2011年01月19日

明るい人

KTH_1601










昨年の12月に「お会いできませんか?」とメールがきました。
え?と見るとNHK 北九州放送局で最近まで活躍されていた、キャスターの牧陽子さんです。

昨年の出版パーティーに招待していた方で、一度、お会いしたいと思っていたのでびっくりしました。

彼女は昨年から、京都放送局で番組制作の方をされています。しかし大阪局の方へ移動になることを聞き、その前に「妙慶さんを取材したい」と思ってくださったというのです。

そしてお正月から長期にわたる取材をいただき、ある時には広島経済大学まで来てくださったり、なんと門司港の西蓮寺まで、また、新幹線の中で打ち合わせ、気がつくと夕食を共にしたり・・・・・
仕事なのか友だちなのか???
すっかり意気投合

不思議な魅力が彼女にはあります。

それはとにかく「明るい」のです。

それは過去の苦労や失敗があってのことなのでしょう。

群萌 ぐんもう

親鸞聖人はこの言葉を大切にされました。

見た目は枯れ草だけにみえるかもしれないが、その中にも新しい息吹が潜んでいる

枯れているのではない。人間の奥底に「命の光が眠っている」

彼女を明るくさせているのは、様々な人との出会いがありました。
いい人も、自分にとって厳しい人もいる。

その中で暗く沈むのではなく、その中で育ててもらったという事を大切にしているのだなと。

何だか彼女と通じるものがあるのです。

「陽子さんはお酒のむ人?」と聞くと
申し訳なさそうに「それが・・・・・・大好きなんです」

ここにもピカッと稲妻が走りました 笑

すべて一緒だ(^。^)と。

それから故郷の門司港へ帰り、兄や門徒総代の皆さんにも「また皆で陽子さんと食事したいですね」と話しをしていました。

その時、彼女からメール
「妙慶さんの義父さまから今日、撮影の疲れをねぎらって食事に誘ってくださいました。どうしましょう・・・・」と。

私がいない日に!(笑)

義父にとっても子どもをいたわるような感覚だったのでしょうね。

さて20日 PM6時
NHK京都放送局「京いちにち」の絆のコーナーで
紹介されます

この画像はいつもは報道カメラマンとして現場に走る谷さん。
助手の通称「先生」
牧さんとの4ショット
撮影は高木一浩さん(今回 テレビにも登場)

編集 ナレーションはなんと牧さんです

どんな内容になるか楽しみです。


本日の講座
NHK京都 文化センター
13時30分から
心を耕す講座

是非 おこしください









rococo8787 at 09:07