2018年01月07日

ビクビクしている人へ

IMG_0899













































ようこそおたずねくださいました。

おおきに

あなた様はお元気ですか?


元旦から一週間が経ちましたね。
少しずつお正月気分から抜けて
現実に戻っています。


さて、昨日は保育士の方に法話のご縁を
いただきました。


子供が好きで保育士になった。
しかし、様々な人間関係を
生きる中で、疲れ、子供にも
向き合えなくなる。


園長先生は、感謝する心を
お話ししてほしいとご依頼
いただきました。


皆さんにも経験はありますよね。



情熱を持ってやっていたはずなのに、
心が折れて気持ちがついていかない。


そうなると
「今の状況を変えたい」
「幸せが舞い込んで来たらいいな。」
と、
神社に行き、お祈りを
するのでしょう。



さて、真宗寺院には「お守り」を
置いてないことをご存知ですか?


何故でしょうか。


 それは、祈願を必要としないからです。


神社に行けば、
家内安全、商売繁盛、無病息災、
入試合格、交通安全などたくさん
ありますね。



これらの願い事の祈願が
お守りや、お札となるわけです。


しかし、神仏が全てを聞き入れる
のでしょうか?


合格祈願した学生が全員合格するのでしょうか。


交通安全のお守り札をつけた自動車は、
絶対に事故を起こしませんか❓

 

親鸞さんは、「自分の欲望から、
神仏を利用しよう
とするなんて情けない」
と嘆かれています。


幸せにしてほしい。


これが勝手気ままな欲望なのです。


大切なのは、
阿弥陀仏のはたらきのなかに
生かされていることを
喜べるのかということです。


私もお守りをいただくことは
あります。🙂
それは私のことを思って買って
くださった方の気持ちが
嬉しくいただきます。


しかし、お守りを必要とはしません。


お守りを求める理由は
あるがままの事実を受け止める
自信がないからでしょう。

 

親鸞さんは、
どうか、今のあなたの存在を
喜び、そのままの私を受け止めてほしい。」
とおっしゃっています。



自信を持ちましょう。🤗


今日もぼちぼちと
あなたなりに
おきばりやす


























rococo8787 at 10:43