2018年04月19日

これを引き受けて なければよかったのに




IMG_1345
































































ようこそおたずねくださいました。


おおきに。


あなた様はお元気ですか?


今朝は暖かい風が入ってきます。
皆さんのところはどうですか?


「この役目を引き受けていなければ
こんな嫌な思いをしなくて済んだのに」


そう嘆きたく あることはありませんか?


今、政界では役を持ったために
その役職(皆さんの見本になり
責任者になれる人)
が、ふさわしくないことを
すると、叩かれるとう事態に
なっています。



すると、「この役を引き受けたから
私は叩かれたのだ」となるのでしょうか。


そうではありません。


日頃の軽い感覚が、役職についても
そのまま引き継がれていると
いうことです。



今は、ネット、携帯電話の普及によって
人々の生活は大きく様変わりしました。



人間の英知、才覚さえあれば、
あらゆる情報も入手でき
発明できるという時代です。

悪知恵もはたらきます。



しかし、そのことでSNSで投稿された。
批判の対象になったという
困った事態になってしまう。





濁世の道俗、
善く自ら己が
能を思量せよ

今の時の道俗、
己が分を思量せよ



親鸞聖人


叩かれたとき
批判を浴びたとき


自分の傲慢さに目が 向けられるのか?


ただ反発で終わるのか?


試されるのです。


他人事ではない。
様々な出来事から
我が身を問いたい
ものですね。


西蓮寺では鈴蘭が咲きました。
「もっと人を大切に
謙虚に生きよう」とささやいて
くれるようです。




今日もぼちぼちと
あなたなりに
おきばりやす。

























 


rococo8787 at 09:18