2018年12月31日

2018 年 最後の 一日

818E01B9-B68D-4E4F-8C29-31A1B95A351A













































.





ようこそおたずねくださいました。


おおきに


あなた様はお元気ですか❓



いよいよ今日で2018年最後
ですね。


あなたにとってどのような
一年でしたか?


昨日は、お勤めを終えて
家事に専念。
最後のお野菜、お魚
など、買い物も終えました。



夜は、仲間と年末ストレス
解消ツアーへ。(ニケ所)


まずは、UFOキャッチャー。
6243082E-8F39-47DF-B273-CDE0EA2A6F23

























.


なんと「しろたん」を、、ゲット❣️
お友達が取ってくれました。


帰宅して家人に「名前を
つけて‼︎」とお願いすると
「マリア」とつけてくれました。


😅





さて、大晦日のことを
大晦〔おおつごもり〕とも呼びます。
樋口一葉さんの小説でも有名ですね。



晦〔つごもり〕とは、
"月が隠れる日"すなわち
月隠〔つきごもり〕
が訛ったもので、
どちらも毎月の末日を
指します。




「1年の最後の特別な末日」を
表すため、
末日を表す2つの言葉の
それぞれ「大」を付けて
「大晦日」「大晦」と言わ
れるように
なったのだとか。



 
昔の方は大晦日の夜に、
ご本堂にお立ちになる
阿弥陀如来さまを前で、
自分の一年を振り返りました。




そして除夜の鐘。

 

 
除夜の鐘は、
一年の間に積もり積もった
悪業煩悩を一つずつ打ち消す
ために撞くものだという
言い習わしがあります。


冷気張りつめる境内の中で、
我が身を振り返るのです。



自分の思い通りにいかなけれ
ば怒り、人を怨むことしか
できないのが人間です。



怒りに目を向けるのでは無く、
どれだけの人にお世話に
なってきたのかを見直す
ことが大切なのです。



月は隠れても
月があることは事実です。


あなたが自分を否定しても、

あの人を否定しても、


存在していたことは
事実なのです。




本堂で、お参りをしながら
阿弥陀さまの喚び声を
聞かせていただく。



思いを伝えるのでは無く、
耳を傾けて聞いていく。


そんな日々を送りたいですね。



こうして今年も訪ねて
いただき、本当にありがとう
ございました。



2019年もあなたにとって
実りある年となりますように
念じています。




                  2018年12月31日
                                川村 妙慶  拝 



🙏  本日  除夜の鐘です📿


西蓮寺にて
(北九州市門司区東門司
2丁目7ー21)


除夜の鐘をつきます。



まず本堂でお参り


その後
除夜の鐘


本堂で法話(住職)
あったかいお茶
お菓子  どうぞ 🍵














。 



rococo8787 at 10:43