2017年12月06日

忘れる





IMG_0750


















































ようこそおたずねくださいました。
 

おおきに


あなた様はお元気ですか?


今朝から温かい日差しです。
皆さんのところはどうですか?


昨日は知人が京都にたずねて来られました。
妙慶さんに元気もらいたくてと言います。


彼女は私より10才上。
企業の経営者でもあり、過密なスケジュールの
中生きています。
しかし、昨年から売り上げが落ちてると言います。




その中、自分の見つめる時間が
欲しいと連絡くれました。



知人は日替わり法話で、法友が夏に
お浄土へ還ったことを知り
法友の話を聞かせて欲しいと言います。


正直言って法友のことを忘れてしまう
人はおられるでしょう。
この私も少しずつ記憶から遠ざかる
ことは確かです。


人間は忘れる生き物なのです



だから生きていけるのでしょう。


これは冷たいということではありません。


忘れる時がないと、次に進めないからです。



あなたにとり、悲しい別れがあったでしょう。

その人のことが忘れられず
その人の記憶と共にいきたいのも
わかります。

どれだけ嘆いても、再会できないのです。


どうしたらいいのか。


悲しみをもちながら
私を生きるしかないのです。


その人の事を
引き受けながら
私を生きるのです。






知人も両親を亡くし、兄妹とも絶縁。
その中で1人で生きています。


いつも売り上げのことを考えています。


私は、社員の皆さんがファミリーなんだよね。
大切な子供なんだよね
売り上げはその次だよ



と伝えさせていただきました。




日々、忘れることができるから
あの人を許せる


忘れることができるから
前に進めるのです。





今日もぼちぼちと
あなたなりに
おきばりやす

   

●お知らせ
西蓮寺  定例法話


12/10日   日曜
13:30分


お勤め
法話    川村妙慶
            とり
            川村寿法

座談会

美味しいお菓子  お土産に



このブログも是非

http://blog.livedoor.jp/kawamurajuhou/






























 

rococo8787 at 11:48