、☺️」と
嬉しくなりました。




また相手の女性は、同世代です。
男性のほとんどが、結婚の対象に、
若い女性を選ぶ方が多いのですが、
同世代の女性を意識して
くれたことにも、私たち同世代に
希望の光をいただいたものです。笑



問題は、友人が気持ちをいつつたえるか
ということです。

私は、「逆バレンタインデーを利用したら❓」
と伝えました。
しかし、当人である友人にしては辛いところでしょう。


しかし、どちらかが伝えないと相手の本心は
わかりません。


さて他宗派さんの業界紙に「法話に感動する人が1%」
というデータが出ているそうです。


日替わり法話 読者様が私にもメールして下さいました。


伝わってないということなのですね。
私の課題になります。


大切なのは、興味を持ってもらうということなのでしょう。


告白するにしても
仏法を伝えるのも
営業するのも
商品を販売するにしても


まず相手に興味を持ってもらう
ことから始めないといけないのでしょう。


どうして こうなのか
これがどう未来に広がっていくのか。


今日も旅館で原稿を書きながら
静かに精進してまいります。


あなたなりの時間を
ぼちぼちとおきばりやす。





















 


rococo8787 at 13:30|この記事のURL

2017年02月13日

切り替え方





image



























温泉から眺める月









ようこそおたずね下さいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?



今日から一週間のスタートですね。

やる気を持ててる方。
なんとなく気持ちが重いという方も
おられるのではないでしょうか?


私は、新刊本の執筆に入っていますが、
筆がすすみません。
体も冷えきっています。


思い切って温泉宿に電話をすると
予約できました。


お一人様の宿泊は警戒されるのですが
行きつけの旅館を持つといいですね。


「妙慶さん  お待ちしてます」と対応して
下さいました。


食事を済ませ、月を見ながら温泉へ
しばらく眺めていました。



私が月夜を観賞する理由は、気持ちを
切り替えるためです。



例えば、昔失恋した時、慰めの言葉として
「男なんて星の数ほどいるじゃない」
と言われてきました。


失恋した時は、私の人生はお先真っ暗と
思います。


それは、小さい世界しか見てないのです。


あなたにもあるでしょう。


今の もやもやが切り替えられない時、
目の前の出来事しか視野にないからです。


星の数ほどというのは、もっと全体像を
見て行けということなんです。


私も月を眺めながら、月から
「お前は私だけを見ているが
私はもっと大きなスケールで
全てを包み込んでいるぞ」

と投げかけてくれているようでした。


視野を広げ、
気持ちを切り替えて
原稿に勤しみます。


あなたにとって
今日もぼちぼちとおきばりやす。




🍷法わイン会🍷

のお知らせ

法話 とおばんざい
丹波のワイン を楽しんで

下さい。



場所   松富や壽
18:30  より

こちらを是非
https://www.obanzai-ichie.com


おばんざい  食べ放題
丹波のワイン  
女性醸造家  ゲストにお招きし
妙慶の法話です。

松富や寿  さん

松富や壽さんでは、最後の法話会です


京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町87

烏丸御池駅5出口から徒歩約6分
烏丸駅13(阪急)出口から徒歩約6分
河原町(京都府)駅11(阪急)出口から5分

🔵
お電話でお申し込み下さいませ
会費  5000円(おばんざい  ご飯  食べ放題)
                        ワイン  数種類   ビール   ソフトドリンク)

電話番号    075-255-7899


一緒にお話ししましょうね
お待ちしています。


メール  
                 ichie@mist.ocn.ne.jp 
     メールでのお申し込みは必ず「川村妙慶   法話会」と
     ご記入お願いいたします。
     受付メールが届かない場合はお電話




























。 


rococo8787 at 10:30|この記事のURL

2017年02月12日

自分の距離感




image







































ようこそおたずね下さいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?


寒い日が続きます。風邪はひいてないですか?




たまたま見たニュースで知ったのですが
ある方が新幹線の自由席に座ろ
うとすると、
「そこは私がいつも座る席です。」と、
後ろから声をかけた方がおられた
そうです。
周辺の皆さんは、呆然となったとか。




パーソナル・スペースという言葉を
ご存知でしょうか。


人間は、自分の居場所を確保するために
距離感を意識するのだそうです。


それを昔から「縄張り」と言っていました。


自分の空間を知らない人に邪魔される
ことほど嫌なことはないのでしょう。


つまり「存在空間」がほしいのです。


それが確保できないとなると
私たちは、孤立感を覚えるのです。


しかし、私たちは同じ地球で
共存しあっています。


自分の家以外は、お互いの空間を
共有して生きているのです。


特急電車にはそのために指定席があります。
私も今日からしばらく移動が続きますが
立ちたくないという理由で
指定席を取ります。


そのためにかかる費用は当たり前
だと思っています。


自由席の場合は、座れたらありがたき。
座れない場合は、それもご縁。


その時の状況を受け入れて
生きていくしかありませんよね。


あなた様にとって
どのような日曜日
となりますか?
今日もぼちぼちと
おきばりやす。



































。 


rococo8787 at 10:26|この記事のURL

2017年02月11日

立ち往生の誤解




image






















ようこそおたずね下さいました。


おおきに。


あなた様はお元気ですか?


全国的に大寒波が押し寄せてきました。
電車の遅れ、道路も乱れています。
皆様のところはどうですか?


私は京都へもどり、ラジオでした。
多くの皆様からメール、お手紙をいただ
き、ありがとうございます。

時間が限られ、すべての方をご紹介
できませんが、一人お一人のお名前、
住所も見ながら
ありがたく拝読しております。


さて、この雪で立ち「往生した」と
おっしゃる方がいました。


 「往生」という言葉は、難儀したと聞こえ
ますが、そういう意味ではないのですよ。


往生という言葉が誤解されたのは
「死」を連想してしまい
それが「困る」というイメージに
転化したからでしょう。


しかし、「往」は、目的地に向かって進んで
行くという意味が込められています。


どこへ向かうのでしょうか。


煌びやかな世界でしょうか。


何でも思い通りになる楽しい世界でしょうか。


残念ながらそうではありません。


様々な出来事でいきづまっている
私に、目覚めの世界をいただくのです。


自分で目覚めることはできません。
阿弥陀様の呼び声で目覚めさせて
くださるのです。


欲望に流されそうになる私たちに
どうか、かき乱されない生き方を
してほしい。


お念仏を称えながら、耳を傾けて
ほしいと願われているのです。


寒いこの時期。
しかし、確実に木々の
生命が芽吹きだす
準備をしています。


私たちも、どうか生きる方向性を
しっかり持ちましょう。


すると、煩悩にかき乱されない
本当の希望の道がいただけます。


今日もぼちぼちとおきばりやす。



法話会です

 2月19日  日曜日

   
13:30  より
西蓮寺   定例法話会です。

北九州市門司区東門司2丁目7ー21

JR 門司港駅より徒歩 15分
西鉄バス   田浦行き(海岸)
          東門司2丁目下車

お車の方は 駐車場案内します。


勤行

法話   「希望の持てる人生のお話です」

座談会(お菓子、ー茶でもいただきながら 
             お話ししましょう)


住職    妙慶   門徒総代さんが

心よりお待ちしています。😄






























。 
























。 


rococo8787 at 11:30|この記事のURL

2017年02月10日

関係性を持つということ


















image

































ようこそおたずね下さいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?


全国的に大雪です。
皆様のところは大丈夫ですか?


さて、私は港の側で諸々の用事を
しています。
読者の皆さまのほとんどが
環境を変えることのできない
日々を生きておられると思います。


お陰で今の私は、気ままに移動できる身です。
そのことに感謝しながら、与えられた
仕事をさせていただいております。


日々、生きるということは、
目の前のことをこなすだけでなく
地球上で起こりうる様々な状況も
考えなければならないなと
思っています。



平和を訴える反面、今もどこかで戦争は
続いている。


このことにも目を向けないと、、、


本当の勇気とは
報復しないこと
ではないでしょうか。


仕打ちを受けたら
仕返しをしたい
気持ちはわかります


しかし、仕返しをしてしまう
ことで、罪のない人を
巻き込んでしまう
ことになるのです。



就任からわずか3週間で
悪評を良くも悪くも
武器にした大統領。

総理はどんなゴルフをするの
でしょうか。


私たちも、人間関係を築く中で
お互いの主張も聞いていかないと
いけません。


しかし相手の強い主張に
耳を傾けるのと
相手の言いなりになる
ことでは違います。


しっかりむきあいながら
見極めて
関係を深めていきたいですね。


今日も、ぼちぼちとおきばりやす。


⭕️妙慶のテレフォン法話  
    たまに更新しています
075ー431ー7603




昨日の法ワイン会  案内に
誤りがあります。


ほうわいんかい

のお知らせ

法話 と丹波のワイン を楽しんで
下さい。



松富や壽

3月10日 金曜日
18:30  より


松富や壽さんの自然食おばんざい
 食べ放題

丹波のワイン  
女性醸造家  ゲストにお招きし
妙慶の法話です。

松富や寿  さんでは
最後の法話会です



京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町87

烏丸御池駅5出口から徒歩約6分
烏丸駅13(阪急)出口から徒歩約6分
河原町(京都府)駅11(阪急)出口から5分

🔵
お電話でお申し込み下さいませ
会費  5000円(おばんざい  ご飯  食べ放題)
                        ワイン  数種類   ビール   ソフトドリンク)

電話番号    075-255-7899


一緒にお話ししましょうね
お待ちしています。


メール  
                 ichie@mist.ocn.ne.jp 
     メールでのお申し込みは必ず「川村妙慶   法話会」と
     ご記入お願いいたします。
     受付メールが届かない場合はお電話下さい。
































続きを読む

rococo8787 at 08:52|この記事のURL

2017年02月09日

御手に包まれてる



image





















仏手柑    仏様の合掌の手











ようこそおたずね下さいました。

おおきに

あなた様はお元気ですか?


昨日はNHK文化センターで心の
講座でした。
しばらく体調を壊されていた方が
「元気になりました」
とこられた時には、涙が出ました。


もちろん同時に体調を壊されて欠席と
いう方のことも考えながら
親鸞聖人のお言葉に触れさせていただき
ました。


また受講者のKさんが仏手柑(ぶっしゅかん)
(仏様が合掌している手に似てる)
を持ってきてくださり、皆様に香りと
姿を味わっていただきました。


ある方がこんな詩を残しています


現実に腹が立った時は、
相手のことばかり責める。
嬉しい時には、
自分のことしか考えない。

 
大きな視野をもつこともなく、
小さい枠のなかで、
キュウ、キュウとして
生きている私。



現実的ですね。


だからこそ 合掌させてもわらずには
おれないのです。

合掌しながら、仏様の御手に
包まれていることを知るのです。







image


































昨夜は、京都市長はじめ関係者
さんと一献させていただきました。

京都市長さんが

「妙慶さん、日々修行ですな‼️」
とおっしゃるので、
「そうですね」とこえたると

その修行ではなく


酒行(しゅぎょう)でしょうに、、、。

とにたっと笑います


参りました   😄



今日もぼちぼちとおきばりやす。



私はしばらく京都を離れ書斎に
戻ります。 
    


ほうわいんかい
のお知らせ

法話 と丹波のワイン を楽しんで
下さい。




松富や壽

3月10日 金曜日
18:30  より


おばんざい  食べ放題
丹波のワイン  
女性醸造家  ゲストにお招きし
妙慶の法話です。

松富や寿  さん

松富や壽さんでは、最後の法話会です


京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町87

烏丸御池駅5出口から徒歩約6分
烏丸駅13(阪急)出口から徒歩約6分
河原町(京都府)駅11(阪急)出口から5分

🔵
お電話でお申し込み下さいませ
会費  5000円(おばんざい  ご飯  食べ放題)
                        ワイン  数種類   ビール   ソフトドリンク)

電話番号    075-255-7899


一緒にお話ししましょうね
お待ちしています。


メール  
                 ichie@mist.ocn.ne.jp 
     メールでのお申し込みは必ず「川村妙慶   法話会」と
     ご記入お願いいたします。
     受付メールが届かない場合はお電話下さい。






















。 


rococo8787 at 11:30|この記事のURL

2017年02月08日

褒められたい心理





image





















ようこそおたずね下さいました。


おおきに。


あなた様はお元気ですか?



昨日は朝から掃除にはげみ、
午後からは講座の

構成を考えていました。


その後は、鍼灸へ。


先生に今の症状をお話ししながら、内臓の
調整をしていただきました。


皆さん、体のどこかがしんどいなと感じる
ことはありますよね。
それは素直に体がメッセージを送っているの
そうです。


例えば、下痢をしたとします。
すぐに下痢止めを飲むことは危険
だそうです。
まず、今の体にむきあう
必要があるそうです。


もしかして、体の毒素を出そうとする下痢
かもしれないからだそうです。


その時は、思いっきり出してやる。
体が毒素を出したいという信号を
発しているそうです。


しばらく様子を見て、それでもお腹が重い
感じがしたら医者に行くことをお勧めします。



私もしばらく外食が続いたので、しっかり
野菜中心の料理を作りいただきました。


さて、昨日の日替わり法話で様々なご意見
が届きました。


ある方は、「親から一度も褒めてもらった
ことがない。

あんなのは親でもなんでもない。」という
辛い気持ちを投げかけて下さいました。




 
むなしけれ 百人千人
讃えても 
我がよしとおもう 
日のあらざれば」
                                   九条武子


 

たとえ、両親から、友達から、
世間から1000人の人に

讃えられても、
私の今の私の生き方、

あり方に、納得できないのなら、
それは空しい人生と言わざるを
得ないと
九条さんはおっしゃった
のです。




褒められることは嬉しいことです。
その一言で、テンションも上がります。


しかし、それは外からくる「良い刺激」
に酔っているに過ぎないのかもしれません。

褒められることで、自分に自信をつけたい
のでしょう。


問題は、この私がどこを向かって
生きようとしているのか?


人間は挨拶がてらに
褒めることのできる

人もいます。


しかし、褒めるという
発想のない人も

おられます。


人間は様々です。


褒め合わないと続かない関係も
虚しいです。


それよりも、褒めることはないが
いつも、同じ方向を向いて歩いている
という関係が持てたなら
本望ではないでしょうか。

私たちも
そんな関係を持ちたいですね。


今日もぼちぼちと
おきばりやす。


🔵本日は NHK文化センター京都
   心の講座です
13:30より


🔴2月18日(土曜)

FBS文化センター 北九州
で「心の講座」です
14:00より

お気軽にお越し下さいね



























。 



rococo8787 at 10:30|この記事のURL

2017年02月07日













image


























ようこそおたずね下さいました。

おおきに

あなた様はお元気ですか?


今朝の京都は雪です。
家の窓から見える、うっすら雪のかぶった
東山が綺麗です。


昨夜、京都新聞の記者さんたちと
一献させていただきました。


Mさんは、週末は住職として法務。
平日は記者として取材、原稿へとペンを
走らせます。


もう一人のKさんは、元野球少年。
永年の友人で、私と同じ氏名という
ことでも親しみがあります。



Mさんは、京都新聞に採用された直後に住職で
ある、父親を亡くされました。
辞めてお寺に戻ろうか悩んだ時に、母親から
「寺は私が守るから、仕事しなさい。」と
背中を押してくれたそうです。


それから、社会、事件、政治、文化を
経験しながら
世の中の流れを見てこられた方です。


さて、皆さんの親はご健在ですか?

早くに死なれたという方もおられるでしょう。


中には、親とは何年も会ってない
という方もおられるでしょう。


あなたはどんなときに、親の存在を感じ
ますか❓


 それは、、


家に居て当然だったはずの親が、この世から
いなくなった時、初めて親の存在を
感じるのではないでしょうか。


葬儀での席で周りの人から「あなたの父、母さんは
いつもあなたのことを嬉しそうによ」という言葉を
聞いて初めて、親が自分のことを大切に思って
くれていたことを知るのです。


例え、優しい言葉一つかけてくれない親であっても、
不器用ながら、子を想うのが親です。

自分中心に生きているかのように見えて
どこかで親らしくできてない自分に
卑下している親もいます。


それでも、親は子の事を考えています。




死なれてみて初めて出遇える親の想い。


親は選べません。

子も親を選べません。



誰も代わってくれない人生だからこそ
出遇いの尊さが身にしみるのです。


 意のままにならぬ人生です。

だからこそ、阿弥陀さんは私たちに
大きな願いをかけてくださり、
包み込んで下さいます。


世の中がどれほど合理化されても
紙文化は永遠に残ります。


一人の人間が感動したことを文字に託す。

その言葉に私たちが出会う。


新聞に何百人の人間が紹介されている。


貴重な1日がそれだけでも深い1日に
変わるのです。


Mさん、Kさんは
天眼
凡語
文化
 に関わりながら、
今日も言葉を発信しておられます。


さて、あなたにとって今日も
ぼちぼちと、おきばりやす。



🔵川村妙慶の心が笑顔になるラジオ

3月に公開録音します。

日程はラジオでお知らせ

しますね。


⭐️明日

講座のお知らせ

⭕️2月8日   水曜日
13:30より
NHK文化センター京都
「心が元気になる講座」

浄土和讃にたずねよう  です。

お気軽にお申し込みください。
電話     075ー254ー8701

講座後、所用のため  退席します。



町家で法話会

心が笑う座談会
⭕️3月25日  土曜日
 
18:00 より
会費   3500 円

申し込みは妙慶まで
sairenji@nifty.com





























。 


rococo8787 at 11:00|この記事のURL

2017年02月06日

寂しさを解消したい






image






















ようこそおたずね下さいました。

おおきに。

あなた様はお元気ですか?


今日から一週間のスタートですね。
風邪で体がだるいという方、
そろそろ花粉症が出てきたという方も
おられるでしょう。


くれぐれも、気をつけてくださいね。


さて、この日替わり法話をたずねてくださる
方から、多くの感想をいただきます。



OLのMさんは、「会社は人のつながりを大切に
してくれなく、日々寂しい気持ちで仕事を
していますが、妙慶さんの日替わり法話から
『このことで、私の味にならせていただいている
と思うと、今日も頑張れる』。」という内容の
メールをいただきました。



さらに、寂しさの解消法はありますか?の
質問もいただきました。😄


今日はこのことに触れますね。


誰だって寂しさは抱えています。


あの大統領も、
数万人の前でコンサートするあの人も、
あったかい家族の中で生きている人も
路上で寒さをしのぐ人も、、、
入院中のあの人も、
皆、寂しさを抱えています。



なぜ寂しさを解消したいと思うのでしょうか。



それは、自分の心のすき間に
温かい何かを埋めてもらいたいからです。



どこかに、その隙間を入れてくれる人、
言葉があると、探している状態なのです。

 

残念ですが、隙間を埋めたいと
思っている限り、 
寂しさがなくなることはありません。



なぜなら、目の前の出来事
人間、仕事は
あなたの期待には応えて
くれません。


なのに
私たちは、「なんで❓」と 
愚痴が出るのです。

 
私の所には、毎日メールをくださる
方がいますが、だだ、今の気持ちを
報告されます。
誰も聞いてくれない中、
私にメールすることで安心したいのでしょう。


私はただ読むことしかできません。
しかし、返事がない‼️と愚痴る時は、
自分の思った通りになれない
苛立ちなのです。
 

では、どうしたらいいのでしょうか?
 

私の場合は「真宗の教えに出会うこと」
です。

真宗聖典を開き、教えに出会う。

本を読むこともいいでしょう。




寂しさ紛らわすために、友達(異性も含む)
に連絡したり、お酒を飲んだり、
癒しの空間に行くことも
あるかもしれません。 
 

その時は、寂しさがまぎれても、
もし、相手がいなくなったら
時間と共に 寂しさという
反動が襲ってきます。


そのことを理解して生きていくことしか
できないのです。


寂しいと感じた時は


南無阿弥陀仏  と称えましょう。



すると、私も空と大地に包まれている
ことを知らされるのです。


今日も、ぼちぼちとおきばりやす。 




 2月19日  日曜日
   13:30  より
西蓮寺   定例法話会です。



JR 門司港駅より徒歩 15分
西鉄バス   田浦行き(海岸)
          東門司2丁目下車

093ー321ー3592

お車の方は 駐車場案内します。


勤行

法話

座談会(お菓子、お茶でもいただきながら 
             お話ししましょう)

住職    妙慶   門徒総代さんが
心よりお待ちしています。

(17日  午後よりお掃除です
ご協力お願いします😄)






























。 




























rococo8787 at 12:00|この記事のURL